Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvupdateserialnumber

指定したライブラリ内のドライブのシリアル番号を元の番号に更新します。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-bayname

ターゲット・ドライブが配置されているドライブ・ベイの名前を指定します。

-checkonly

メディアのシリアル番号を確認します。

ジョブ固有ユーティリティ

重要: このセクションで説明する複数のユーティリティは、nvsetmodify.cfgという名前のファイルを参照します。この設定ファイルには、バックアップ・ジョブの定義に使用するオプションとCLIでオプションの特定に使用できる、関連付けられているコード番号のリストが含まれます。nvsetmodify.cfg は、Windowsでは<NetVault Backup home>\config、Linuxでは、<NetVault Backup Home>/configにあります。このファイルを使用する場合は、コンテンツを一切変更しないでください。このファイルをプリントアウトし、参照目的で使用することはできます。これは、経験豊富なユーザー向けの機能です。この設定ファイルで指定されている値の使用を試みる場合は、テクニカル・サポートの指導の下で行う必要があります。

nvexpiresaveset

以下の機能を実行します。

特定のセーブセットとその複製を削除するには、以下のオプションを使用します。

-savesetid

削除するセーブセットのIDを指定します。このコマンド形式では、単一のセーブセットIDのみをサポートします。

指定したセーブセットは即座に削除されます。また、セーブセットに存在する依存関係にある増分および差分バックアップも、リタイア日に達していない場合であっても即座に削除されます。

-duplicates

指定したセーブセットの複製を削除します。

以下のオプションを使用して、削除対象として複数のセーブセットとその複製をマークします。

-markforexpiry

削除対象として入力ファイル(infile)で指定されたセーブセットをマークします。

依存関係にある増分または差分バックアップがセーブセットに存在しない場合、このセーブセットは、メディア・マネージャで次回「リタイア・チェック」が実行されると削除されます。デフォルトでは、これらのチェックは、60分間隔で実行されます。チェックの間隔を変更するには、mediamgr.cfgファイルのRetirement Check Granularity in Mins設定で設定します。この設定についての詳細は、『Quest NetVault Backupアドミニストレーターズ・ガイド』を参照してください。

依存関係にある増分バックアップまたは差分バックアップがバックアップに存在する場合、セーブセットは、依存関係にあるすべてのバックアップがリタイア日に達した後で削除されます。

-duplicates

指定したセーブセットの複製を削除対象としてマークします。

-success

出力ファイルに正常なセーブセットのID番号を含めます。このオプションを指定しない場合、このユーティリティでは、失敗したセーブセットのID番号を出力ファイルに含めます。

-infile

入力ファイルの名前を指定します。

入力ファイルには、削除対象としてマークするセーブセットのID番号が含まれます。このファイルは、任意のテキスト・エディタを使用して作成できます。1行に1つのセーブセットIDを指定します。入力ファイルがユーティリティの実行元のディレクトリにない場合は、このファイルの完全パスを指定します。

-outfile

出力ファイルの名前を指定します。

デフォルトでは、このファイルは、ユーティリティの実行元のディレクトリに作成されます。このファイルを他の場所に保存する場合は、完全なパスを指定します。

以下のオプションを使用して、NetVault Backupディストリビューションのバージョンを表示します。

nvjobabort

アクティブなジョブを中止します。

表51. nvjobabort

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-jobid

中止するジョブのIDを指定します。

-instanceid

中止するインスタンスのIDを指定します。このオプションのデフォルト値は1です。

Related Documents