Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvremovemedia

メディアに関するすべての情報をNetValutから削除します。

-label

ターゲットのメディア・アイテムのメディア・ラベルを指定します。

-displaymedialist

メディア・ラベルのあるメディア・アイテムのリストを表示します。

-version

マシンにインストールされているNetVault Backupディストリビューションのビルド日付を表示します。

nvreusemedia

メディアを再利用可能にします。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-barcode

ターゲット・メディア・アイテムのバーコードを指定します。

-medialabel

ターゲット・メディア・アイテムのラベルを指定します。

このオプションは、メディア・ラベルで検索する場合のみ使用します。メディア・ラベルにスペースが含まれている場合は、二重引用符("")で囲みます。

例:“Full DB Backups”

-slotspec

ターゲット・メディア・アイテムが存在するライブラリの名前とスロット番号を指定します。この2つの値は、二重コロン区切り文字(::)を使用して区切る必要があります。このオプションは、ライブラリ・スロットで検索する場合のみ使用します。

nvscanmedia

メディア・アイテムをスキャンします。

このユーティリティを使用すると、テープに保存されているすべてのバックアップを照会して、特定のNetVault Backupサーバーのデータベースでインデックス付けされていないバックアップをインポートできます。[スキャン]を使用して、「Foreign」テープをNetVaultデータベースにインポートすることもできます。

バックアップをデータベースにインポートするには、NetVault BackupサーバーのNetVault Backupマシン名を、バックアップを実行した元のサーバーと同じにする必要があります。テープのスキャンに要する時間は、インポートするバックアップ数およびバックアップ・インデックスのサイズによって異なります。スキャン・プロセスでは、テープのデータは読み取られず、バックアップの先頭と末尾の間がスキップされて、バックアップ・セーブセットごとにインデックスが読み取られます。

NetVault Backupがそのアイテムに関する情報をNetVaultデータベースで検索できないと、テープには「Foreign」というマークが付きます。これは、テープがライブラリ間で交換されたとき、NetVault Backupサーバーから削除されたとき、または異なるNetVault Backupサーバーが管理しているデバイスにロードされたときに発生します。NetVault Backupは、テープがスキャンされ、NetVaultデータベースにメディア情報がインポートされるまでは、Foreignテープに保管されているデータを処理することはできません。スキャン・プロセスにより、テープからヘッダー情報が取得され、その情報がNetVaultデータベースに追加されます。

このユーティリティを使用して、Quest NetVault SmartDisk、Quest DRシリーズ・システム、Data Domainシステムなどのディスク・ベースのストレージ・システムをスキャンすることはできません。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-scanall

メディア・アイテムのすべてのラベルとドライブをスキャンします。このオプションでは、テープ・ライブラリ/VTLのマシン名は必須です。たとえば、次のようになります。

nvscanmedia.exe -servername HIPUNP57176 -scanall "HIPUNP57176: C:\vtl".

-barcode

ターゲット・メディア・アイテムのバーコードを指定します。

-medialabel

ターゲット・メディア・アイテムのラベルを指定します。

このオプションは、メディア・ラベルで検索する場合のみ使用します。メディア・ラベルにスペースが含まれている場合は、二重引用符("")で囲みます。

例:“Full DB Backups”

-slotspec

ターゲット・メディア・アイテムが存在するライブラリの名前とスロット番号を指定します。この2つの値は、二重コロン区切り文字(::)を使用して区切る必要があります。このオプションは、ライブラリ・スロットで検索する場合のみ使用します。

-rasdevice

スキャンするディスク・ベースのデバイスの名前を指定します。

-force

NetVault Backupに強制的に不明なメディア・アイテムのスキャン操作を実行させます。このオプションはディスク・ベース・ストレージ・デバイスでは使用できません。

-minlifedays

NetVaultデータベースにインポートされたバックアップ・データの保存期間を指定します。このオプションは、NetVaultデータベース内で使用可能でないバックアップのみに適用されます。

保存期間は日数で指定します。

このオプションに設定された値に応じて、インポートされたバックアップのリタイア時間が次のように変更されます。

-wait

タスクが完了するまで待機します。

nvsyncronizesilomedia

指定したACSLSライブラリに既知のすべてのメディアを割り当てます。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

Related Documents