Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

リストア詳細設定セット

-netcompress <value>

NetVault BackupクライアントとNetVault Backupサーバー間で転送されるデータのネットワーク圧縮を有効にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-prescript
<script name>

ジョブを開始する前に実行するスクリプトの名前を指定します。このファイルはNetVault Backupのscriptsディレクトリに格納しておく必要があります。

-prescriptarg <arg>

スクリプトの実行時パラメータを指定します。

-postscript
<script name>

ジョブが完了する前に実行するスクリプトの名前を指定します。このファイルはNetVault Backupのscriptsディレクトリに格納しておく必要があります。

-postscriptarg <arg>

スクリプトの実行時パラメータを指定します。

-eventsuccess <arg>

ジョブが正常に完了したときに発生させるイベント。

-eventwarning <arg>

ジョブが警告付きで終了したときに発生させるイベント。

-eventfailure <arg>

ジョブが失敗したときに発生させるイベント。

nvsetdelete

セットを削除します。

-setname

削除するセットの名前を指定します。

-type

セット・タイプを指定します。以下のいずれかを指定できます。

BS:バックアップ・セレクション・セット
BO:バックアップ・オプション・セット
S:スケジュール・セット
BT:バックアップ・ターゲット・セット
AB:バックアップ詳細設定セット
RS:リストア・セレクション・セット
AR:リストア詳細設定セット

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

nvsetexport

セットを出力ファイルにエクスポートします。

-setname

エクスポートするセットの名前を指定します。

-type

セット・タイプを指定します。以下のいずれかを指定できます。

BS:バックアップ・セレクション・セット
BO:バックアップ・オプション・セット
S:スケジュール・セット
BT:バックアップ・ターゲット・セット
AB:バックアップ詳細設定セット
RS:リストア・セレクション・セット
AR:リストア詳細設定セット

-file

出力ファイルの名前を指定します。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

nvsetimport

指定したセットを入力ファイルからNetVault Backupサーバーにインポートします。

-file

入力ファイルの名前を指定します。

-setname
[=<newname>]

入力ファイルからインポートするセットの名前を指定します。複数のセットをインポートする場合は、-setnameオプションを使用して各セット名を個別に指定します。NetVault Backupへのインポート時に、各セットの名前を変更できます。

このオプションを省略すると、入力ファイルに記述されているすべてのセットがオリジナルのセット名のままインポートされます。

同名のセットが存在する場合は、上書きされます。

-assign

変更の説明で使用する代入演算子を指定します。デフォルトの代入演算子は「=」文字です。値に「=」文字が含まれる場合、このオプションを指定する必要があります。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

Related Documents