Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvresetdrivestats

ドライブの統計情報をリセットします。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-drivename

ターゲット・ドライブの名前を指定します。

-drivenumber

ターゲット・ドライブのドライブ番号を指定します。

-action

実行するアクションを指定します。次のいずれかを指定できます。

drive:ドライブの統計情報のみリセットします。
clean:ドライブのクリーニング統計情報のみリセットします。
all:指定したドライブのすべての統計情報をリセットします。
ターゲット・ドライブを指定する場合は、-drivenameまたは-drivenumberオプションを-librarynameオプションと組み合わせて使用する必要があります。

nvscandrives

ローカルまたはリモートのNetVault Backupサーバー/クライアントで使用可能なドライブを表示します。共有デバイスとして追加されているドライブは出力に含まれません。

このコマンドの出力には、WebUIに表示されるとおりのドライブのパスが含まれます。この出力は、nvlibrarymodifyユーティリティを使用して既存のライブラリ構成にドライブを追加するときに使用できます。このユーティリティの詳細については、「nvlibrarymodify」を参照してください。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-clientname

このオプションは、NetVault Backupクライアントに接続されているドライブを表示するときに使用します。クライアント名を指定しないと、サーバー上の使用可能なドライブが表示されます。

-filername

このオプションは、NDMPファイラーに接続されているドライブを表示するときに使用します。

nvsetcleaninglives

指定したライブラリ内のクリーニング用テープの使用残回数を設定します。

nvsetcleaninglivesコマンドを実行する前に、使用するスロットがクリーニング・スロットとして設定されていること、およびクリーニング用テープがスロットに設置されていることを確認します。クリーニング・スロットの設定についての詳細は、『Quest NetVault Backupアドミニストレーターズ・ガイド』を参照してください。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-slotnumber

ライブラリ内のクリーニング用スロット番号を指定します。

-lives

クリーニング用テープの使用残回数を設定します。

nvsetdrivecleaning

指定したライブラリのクリーニング・サイクルを設定します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

-librarydrivenumber

クリーニング・サイクルを設定する必要があるドライブのドライブ番号を指定します。

-days

1回のクリーニング・サイクル間のドライブの最大使用可能日数を指定します。

-dataxfersize

1回のクリーニング・サイクル間に転送可能な最大データ量を指定します。

-hours

1回のクリーニング・サイクル間のドライブの最大使用可能時間を指定します。

-rwerrors

1回のクリーニング・サイクル間に発生することが許される読み取り/書き込みエラーの最大数を指定します。

-displayonly

指定したドライブの現在の設定を表示します。

-selectionstateオプションを指定しないと、-displayonlyオプションを指定しても、
設定の現在の使用状況は表示されません。

例:

nvsetdrivecleaning -libraryname “LIB1” -librarydrivenumber 2 ‑displayonly

出力:

Days = 22

Data Transferred (Gb) = 22

Hours of Use = 40

Soft Read/Write Errors (x100) = 1

-selectionstate

オプションの選択状態(つまり、オプションがWebUIで選択されているかどうかに応じて、TRUEまたはFALSE)を表示します。このオプションは、-displayonlyオプションとともに使用する必要があります。

例:

nvsetdrivecleaning -libraryname “LIB1” -librarydrivenumber 2 ‑displayonly -selectionstate

出力:

TRUE Days = 22

FALSE Data Transferred (Gb) = 22

TRUE Hours of Use = 40

FALSE Soft Read/Write Errors (x100) = 1

Related Documents