Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - リファレンス・ガイド

前書き はじめに コマンドライン・ユーティリティの使用
クライアント固有ユーティリティ デバイス固有ユーティリティ メディア固有ユーティリティ ジョブ固有ユーティリティ ログ固有ユーティリティ その他のユーティリティ
nvreportユーティリティの使用

nvlibrarymodify

このユーティリティを使用すると、以下のタスクを実行できます。

 

ドライブ・ステータスの変更、ドライブのマップまたはマップ解除、ライブラリ・ドライブの表示、およびライブラリの削除を実行するには、以下のオプションを使用します。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

変更するライブラリの名前を指定します。ライブラリ名は必須です。

-online

ドライブをオンラインに戻します。ターゲット・ドライブを指定するには、
DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。

-offline

ドライブをオフラインにします。ターゲット・ドライブを指定するには、
DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。

-remove

ドライブを削除します。ターゲット・ドライブを指定するには、
DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。

-map

ドライブを適切なLSM、パネル、およびドライブにマップします。ターゲット・ドライブを指定するには、「DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。-nameオプションを使用して、ドライブ名を指定することもできます。

例:

-name “ACSLS_Drive-1”

-unmap

ドライブをマップ解除します。ターゲット・ドライブを指定するには、
DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。

-list

指定したライブラリのすべてのドライブを表示します。

既存のライブラリ構成にドライブまたは共有ドライブを追加するには、次のオプションを使用します。

-servername

ターゲット・サーバーの名前を指定します。

-libraryname

変更するライブラリの名前を指定します。

-librarymachine

ライブラリが存在するNetVault Backupサーバーまたはクライアントの名前を指定します。サーバーに限らず、任意のNetVault Backupマシンを指定できます。ACSLSドライブが3番目のマシンに接続されたNetVault Backupクライアントを指定することもできます。

-drivemachine

ドライブが存在するNetVault Backupサーバーまたはクライアントの名前を指定します。ACSLS環境では、ドライブはクライアント上に配置できます。NetVault Backupサーバーもクライアントも、ACSLSライブラリを管理することはありません。

-drivepath

追加するドライブの名前またはパスを指定します。ドライブのパスには、ドライブ・タイプに応じて、VTLディレクトリまたはSCSIターゲットを指定できます。

nvscandrivesユーティリティを使用して、ローカルまたはリモートのNetVault Backupクライアント上で使用可能なドライブの一覧を取得できます。このコマンドの出力には、NetVault WebUIに表示されるとおりのドライブのパスが含まれます。詳細は、「nvscandrives」を参照してください。

-add

ドライブを追加します。ターゲット・ドライブを指定するには、
DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。

-addshared

共有ドライブを追加します。ターゲット・ドライブを指定するには、
DRIVE <drive_number>」オプションを使用します。

nvlibrarymodifyユーティリティを使用してドライブを追加すると、ライブラリ設定が次のように変更されます。
オプション"-servername"、"librarymachine"および"drivemachine"を省略すると、デフォルトでは、ターゲット・サーバーのデフォルトとしてローカル・マシンが使用されます。

nvopendoor

指定したライブラリのドアを開きます。

表25. nvopendoor

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

nvopeneeport

入口/出口(EEPort)ポートを開きます。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-libraryname

ターゲット・ライブラリの名前を指定します。

nvremovefiler

指定したファイラーのファイラー接続ドライブを削除します。

-servername

ジョブを管理するNetVault Backupサーバー名を指定します。

このオプションは、リモート・サーバーがジョブを管理する場合に必要になります。ジョブを管理するのがローカル・サーバーの場合は、このオプションを省略できます。サーバー名では、大文字と小文字を区別します。

-filername

ターゲット・ファイラーの名前を指定します。

-wait

タスクが完了するまで待機します。

Related Documents