Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

バックアップ・オプション・セット

-client
<クライアント>

バックアップするNetVault Backupクライアントの名前を指定します。

-plugin
<プラグイン名>

バックアップに使用するプラグインの名前を指定します。NetVault WebUIに表示されるプラグイン名を指定する必要があります。

例:-plugin “File System”

-backupoption <option=value>

ジョブのバックアップ・オプションを指定します。

このオプションを使用するには、設定するオプションの「タグID」が必要です。タグIDには、CLIが認識するバックアップ・オプション名か、NetVault Backupによってオプションに割り当てられている数値のいずれかを指定できます。これらの値はどちらも、nvsetmodify.cfgファイルの[プラグイン・オプション]セクションでグループ分けされています。

このオプションの指定時の形式は、以下のとおりです。

-backupoption <Tag ID>=<Value>

複数バックアップ・オプションを指定する方法:

-backupoption <Tag ID>=<Value> -backupoption <Tag ID>=<Value> ...

例:

-backupoption NTFSOPT_SHADOW_COPY=true -backupoption NTFSOPT_TYPEFULL=true -backupoption NTFSOPT_RESTARTABLE=true

-backupoptionspath
<パス>

バックアップ・オプション・パスを指定します。

このオプションは、プラグイン内のセレクション・パスに応じて、プラグインで異なるバックアップ・オプション・ページを指定できる場合にのみ適用されます。このオプションは、セレクション・パスから特定のバックアップ・オプション・ページを指定する場合に使用できます。

Plug-in for FileSystemを使用して増分バックアップを実行するバックアップ・オプション・セットを作成します。
Plug-in for FileSystemを使用してフル・バックアップを実行するバックアップ・オプション・セットを作成します。バックアップは再開可能として設定する必要があります。

スケジュール・セット

-schedule <値>

スケジュール・タイプを指定します。サポートされている値は次のとおりです。

-time <hh:mm>

ジョブの開始時刻を指定します。

-date <DD-MMM-YYYY>

スケジュールが有効になる日付を指定します。

-weekdays <ddd[,ddd[,…]]>

ジョブを実行する曜日を指定します。

例:-weekdays Mon, Tue, Wed, Thu, Fri

-weeks <n[,n[,…]]>

ジョブを実行する月の週を指定します。月の最後の週を指定するには、「L」を使用します。

例:–weeks 1, 3 L

-monthdays <n[,n[,…]]>

ジョブを実行する月の日を指定します。月の最後の日を指定するには、「L」を使用します。

例:–monthdays 7, 14, 21, L

-every < n-期間>

ジョブを実行する間隔を指定します。時間数、日数、週数、または月数で指定します。数値と期間を区切るには、ハイフン(-)を使用します。

例:-every 12-month

-trigger <トリガ>

トリガ設定されたジョブを実行するトリガの名前を指定します。

-priority <数値>

ジョブの優先度レベルを指定します。このオプションは、2つ以上のジョブを同時に実行するようスケジュールするとき、リソース割り当ての優先度付けに使用します。優先度レベルは、1(最高優先度)~100(最低優先度)の任意の値に設定できます。優先度レベル0を指定すると、ジョブをバックグラウンド・タスクとして実行するように設定されます。このオプションのデフォルト値は30です。

-retry <ブール値>

ジョブの最初の実行に失敗した後のジョブの再試行を有効または無効にします。ジョブの再試行を有効にするには、「TRUE」に設定します。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-retries <数値>

ジョブの最大再試行回数を指定します。1~10の任意の値に設定できます。このオプションは、-retryが「TRUE」に設定されている場合のみ有効です。このオプションのデフォルト値は1です。

-retrydelay <hh:mm>

再試行の間の遅延時間を指定します。0:00~23:59の任意の値に設定できます。このオプションは、-retryが「TRUE」に設定されている場合のみ有効です。デフォルトでは、-retryが「TRUE」に設定されており、このオプションが設定されていなければ、ジョブは即座に実行されるようスケジュールされます。

バックアップ・ターゲット・セット

-device <device>

ターゲット・デバイスまたはライブラリの名前を指定します。このオプションは、コマンド内で2回以上使用できます。このオプションのデフォルト値は「Any Device」です。

-librarydrivenumber <n>

ターゲット・ドライブを指定します。このオプションの前に-deviceオプションを指定する必要があります。-librarydrivenumberオプションを使用して、別々に使用できる各ドライブを指定します。

-anymedia

メディア・グループの関連付けに関係なく、任意のメディアを使用します。このオプションを指定しない場合は、グループに属するメディア・アイテムのみが使用されます。

-mid <MID>

指定したメディアIDを持つメディアを使用します。

-group <media group>

指定したメディア・グループに関連付けられたメディアを使用します。

-autolabel <value>

ブランクのメディアにラベルを付けます。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「TRUE」に設定されています。

-reusemedia <value>

メディアの再利用について指定します。このオプションに使用できる値は、次のいずれかです。

never:メディアを再利用しません
any:任意のメディアを再利用します
group:グループに属する任意のメディア・アイテムを再利用します

-minimumspace <value>

バックアップに使用するために、メディア・アイテムで必要な最小限の空き領域を指定します。MB単位で指定します。

-protectmedia <value>

メディアを書き込み禁止にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-firstonmedia <value>

メディア上の最初のバックアップかどうかを管理します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-localdrivesonly <value>

ローカルに接続されたデバイスのみ許可します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-mediarequesttime
out <value>

メディア要求タイムアウトの設定を可能にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-mediarequesttime
outvalue <hh:mm>

メディア要求のタイムアウト間隔を指定します。0:05~23:59の任意の値に設定できます。このオプションは、-mediarequesttimeoutが「TRUE」に設定されている場合のみ有効です。

設定可能な最小タイムアウト間隔は5分です。00:05分未満の値を指定すると、エラーが表示されます。指定した値は、5分間隔で最も近い値に自動的に切り上げられます。たとえば、7分は10分に、22分は25分に、自動的に変更されます。

バックアップ詳細設定セット

-backuptype <value>

バックアップ・タイプ(バックアップまたはアーカイブ)を指定します。

-discardtime <interval>

バックアップを保持する期間を指定します。指定期間が経過すると、バックアップは自動的に破棄されます。この期間は、日数、週数、または年数で指定できます。

例:-discardtime 26-weeks

-backuplife <value>

ジョブ用に保持するフル・バックアップの数を指定します。古いバックアップは自動的に破棄されます。

-encryption <value>

バックアップの暗号化を有効にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-verify <value>

バックアップの検証を実行します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-deduplicate <value>

バックアップ・データの重複を排除します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-netcompress <value>

NetVault BackupクライアントとNetVault Backupサーバー間で転送されるデータのネットワーク圧縮を有効にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-secondarycopy <value>

セカンダリ・コピーを作成します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-duplicate <value>

複製方式を使用してセカンダリ・コピーを作成します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-datacopy <value>

データ・コピー方式を使用してセカンダリ・コピーを作成します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-encryptsecondary
copy <value>

セカンダリ・コピーを暗号化します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-migrate <value>

セカンダリ・コピーが作成された後、元のバックアップを削除します。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。

-usereplication <value>

データ・コピー操作または複製操作の際に、同一タイプのデバイス間で、複製したデータの転送を有効にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「TRUE」に設定されています。

レプリケーションによりセカンダリ・コピーを効率的に作成することができます。また、以下の利点があります。

以下のストレージ・デバイスが、最適レプリケーションをサポートしています。

Quest NetVault SmartDiskデバイス:レプリケーションの最適化を実行するには、NetVault SmartDisk 2.0以降が必要です。

 

Dell DR Seriesシステム:最適化されたレプリケーションを実行するには、ソースとターゲットの両方のDell DR Seriesシステムで、同じリリース・バージョンのDR OSが稼働している必要があります。異なるリリースのOSが稼働しているシステム間でのレプリケーションはサポートされていません。
DD Boost対応Data Domainシステム:2つのDD Boost対応Data Domainシステム間でのセカンダリ・コピー・バックアップで、DD Boostが提供する管理ファイル・レベルの複製機能を使用します。

-duplicateclient <value>

セカンダリ・コピー・ジョブを実行するNetVault Backupクライアントの名前を指定します。Server、Original、または任意のNetVault Backupクライアントを指定できます。

-duplicatescheduleset <set name>

セカンダリ・コピーのスケジュール・セットの名前を指定します。

-duplicatetargetset <set name>

セカンダリ・コピーのターゲット・セットの名前を指定します。

-duplicatesource <set name>

セカンダリ・コピーのソース・セットの名前を指定します。

-allowstreamstoshare
media <value>

ストリームによるメディアの共有を可能にします。使用できる値は、「TRUE」または「FALSE」です。このオプションのデフォルト値は「FALSE」に設定されています。このオプションは、-secondarycopyが「TRUE」に設定されている場合のみ有効です。

-duplicatelife <interval>

セカンダリ・コピーの保存期間を指定します。このオプションを省略すると、
-discardtimeオプションで指定した)オリジナルの保存期間が使用されます。

-offlineindexafter <interval>

オンライン・インデックスの保存期間を指定します。指定期間が経過すると、バックアップ・インデックスは自動的にNetVaultデータベースから削除されます。この期間は、日数、週数、または年数で指定できます。

例:

-offlineindexafter 2-days

-offlineindexafter 24-weeks

-prescript
<script name>

ジョブを開始する前に実行するスクリプトの名前を指定します。このファイルはNetVault Backupのscriptsディレクトリに格納しておく必要があります。

-prescriptarg <arg>

スクリプトの実行時パラメータを指定します。

-postscript
<script name>

ジョブが完了する前に実行するスクリプトの名前を指定します。このファイルはNetVault Backupのscriptsディレクトリに格納しておく必要があります。

-postscriptarg <arg>

スクリプトの実行時パラメータを指定します。

-eventsuccess <arg>

ジョブが正常に完了したときに発生させるイベント。

-eventwarning <arg>

ジョブが警告付きで終了したときに発生させるイベント。

-eventfailure <arg>

ジョブが失敗したときに発生させるイベント。

Related Documents