Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

NetVault Backupサービスの開始または停止

NetVault Backupサービスは、サーバーおよびクライアント・マシンで自動的に開始されるように設定されています。CLIからこのサービスを手動で停止または起動するには、以下のコマンドを使用します。

 

コマンドライン・ユーティリティの使用

クライアント固有ユーティリティ

nvclient

NetVault Backupサーバーに1つ以上のNetVault Backupクライアントを追加して、指定したクライアント・グループに割り当てます。このユーティリティを使用してWorkstation Clientを追加することもできます。

表3. nvclient

-add

1つ以上のクライアントをNetVault Backupサーバーに追加します。

-list

サーバーに追加されたクライアント(Workstation Clientを含む)を一覧表示します。

-password

クライアントのNetVault Backupパスワードを指定します。クライアントでセキュリティが有効になっている場合、このオプションは必須です。

-file

一括処理用の入力ファイルの名前を指定します。このファイルには、クライアント名、パスワード、グループ名を指定できます。1行に1つのクライアントを指定します。

例:MyClientList

Client-A -password mypwd2 -group Group1

Client-B

Client-C -password mypwd2

-workstation

サーバーに追加するWorkstation ClientのNetVault Backup名を指定します。

-client

サーバーに追加するクライアントのNetVault Backup名を指定します。

-group

クライアントを追加するクライアント・グループの名前を指定します。クライアントを追加する前に、クライアント・グループが作成されていることを確認します。

-log

ログ・ファイルの名前を指定します。

-failure

失敗したクライアント・リストの名前を指定します。

-quiet

画面への出力メッセージの表示を抑制します。

-verbose

画面にステータス・メッセージおよびエラー・メッセージを表示します。

-abort

ライセンスによって一部のクライアントの追加が許可されていない場合にコマンドを中止します。

-args

プログラムのパラメータを出力します。何も実行せずに終了します。

-timeout

クライアントが「追加」要求を承認するまでのNetVault Backup側の待ち時間を指定します。タイムアウト値は秒単位で指定します。このオプションのデフォルト値は30秒間に設定されています。指定した時間内にクライアントを追加できない場合は、
エラー・メッセージが表示されます。

使用できないクライアントを特定するには、nvclientlist -find <ipaddress>コマンドを使用します。詳細は、「nvclientlist」を参照してください。
Related Documents