Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Management Appliance 10.0 Common Documents - Release Notes (Japanese)

資産管理機能

資産管理機能

このリリースの KACE システム管理アプライアンス(SMA)は、以下の資産管理機能を備えています。

スケジュール済みの資産インポート:このリリース以降では、資産のインポート ウィザードを使用して、ネットワーク共有上にある CSV(カンマ区切り値)ファイルから資産のスケジュール済みインポートを設定できます。このウィザードには、新たに 資産インポートの選択スケジュール ページが含まれています。このページでは、必要に応じて使用可能なスケジュールパターンを選択できます。
資産のインポート時に 資産ステータス フィールドをマッピングする機能資産のインポート ウィザードの マッピング ページを使用して、資産ステータス フィールドを CSV ファイルの列にマッピングできるようになりました。これは、特定のステータス(アクティブ など)の資産ごとに大量の資産をインポートする必要がある場合に便利です。このマッピングを指定しない場合、選択した資産タイプに関連付けられているデフォルトのステータスが、インポートされたそれぞれの資産エントリに割り当てられます。
管理者は管理者以外のユーザーがアセットを削除できないようにできる資産タイプの詳細 ページで、管理者以外に資産の削除を許可する オプションが使用できるようになりました。管理者はこのオプションを使用して、管理者以外のユーザーが資産を削除できるかどうかを指定できます。このオプションはデフォルトでオフになっています。このオプションを設定できるのは管理者のみです。他のタイプのユーザーでは、このフィールドはページに表示されますが無効になっています。
アプライアンス管理者は、場所 フィールドや ユーザー フィールドを使用せずに資産タイプを作成できる。特定の資産タイプ(購入 や 契約 など)の場合、この情報は無関係な場合があります。アセットタイプの詳細 ページに 場所の設定を表示 オプションが追加されました。このオプションを使用すると、選択した資産タイプに 場所 フィールドを含めるか除外するかを指定できます。同様に、資産譲受人の値はデバイスタイプの資産にのみ表示されます。

エンドポイント通信機能

エンドポイント通信機能

このリリースの KACE システム管理アプライアンス(SMA)は、以下のエンドポイント通信機能と拡張機能を備えています。

Microsoft Hyper-V または System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)デバイスの検出:組織で仮想 Hyper-V ベースの環境を使用している場合、アプライアンスを使用して、検出スケジュールを介して Microsoft Hyper-V または SCVMM デバイスを検出できます。ネットワークで Hyper-V または SCVMM デバイスをスキャンしてこれらのデバイスに関する情報を取得するには、認証済み検出スケジュールを追加します。各 SCVMM / Hyper-V デバイスは、エージェント不要ライセンスを使用します。デバイスに KACE エージェントもプロビジョニングされている場合、エージェントのライセンスも使用されます。
デバイス詳細 にバッテリ情報が追加デバイス詳細 ページに、新たに バッテリ フィールドのグループが追加されました。これにより、Windows、Linux、および macOS エージェント管理デバイスとエージェント不要デバイスのバッテリ関連情報が表示されます。このグループには、次のフィールドが含まれます。
充電:現在のバッテリ容量の割合。
ChemistryWindows および Linux デバイスのみ。リチウムイオンなどのバッテリタイプ。
現在の容量(mWh):現在のバッテリ容量。
設計容量(mWh):設計上のバッテリの最大容量。
フル充電容量(mWh):バッテリの現在の最大容量。この値は時間の経過とともに低下します。
正常性(%):最大設計容量に対する現在のバッテリ容量の割合。
製造元:バッテリの製造元。
名前:バッテリの名前またはモデル。
電源に接続済み:バッテリが現在電源に接続されているかどうかを示すインジケータ。
再充電カウントMacOS デバイスのみ。バッテリが再充電された回数。
シリアルナンバー:バッテリのシリアルナンバー。
残り時間(分):バッテリが放電するまでの時間(分)。デバイスが接続されている場合、このフィールドは空白になります。
cURL 証明書バンドルのアップロードおよび配布機能:一部の環境では、エージェントサーバーとの通信中にカスタム cURL(クライアント URL)CA(証明機関)証明書を使用します。これは、デフォルトのエージェントバンドルで参照されていない権限によって署名された SSL 証明書を確認するために使用できます。このリリースから、エージェント設定 ページの CA 証明書バンドルファイル 設定を使用して、カスタムの CURL CA バンドルをアップロードしたり、デフォルトのバンドルに戻したりできます。
リモートコントロール:サードパーティソリューションと統合し、Windows、Mac、Linux の各システム全体でリモート制御管理を行えます。一般設定 ページの デバイスのアクションSimpleHelp がオプションとして表示されるようになりました。このツールの詳細については、SimpleHelp のマニュアルを参照してください。
KACE Cloud Mobile Device Manager(MDM)に登録されているデバイスに関する情報の表示:このアプライアンスには、統合 KACE Cloud MDM インスタンスに登録されている Mac OS X デバイスに関する情報が表示されます。このようなデバイスで使用できる情報のタイプは、KACE SMA エージェントがインストールされているかどうかによって異なります。
デバイス詳細 にデバイス管理方法を表示デバイス詳細 ページ に新たに追加された デバイスエントリタイプ フィールドに、次の選択したデバイスの管理方法が表示されます。エージェントデバイスエージェント不要デバイス手動で入力されたレコード、またはエージェント / エージェント不要(ハイブリッド KACE Cloud MDM インベントリ)。
デバイスと KACE Cloud MDM の関連付けの解除:KACE Cloud MDM に登録されているエージェント不要デバイスの場合、そのデバイスと KACE Cloud MDM の関連付けを解除し、エージェントのみのインベントリレコードに戻すには、デバイス詳細 ページで、エージェント不要統合の削除 をクリックします。
アプライアンスからの KBRSL の削除KBRSL はプロビジョニングコードに含まれなくなりました。既存の KBRSL プロビジョニングスケジュールは、WinRM を使用するように変換されています。
KACE システム展開アプライアンス(SDA)との統合:KACE エージェントにより、KACE SMA のデバイス詳細 インベントリビューに KACE SDA 設定情報が入力されます。
緊急警告モード:緊急警告モードの 警告の詳細 ページに新しいオプションが追加されました。選択すると、警告メッセージが画面の中央に表示されます。ユーザーはこのメッセージを移動したり、バックグラウンドで表示したりすることはできません。作業を続行する前に、警告に対処する必要があります。
ネイティブ Windows レジストリ領域用の OS ネイティブスクリプト変数の追加:このリリースから、NATHKLMHKEY_LOCAL_MACHINE)に追加して、必要に応じてスクリプトタスクの 32 ビットまたは 64 ビットのレジストリ領域にアクセスすることができます。例:HKLMNAT\Software\ABC

インフラストラクチャ機能

インフラストラクチャ機能

このリリースのKACEシステム管理アプライアンス(SMA)は、以下のインフラストラクチャ機能と拡張機能を備えています。

KACE SMA パッチソリューション:このリリースでは、MS Windows および Mac OS 用の KACE SMA パッチソリューションが追加されました。パッチパッケージは、選択したサブスクリプションオプションおよびダウンロードオプションに従って Quest からダウンロードされます。また、パッチパッケージは、ベンダーから直接ダウンロードされる場合もあります。Quest では、Windows および Mac オペレーティングシステム、および多くの一般的なアプリケーションに対して、安全でタイムリーかつ高品質なパッチ署名を提供しています。
このバージョンにアップグレードした後、概要 ページに警告が表示され、非推奨のレポート、チケットルール、またはカスタムフィルタが一覧表示されます。
新しい組み込みレポートである「ソフトウェアカタログアプリケーションが検出されたが、アプリケーションパッチでは使用できない」を使用すると、ソフトウェアカタログで検出された KACE パッチでパッチ適用できないソフトウェアを表示できます。これは、サードパーティ製ソフトウェアを監査してセキュリティアップデートを行う際に役立ちます。
このリリースには、新しいレポート「KACE パッチの不一致」が含まれています。アップグレードプロセス中は、可能な場合、既存のパッチデータが新しい形式に変換されます。このレポートには、変換できないパッチが一覧表示されます。
シングルサインオンでの Security Assertion Markup Language(SAML)の使用:サードパーティ製の認証ツールを使用すると、ようこそ ページに資格情報を入力しなくてもユーザーを認証するようにアプライアンスを設定できます。SAML は、ID とサービスプロバイダーの間でセキュリティトークンを使用する XML ベースのプロトコルです。セキュリティトークンには、ユーザーの ID に関する情報を提供するアサーション要素が含まれています。SAML 設定 ページを使用してこの機能を構成します。
Syslog サーバーにデータを送信する機能:アプライアンスを設定して、リモートの Syslog サーバーに限定的なサーバーログデータを送信できるようになりました。これを行うには、セキュリティ設定 ページで リモート Syslog を有効にする を選択し、リモート Syslog サーバー フィールドで完全修飾ドメイン名(FQDN)または IP アドレス、およびリモート Syslog サーバーのポート番号を指定します。
ソフトウェアインベントリで使用可能な影響を受けるデバイスの数ソフトウェア リストページの 高度な検索 に 影響を受けるデバイス フィールドが表示されるようになりました。
リストページにフォーカスして、バーコードスキャンをサポート。リストページを読み込むと、フォーカスがリストページの検索ボックスに切り替わります。これは、カーソルがテキストボックス内にあることで確認できます。これは、バーコードスキャンのサポートを有効にするために実装されています。

解決済みの問題

解決済みの問題

以下の問題は、このリリースで解決されています。

解決済みの問題

解決済みの問題

問題 ID

9.1.204 Mac OS エージェントインストーラの証明書の有効期限が切れると、KACE Cloud Mobile Device Manage(MDM)プロビジョニングを介したインストールが失敗する可能性があります。

K1-20620

Mac OS プロファイルのアップロードにより、エラーが発生する可能性があります。

K1-20563

Mac OS プロファイルのアップロードで、クラス「NetworkSettingsUtil」が見つかりませんでした

K1-20561

アーカイブされた親チケットを表示できませんでした。

K1-20557

西ヨーロッパ(ISO)でエンコードされた E メールの特殊文字が正しく表示されませんでした。

K1-20549

一部の Dell Chromebook モデルでは、デルとして一覧表示されている製造元で検出できない場合があります。

K1-20544

バックアップファイルの容量が不必要に大きくなる可能性があります。

K1-20543

ライセンスコンプライアンスデータがバックアップウィンドウと重複している場合、そのデータが更新されないことがあります。

K1-20542

2 時間を超えるパッチスケジュール タイムアウトの検出 および タイムアウトの展開 オプションを選択できました(選択できない必要があります)。

K1-20533

プロセステンプレートから表示する際、新しいコメント行が同時に実行されました。

K1-20528

チケットの詳細 ページでページを再読み込みした後、作業情報が表示されないことがありました。

K1-20522

チケットルールから送信された場合、受信 E メールトークンが機能しませんでした。

K1-20458

証明書の有効期限が切れたため、エージェントがウイルス対策ソフトウェアとして認識されたことがありました。

K1-20457

コンプライアンスデータの更新に、不必要に時間がかかる場合があります。

K1-20450

OWNER_ID が設定されていないと、ウィザードアセットレポート(カスタムユーザーフィールドを含む)が空白になりました。

K1-20446

資産のインポートで、非デバイスタイプの OWNER_ID が設定されませんでした。

K1-20445

E メールを設定していないユーザーが、チケット リストページで所有していないチケットを表示できました。

K1-20441

未同期(MIA):対応する資産がないデバイスでは、アーカイブが予測どおりに動作しませんでした。

K1-20438

バックアップが進行中の場合、資産のアーカイブはスケジュールに従って実行されない可能性があります。

K1-20431

インストールされているソフトウェアアイテムの数が多い場合、ソフトウェアの 資産詳細 ページの読み込みに時間がかかることがあります。

K1-20430

パッチ適用:すべてのデバイスを選択した場合、保存時に通知が表示されずに OS の選択が削除されます。

K1-20417

デフォルト以外の権限を設定すると、Kace GO モバイルアプリがデバイスを正確にリスト表示できなくなる可能性があります。

K1-20405

フランス語のロケールで、場所の変更 ポップアップボックスが表示されませんでした。

K1-20400

新しい資産を作成すると、デフォルトのサブタイプに代わり、デフォルトのサブタイプが なし に設定される場合があります。

K1-20398

完全に複製される前に削除された項目が、 ToDo リストに表示される可能性があります。

K1-20396

プロビジョニングスケジュールリストに、実行間隔 または 実行基準 スケジュールの、時間または分が表示されませんでした。

K1-20394

無効 になる Dell 製デバイスの保証チェックにより、同じデバイスの今後の保証チェックができなくなる可能性があります。

K1-20385

無効な SQL を含む検出 Smart Label を使用すると、スキャン全体が失敗する可能性があります。

K1-20374

アーカイブされたユーザーを使用して E メールでチケットを送信する際、複数のユーザーを作成できます。

K1-20369

チケット更新の E メール通知を生成できない可能性があります。

K1-20360

E メールからレポートを開いたときに、スケジュールされた HTML ウィザードレポート内のリンクが機能しませんでした。

K1-20351

今すぐ実行 スクリプトページの デバイス ドロップダウンボックスで、デバイスの範囲ラベルを使用する際に時間がかかる場合があります。

K1-20347

大量の資産履歴の削除が失敗する可能性があります

K1-20344

タスクスケジュールは、多くのレプリケータを含むアプライアンスで読み込めない場合があります。

K1-20342

LDAP ブラウザツリーの参照 オプションを実行できませんでした。

K1-20327

エージェントパスが正しくないため、Mac プロファイルを展開できませんでした。

K1-20321

似た E メールを持つユーザーが CC リストに追加されると、すべての自分のチケット ビューにチケットが表示されました。

K1-20304

プロセス ウィザードのダークテーマのテキスト / 背景にコントラストがありませんでした。

K1-20290

エージェントインストーラにサブストリング userinit.exe が含まれている場合、誤ってサードパーティの userinit 値を更新する可能性があります。

K1-20286

プロビジョニングされた一部の仮想マシンデバイスは、デバイス詳細 ページで VMware デバイスアクションを表示しませんでした。

K1-20285

キャンセル済みレポート:空き容量の範囲でリストされたコンピュータは、不適切にグループ化されます。

K1-20275

チケットをクローズする前に親の承認が必要 メッセージが誤って表示される可能性があります。

K1-20267

ステータス フィールドの 高度な検索 が パッチカタログ ページで機能しませんでした。

K1-20091

メータリングラベルを追加した Windows エージェント不要デバイスで、メータリングアイコンが誤って表示される可能性があります。

K1-20061

検出スケジュールのタイムアウト設定が予測どおりに動作しませんでした。

K1-20012

Raspbery Pi のインベントリのチップ数が間違っている可能性があります。

K1-20007

MAC アドレスが重複している BIOS シリアルナンバーが空白または重複していると、インベントリレコードが誤って上書きされる可能性があります。

K1-19988

プロセスをブラックリスト登録しても、プロセスツリー全体が常に終了するわけではありませんでした。このため、孤立した子プロセスが発生し、極端な場合はエンドポイントのメモリがなくなる可能性があります。

K1-19905

オフラインパッチを使用する場合、オフラインソースとターゲットは、アクティブ、非アクティブ、無効の数が異なる場合があります。

K1-19873

ネットワーク設定で SMTP 設定が順守されていないため、パッチフィード E メールを送信できませんでした。

K1-19816

高度な検索 の 次の値で始まらない はグループ(ラベル名やソフトウェアタイトルなどの)では機能しません。

K1-19814

Dell BIOS アップデートでは、プッシュ時にクライアントが再起動されない場合があります。再起動が終了するまで、クライアントは完全にインストールされません。

K1-19770

キャンセル済みレポート:過去 7 日間に追加または変更されたユーザーが不正確でした。

K1-19703

Dell アップデート再起動メッセージに新しい改行文字が含まれると、再起動が完了する場合があります。

K1-19569

手動で追加したデバイスが、夜間の MIA クリーンアッププロセスによって誤って削除される可能性があります。

K1-19531

MI 展開優先順位が、ソフトウェアとカタログソフトウェアの管理対象インストール(MI)の間で適切に適用されていない可能性があります。

K1-19512

ソフトウェアインベントリ項目に英語以外の文字が含まれている場合、Smart Label が正しく実行されない可能性があります。

K1-19507

お客様が定義した パッチの再起動 メッセージのフォーマットが反映されませんでした。

K1-19492

LDAP インポートで、すべてのレコードで見つからない属性を除外できました。

K1-19406

Dell XPS モデルが Dell アップデートでサポートされていませんでした。

K1-19282

資産のカスタムユーザーフィールドが、レポートの割り当て済みユーザーに正しくマッピングされませんでした。

K1-19226

ソフトウェア インベントリページの読み込みに時間がかかる場合があります。

K1-18985

パッチダウンロードの失敗が誤って報告される可能性があります。

K1-18930

パッチカタログ のエラーリンクをクリックすると、デバイスが見つかりません というメッセージが表示されることがあります。

K1-18721

ソフトウェアのタイトルとバージョンを対象とする Smart Label では、誤った結果が返される場合があります。

K1-18398

クライアントマシンに表示されるパッチの再起動メッセージは、パッチスケジュールの設定を反映していない可能性があります。

K1-18215

Azure にホストされている KACE SMA コンソールに、誤って疑問符(?)が表示されました。

ESMP-6820

コメントと添付ファイルを同時に追加する際、チケットの コメント セクションがクリアされませんでした。

ESMP-6672

チケットがクローズ済みチケットにマージされる可能性があります。

ESMP-6671

特定基準で表示 オプションが マイアイテム に設定されている場合、制限されたユーザーに対して検索機能が機能しませんでした。

ESMP-6633

パッチの詳細 ページの 廃止 セクションの下にあるパッチをクリックすると、空白の パッチの詳細 ページが表示されます。

ESMP-6591

ネットワークインターフェイスのリストが欠落しているエージェントインベントリの処理が失敗する可能性があります。

ESMP-6588

SDA 設定 セクションが、システムレポートウィザードの 表示する フィールドページに表示されませんでした。

ESMP-6468

高度な検索 のデバイス リストページで、SDA 導入時間 を使用するデバイスの検索が機能しませんでした。

ESMP-6467

HTML タグが、サービスデスクレポートの コメントと解決 列の下に表示されることがあります。

ESMAS-4552

2 つのチケットを同じ送信者とマージすると、それらのチケットが CC リストに追加されました。

ESMAS-4537

送信者に権限がないキューにチケットが移動すると、送信者はチケットを確認できませんでした。

ESMAS-4516

場所の詳細 ページの 割り当てられた資産 セクションにある タイプ 列でソートできませんでした。

ESMAM-1897

Related Documents