Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Management Appliance 10.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACE システム管理アプライアンス(SMA)
KACE SMA コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン: 初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 すべてのユーザーに対して 2 要素認証を有効にする ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 デフォルトテーマの設定 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン シングルサインオン用に SAML を構成する
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理ダッシュボードの使用方法 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理 契約の管理 ライセンスの管理 購入レコードの管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 サービスデスクウィジェットのキャッシュライフタイムの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
インベントリダッシュボードの使用 デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 KACE SMA エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする Windows デバイスでの GPO プロビジョニングツールを使用した KACE SMA エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用した KACE SMA エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでの KACE SMA エージェントの更新
KACE SMA エージェントを手動展開する
エージェントのインストールファイルの取得 Windows デバイス上で KACE SMA エージェントを手動展開する Linux デバイスでの手動による KACE SMA エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Mac デバイスでの手動による KACE SMA エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 管理対象インストールとカタログ登録済みソフトウェアの関連付け ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理 タスクチェーンの使用
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンの仕組み SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクダッシュボードの使用 サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのマージ チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
KACE SMA のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法的情報

エージェントのインストールファイルの取得

エージェントのインストールファイルの取得

エージェントのインストールファイルは、アプライアンスで使用可能です。

Windows、Mac OS X、および Linux デバイス用の KACE SMA エージェントインストーラは、KACE SMA の次のディレクトリにあります。

\\KACE_SMA_hostname\client\agent_provisioning

Windows デバイス上で KACE SMA エージェントを手動展開する

Windows デバイス上で KACE SMA エージェントを手動展開する

インストールウィザード、またはデバイス上でコマンドラインを使用して、Windows デバイスで KACE SMA エージェントを手動で展開できます。

エージェントを手動でインストールする場合には、エージェントの実行可能ファイルを次の場所にインストールする必要があります。

Windows 32ビットデバイス: C:\Program Files\Quest\KACE\
Windows 64ビットデバイス:C:\Program Files (x86)\Quest\KACE\

エージェント設定ファイル、ログ、およびその他のデータは次の場所に保存されます。

Windows 32ビットデバイス: C:\Documents and Settings\All Users\Quest\KACE
Windows 64ビットデバイス:C:\ProgramData\Quest\KACE
インストールウィザードを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

デバイスでインストールウィザードを実行して、KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開できます。

\\KACE_SMA_hostname\client\agent_provisioning\windows_platform
2.
デバイスにampagent-6.x.xxxxx-x86.msiファイルをコピーします。

デバイスの情報がアプライアンスのインベントリに数分以内に表示されます。詳細については、「ソフトウェア ページでのアプリケーション管理」を参照してください。

コマンドラインを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

Windowsデバイスでコマンドラインからエージェントを展開するには、いくつかの方法があります。

例:

ログオンスクリプトに含めたバッチファイルで、インストーラー(msiexec)を実行し、ホストの値などのさまざまなパラメータを設定します。

次の表に、エージェントの展開に使用するコマンドラインパラメータを示します。

エージェント用のコマンドラインパラメータ

説明

パラメータ

Windowsインストーラーツール

msiexecまたはmsiexec.exe

インストールフラグ

/i

msiexec /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

アンインストールフラグ

/x

msiexec /x ampagent-6.x.xxxxx-x86

サイレントインストール

/qn

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

詳細出力のログ記録

/L*v log.txt

msiexec /qn /L*v C:\temp\log.txt /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

ホスト名の自動設定:インストールファイルの名前をサーバーの名前に変更して、自動的にホスト名が設定されるようにします。

rename agent_installer.msi_hostname.msi

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86_kace_sma.example.com.msi

プロパティの設定

PROPERTY=value(すべて大文字を使用)

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com

サーバー名の設定

set KACE_SERVER=kace_sma_name

インストールするmsiexecの呼び出しの前に挿入

set KACE_SERVER=kboxmsiexec /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

ログオンまたは起動フックがインストールされないようにし、既存のuserinit.exeファイルを維持

NOHOOKS=1

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com NOHOOKS=1

エージェントをインストールするが、サービスを開始しない。これによって、エージェントのイメージを作成して、他のデバイスにクローンを作成できます

CLONEPREP=yes/no

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com CLONEPREP=yes

ログ生成時のエージェントのデバッグレベルの設定

DEBUG=true/all

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com DEBUG=true

HTTPS経由でのみ通信するようにエージェントを強制。HTTPSが使用できない場合に、HTTPを使用することはできません

SSLREQUIRED=true

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com SSLREQUIRED=true

これらの場所のhostの値に対するシステムフックは、次の順序になります。

2.
HOST プロパティ値
3.
KACE_SERVER(環境変数)
4.
amp.confファイル
Windows システムトレイを使用して Windows デバイスで KACE SMA エージェントを管理する

Windows システムトレイを使用して、KACE SMA エージェントのステータスの表示、強制的なインベントリ更新、およびエージェント情報の表示ができます。

システムトレイを使用して KACE SMA エージェントのステータスにアクセスするには、通信設定 セクションで デバイスでのエージェントのステータス オプションを有効にする必要があります。詳細については、「エージェント通信とログ設定の定義」を参照してください。

2.
エージェントがアプライアンスに接続されているかどうかを確認するには、メニューの ステータス オプションの右側にあるアイコンを確認します。
3.
4.

インストールウィザードを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

Windows デバイス上で KACE SMA エージェントを手動展開する

インストールウィザード、またはデバイス上でコマンドラインを使用して、Windows デバイスで KACE SMA エージェントを手動で展開できます。

エージェントを手動でインストールする場合には、エージェントの実行可能ファイルを次の場所にインストールする必要があります。

Windows 32ビットデバイス: C:\Program Files\Quest\KACE\
Windows 64ビットデバイス:C:\Program Files (x86)\Quest\KACE\

エージェント設定ファイル、ログ、およびその他のデータは次の場所に保存されます。

Windows 32ビットデバイス: C:\Documents and Settings\All Users\Quest\KACE
Windows 64ビットデバイス:C:\ProgramData\Quest\KACE
インストールウィザードを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

デバイスでインストールウィザードを実行して、KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開できます。

\\KACE_SMA_hostname\client\agent_provisioning\windows_platform
2.
デバイスにampagent-6.x.xxxxx-x86.msiファイルをコピーします。

デバイスの情報がアプライアンスのインベントリに数分以内に表示されます。詳細については、「ソフトウェア ページでのアプリケーション管理」を参照してください。

コマンドラインを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

Windowsデバイスでコマンドラインからエージェントを展開するには、いくつかの方法があります。

例:

ログオンスクリプトに含めたバッチファイルで、インストーラー(msiexec)を実行し、ホストの値などのさまざまなパラメータを設定します。

次の表に、エージェントの展開に使用するコマンドラインパラメータを示します。

エージェント用のコマンドラインパラメータ

説明

パラメータ

Windowsインストーラーツール

msiexecまたはmsiexec.exe

インストールフラグ

/i

msiexec /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

アンインストールフラグ

/x

msiexec /x ampagent-6.x.xxxxx-x86

サイレントインストール

/qn

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

詳細出力のログ記録

/L*v log.txt

msiexec /qn /L*v C:\temp\log.txt /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

ホスト名の自動設定:インストールファイルの名前をサーバーの名前に変更して、自動的にホスト名が設定されるようにします。

rename agent_installer.msi_hostname.msi

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86_kace_sma.example.com.msi

プロパティの設定

PROPERTY=value(すべて大文字を使用)

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com

サーバー名の設定

set KACE_SERVER=kace_sma_name

インストールするmsiexecの呼び出しの前に挿入

set KACE_SERVER=kboxmsiexec /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

ログオンまたは起動フックがインストールされないようにし、既存のuserinit.exeファイルを維持

NOHOOKS=1

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com NOHOOKS=1

エージェントをインストールするが、サービスを開始しない。これによって、エージェントのイメージを作成して、他のデバイスにクローンを作成できます

CLONEPREP=yes/no

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com CLONEPREP=yes

ログ生成時のエージェントのデバッグレベルの設定

DEBUG=true/all

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com DEBUG=true

HTTPS経由でのみ通信するようにエージェントを強制。HTTPSが使用できない場合に、HTTPを使用することはできません

SSLREQUIRED=true

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com SSLREQUIRED=true

これらの場所のhostの値に対するシステムフックは、次の順序になります。

2.
HOST プロパティ値
3.
KACE_SERVER(環境変数)
4.
amp.confファイル
Windows システムトレイを使用して Windows デバイスで KACE SMA エージェントを管理する

Windows システムトレイを使用して、KACE SMA エージェントのステータスの表示、強制的なインベントリ更新、およびエージェント情報の表示ができます。

システムトレイを使用して KACE SMA エージェントのステータスにアクセスするには、通信設定 セクションで デバイスでのエージェントのステータス オプションを有効にする必要があります。詳細については、「エージェント通信とログ設定の定義」を参照してください。

2.
エージェントがアプライアンスに接続されているかどうかを確認するには、メニューの ステータス オプションの右側にあるアイコンを確認します。
3.
4.

コマンドラインを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

Windows デバイス上で KACE SMA エージェントを手動展開する

インストールウィザード、またはデバイス上でコマンドラインを使用して、Windows デバイスで KACE SMA エージェントを手動で展開できます。

エージェントを手動でインストールする場合には、エージェントの実行可能ファイルを次の場所にインストールする必要があります。

Windows 32ビットデバイス: C:\Program Files\Quest\KACE\
Windows 64ビットデバイス:C:\Program Files (x86)\Quest\KACE\

エージェント設定ファイル、ログ、およびその他のデータは次の場所に保存されます。

Windows 32ビットデバイス: C:\Documents and Settings\All Users\Quest\KACE
Windows 64ビットデバイス:C:\ProgramData\Quest\KACE
インストールウィザードを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

デバイスでインストールウィザードを実行して、KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開できます。

\\KACE_SMA_hostname\client\agent_provisioning\windows_platform
2.
デバイスにampagent-6.x.xxxxx-x86.msiファイルをコピーします。

デバイスの情報がアプライアンスのインベントリに数分以内に表示されます。詳細については、「ソフトウェア ページでのアプリケーション管理」を参照してください。

コマンドラインを使用して KACE SMA エージェントを Windows デバイスに手動展開する

Windowsデバイスでコマンドラインからエージェントを展開するには、いくつかの方法があります。

例:

ログオンスクリプトに含めたバッチファイルで、インストーラー(msiexec)を実行し、ホストの値などのさまざまなパラメータを設定します。

次の表に、エージェントの展開に使用するコマンドラインパラメータを示します。

エージェント用のコマンドラインパラメータ

説明

パラメータ

Windowsインストーラーツール

msiexecまたはmsiexec.exe

インストールフラグ

/i

msiexec /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

アンインストールフラグ

/x

msiexec /x ampagent-6.x.xxxxx-x86

サイレントインストール

/qn

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

詳細出力のログ記録

/L*v log.txt

msiexec /qn /L*v C:\temp\log.txt /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

ホスト名の自動設定:インストールファイルの名前をサーバーの名前に変更して、自動的にホスト名が設定されるようにします。

rename agent_installer.msi_hostname.msi

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86_kace_sma.example.com.msi

プロパティの設定

PROPERTY=value(すべて大文字を使用)

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com

サーバー名の設定

set KACE_SERVER=kace_sma_name

インストールするmsiexecの呼び出しの前に挿入

set KACE_SERVER=kboxmsiexec /i ampagent-6.x.xxxxx-x86

ログオンまたは起動フックがインストールされないようにし、既存のuserinit.exeファイルを維持

NOHOOKS=1

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com NOHOOKS=1

エージェントをインストールするが、サービスを開始しない。これによって、エージェントのイメージを作成して、他のデバイスにクローンを作成できます

CLONEPREP=yes/no

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com CLONEPREP=yes

ログ生成時のエージェントのデバッグレベルの設定

DEBUG=true/all

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com DEBUG=true

HTTPS経由でのみ通信するようにエージェントを強制。HTTPSが使用できない場合に、HTTPを使用することはできません

SSLREQUIRED=true

msiexec /qn /i ampagent-6.x.xxxxx-x86.msi HOST=kace_sma.example.com SSLREQUIRED=true

これらの場所のhostの値に対するシステムフックは、次の順序になります。

2.
HOST プロパティ値
3.
KACE_SERVER(環境変数)
4.
amp.confファイル
Windows システムトレイを使用して Windows デバイスで KACE SMA エージェントを管理する

Windows システムトレイを使用して、KACE SMA エージェントのステータスの表示、強制的なインベントリ更新、およびエージェント情報の表示ができます。

システムトレイを使用して KACE SMA エージェントのステータスにアクセスするには、通信設定 セクションで デバイスでのエージェントのステータス オプションを有効にする必要があります。詳細については、「エージェント通信とログ設定の定義」を参照してください。

2.
エージェントがアプライアンスに接続されているかどうかを確認するには、メニューの ステータス オプションの右側にあるアイコンを確認します。
3.
4.
Related Documents