Chat now with support
Chat with Support

NetVault 11.3 - インストール・ガイド

前書き NetVault Backupシステム構築例 インストール前要件の確認 NetVault Backupのインストール インストール後要件の確認 NetVault Backupのアップグレード NetVault Backupのライセンス NetVault Backupの削除 トラブルシューティング

GUIモードでのNetVault Backupのアップグレード

グラフィカル・モードは、グラフィカル環境を提供するサポートされているすべてのオペレーティング・システムで使用できます。このモードを使用するには、LinuxおよびWindowsベースのシステム上にGTKパッケージまたはX Window Systemライブラリが必要です。

4
5
[使用許諾契約書]ダイアログ・ボックスで、すべての規約に同意する場合は[同意します]をクリックします。
[次へ]をクリックして作業を継続します。
6
7
LinuxでNetVault Backup Server 9.2からアップグレードするときには、次に、PostgreSQL Linuxユーザー・アカウントに関するダイアログ・ボックスが表示されます。このダイアログ・ボックスは、クライアントのインストール時には表示されません。NetVault Backup PostgreSQL Linuxユーザー・アカウントについての詳細は、「NetVault Backup PostgreSQL Linuxユーザー・アカウントの決定」を参照してください。
NetVault Backupで PostgreSQL Linuxユーザーの作成を許可:デフォルトでは、このオプションは選択されていません。
Linuxユーザー名:既存のLinuxユーザー・アカウントを使用する場合は、このオプションを選択します。
[次へ]をクリックして作業を継続します。
8
NetVault Backup Server 9.2からアップグレードするときには、[PostgreSQLデータベースのスーパーユーザー・パスワード]ダイアログ・ボックスが表示されます。このダイアログ・ボックスは他のサーバーまたはクライアントのアップグレードでは表示されません。
[パスワード]ボックスで、PostgreSQLデータベース・スーパー・ユーザーのパスワードを指定します。
[パスワードの再入力]ボックスで、確認用にパスワードを再度入力します。
9
[アップグレード可能]ダイアログ・ボックスで、[はい]をクリックしてインストールを開始します。
11
マシンにソフトウェアが正常にインストールされた後に、セットアップ完了ダイアログ・ボックスが表示されます。[完了]をクリックしてこのダイアログ・ボックスを閉じ、インストーラを終了します。

テキスト・モードでのNetVault Backupのアップグレード

テキスト・モードは、Windowsを除くサポートされているすべてのオペレーティング・システムで使用できます。

3
[使用許諾契約書]画面が表示されます。Enterキーを押して、契約書を読みます。
4
アップグレードの確認画面で、yを押して続行します。
Linuxユーザー名を指定して、Enterキーを押します。
7
[アップグレード可能]画面で、Enterキーを押してインストールを開始します。

無人モードでのNetVault Backupのアップグレード

ライセンス・プラグインのアップグレード

ライセンス・プラグインのインストールおよび削除手順は、個々のプラグインのユーザーズ・ガイドに記載されています。オプション・プラグインの標準的なアップグレード手段は、以前のバージョンのプラグインに最新版を上書きインストールすることです。アップグレード時に必要な変更や追加作業については、そのバージョンのプラグインのリリース・ノートに記載されています。

Related Documents