Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

プレーン・テキストのテンプレート・ファイル

次の表では、プレーン・テキストのテンプレート・ファイルの「ナイス・ネーム」とファイル名を示します。

Advanced Options

Advanced Options - cli default template

advancedoptionsclidefault

Audits

Audits - cli default template

auditclidefault

Backup Targets

Backup Targets - cli default template

backuptargetsclidefault

Client Groups

Client Groups - cli default template

groupsclidefault

Clients

Client Machines - cli default template

clientsclidefault

Defined Jobs

Defined Jobs - cli default template

jobdefinitionsclidefault

Drive Events

Drive Events - cli default template

driveeventsclidefault

Drive Performance Statistics

Drive Performance Statistics - cli default template

driveperformanceclidefault

Drives

Drives - cli default template

drivesclidefault

Entry/Exit Ports

Entry/Exit Ports - cli default template

entryexitportsclidefault

Job History

Executed Job History - cli default template

jobhistoryclidefault

Libraries

Libraries - cli default template

librariesclidefault

Library Drives

Library Drives - cli default template

librarydrivesclidefault

Library Slots

Library Slots - cli default template

libraryslotsclidefault

License Capabilities

This Server's License Capabilities - cli default template

licensecapsclidefault

Media

Media - cli default template

mediaclidefault

Media Capacities

Media Capacities - cli default template

mediacapacitiesclidefault

Media Job Contents

Media Contents Query - Textual

mediajobcontentsclidefault

Media Requests

Media Requests - cli default template

mediarequestsclidefault

Media Segment Contents

Media Segment Contents Query - Textual

mediasegmentcontentsclidefault

Media Transfer Requests

Media Transfer Requests - cli default template

mediatransfersclidefault

NetVault Event Types

NVBU Event Types - cli default template

eventtypesclidefault

NetVault Events

NVBU Events - cli default template

eventsclidefault

NetVault Logs

NVBU Logs - cli default template

logsclidefault

Notifications

User's Selected Notifications - cli default template

notificationsclidefault

Operator Messages

Operator Messages - cli default template

operatormessagesclidefault

Policies

Policies - cli default template

policiesclidefault

Policy Clients

Policy Clients - cli default template

policyclientsclidefault

Policy Jobs

Policy Jobs - cli default template

policyjobsclidefault

Privileges

Granted Privileges - cli default template

privilegesclidefault

Report Templates

Report Templates Installed on System

reporttemplatesclidefault

Schedule Sets

Schedule Sets - cli default template

schedulesclidefault

Segments

Segments - cli default template

segmentsclidefault

Selection Option Sets

Selection Option Sets - cli default template

seloptionsclidefault

Selection Sets

Selection Sets - cli default template

selectionsclidefault

Users

Users - cli default template

usersclidefault

レポートの書式設定

nvreportユーティリティには、レポートのレイアウトおよびコンテンツの書式設定を行う複数のオプションがあります。以降のセクションでは、これらのオプションの使用方法の概要を説明します。

CLIからレポートを実行して表示すると、出力に複数の列があります。「フィールド名」と呼ばれる列ヘッダは、レポートの実行に使用されるテンプレート・ファイルで設定されている列の「実際の名前」と同じでない場合があります。このセクションで説明されている書式設定オプションでは、実際の名前を使用する必要があります。

以下のいずれかの方法を使用すると、実際の名前を見つけることができます。

以下のコマンドを入力し、定義済みレポートのクラスの有効なフィールド名のリストを取得します。

この出力には、実際の名前、フィールド名、データ型、および説明の4つの列があります。

このコマンドでは、指定した定義済みレポートで使用できるすべてのフィールドが表示されます。レポートを実行したときに表示されないフィールドも含まれます。formatオプションを使用して、これらの追加フィールドを含めることができます。詳細は、「列の追加または削除」を参照してください。

以下の手順を使用して、テンプレート・ファイルのデフォルト・フィールドを特定します。

2
nvreport -help fields [Class Name]コマンドを実行します。

テンプレート・ファイルをテキスト・エディタで開きます。このファイルでは、%FORMAT行にフィールドの実際の名前が記載されています。テンプレート・ファイルは、Windowsでは<NetVault Backup home>\reports
\templates、Linuxでは、<NetVault Backup home>/reports/templatesにあります。

テンプレート・ファイルの%FORMAT行には、レポートの実行時に表示されるフィールドの実際の名前のみが含まれます。

テンプレート・ファイルのサンプル:

formatオプションの使用

ターミナル・ウィンドウでレポートが実行される場合、デフォルトでは、レポートは定義済みレイアウトで表示されます。-formatオプションを使用すると、列に表示されている文字数の指定、改行の挿入、列の追加または削除を実行できます。以降のセクションでは、フォーマット・オプションについて説明します。

-formatオプションを使用する場合は、フィールドの実際の名前を使用する必要があります。各名前の先頭には「%」記号を付ける必要があります。実際の名前に「%」記号が含まれている場合は、その名前を指定するときにエスケープ・シーケンス「%%」を使用します。また、すべての必須フィールドを構文に指定する必要があります。いずれかフィールドを構文に指定しない場合、そのフィールドは出力で表示されません。

列の最大文字数を指定するには、2つのコロンとその数を実際の名前に追加します。

例:

レポート出力の各エントリ間に改行を含めるには、-formatオプションで指定したフィールドのリストの末尾に「%\n」を追加します。

例:

一部のテンプレート・ファイルには、-formatオプションを使用して出力に含めることのできる追加フィールドがあります。列を追加するには、nvreport -help field <class name>コマンドを使用してテンプレート・ファイルで使用できるフィールドの完全なリストを取得します。各フィールドの説明列で提供されている情報を確認し、適用可能なフィールドを含めてください。必ず、フィールドの実際の名前を使用します。

以下の例では、「ドライブ」定義済みレポートを使用しています。このレポートには、デフォルト・フィールドがすべて含まれており、さらに、ドライブの書き込みエラー数が表示されます。

例:

sortオプションの使用

-sortオプションを使用して選択したフィールドのエントリをソートできます。ソート式は、以下の形式で指定します。

[field name]:レポートをソートするフィールド。
[+/-]:出力を指定フィールドの昇順でソートする場合は「+」を、降順で出力をソートする場合は「-」を使用します。

レポートは、クラスが提供するどのフィールドでもソートできます。出力には表示されないフィールドの実際の名前も出力のソートに使用できます。

-sortオプションを使用する場合は、フィールドの実際の名前を使用する必要があります。各名前の先頭には「%」記号を付ける必要があります。実際の名前に「%」記号が含まれている場合は、その名前を指定するときにエスケープ・シーケンス「%%」を使用します。

例:

「-sort」オプションでは、複数のフィールドを指定できます。出力されたレポートでは、構文のフィールド名の順に基づいてソートの優先順位が決定されます。複数のソート・フィールドを使用する場合は、すべてのフィールドを引用符(“ ”)で囲みます。

例:

Related Documents