Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Management Appliance 10.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACE システム管理アプライアンス(SMA)
KACE SMA コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン: 初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 すべてのユーザーに対して 2 要素認証を有効にする ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 デフォルトテーマの設定 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン シングルサインオン用に SAML を構成する
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理ダッシュボードの使用方法 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理 契約の管理 ライセンスの管理 購入レコードの管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 サービスデスクウィジェットのキャッシュライフタイムの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
インベントリダッシュボードの使用 デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 KACE SMA エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする Windows デバイスでの GPO プロビジョニングツールを使用した KACE SMA エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用した KACE SMA エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでの KACE SMA エージェントの更新
KACE SMA エージェントを手動展開する
エージェントのインストールファイルの取得 Windows デバイス上で KACE SMA エージェントを手動展開する Linux デバイスでの手動による KACE SMA エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Mac デバイスでの手動による KACE SMA エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 管理対象インストールとカタログ登録済みソフトウェアの関連付け ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理 タスクチェーンの使用
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンの仕組み SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクダッシュボードの使用 サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのマージ チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
KACE SMA のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法的情報

正規表現の理解

正規表現の理解

正規表現構文を使用して、ファイル名のマッチを実行できます。

次の表に、ファイル名のマッチに使用できる正規表現構文の概要を示します。

文字

説明

式の例

ターゲットファイル

マッチするファイル

(任意の文字列)

特殊文字以外の文字を入力すると、その文字列が含まれるすべてのファイル名とマッチします。

abc

abcFile.xls

Example.jpg

File.doc

Myabc.txt

MyFile.abc

abcFile.xls

Myabc.txt

MyFile.abc

.

ドットは任意の1文字とマッチします。単独で入力すると、すべてのファイルとマッチします。

.

abcFile.xls

Example.jpg

File.doc

Myabc.txt

MyFile.abc

abcFile.xls

Example.jpg

File.doc

Myabc.txt

MyFile.abc

\

バックスラッシュが特殊文字をエスケープ処理し、前方参照を作成するために使用されます。

詳細については、http://rexegg.com/regex-capture.htmlを参照してください。

.*\.txt$

abcFile.xls

Example.jpg

File.doc

Myabc.txt

MyFile.abc

Myabc.txt

^

キャレットは、指定した文字をファイル名の先頭でマッチさせます。

^k

install.exe

kinstaller.exe

runkbot.bat

kinstaller.exe

|

パイプは、マッチさせる一連のオプションを区切ります。

run|install

install.exe

kinstaller.exe

runkbot.bat

install.exe

kinstaller.exe

runkbot.bat

$

ドルは、指定した文字をファイル名の末尾でマッチさせます。

bat$

install.exe

kinstaller.exe

runkbot.bat

runkbot.bat

?

疑問符は、直前の文字と0回または1回マッチします。

\.log10?$

a.log1

afile.txt3

app.log

appconf.log11

mylog.log10

a.log1

mylog.log10

*

アスタリスクは、直前の文字と0回以上マッチします。

\.log1*$

a.log1

afile.txt3

app.log

appconf.log11

mylog.log10

a.log1

app.log

appconf.log11

+

正符号は、直前の文字と1回以上マッチします。

ap+.*\.log

a.log1

afile.txt3

app.log

appconf.log11

mylog.log10

app.log

appconf.log11

[ ]

角かっこは、文字クラスを囲み、角かっこ内の任意の1文字とマッチします。

文字クラスの特殊文字のルールが通常の正規表現と異なります。

[123]

a.log1

afile.txt3

app.log

appconf.log11

mylog.log10

a.log1

afile.txt3

appconf.log11

mylog.log10

()

文字を丸かっこで囲むと、後方参照が作成され、前の文字または囲んだ文字、あるいはその両方とマッチします。

詳細については、http://rexegg.com/regex-capture.htmlを参照してください。

(p)\1

a.log1

afile.txt3

app.log

appconf.log11

mylog.log10

app.log

appconf.log11

{n}

中かっこは、指定した回数だけ直前の文字を繰り返します。ここで、nは1以上です。

{p}\.log$

a.log1

afile.txt3

app.log

appconf.log11

mylog.log10

app.log

正規表現ルールのリファレンス

正規表現ルールのリファレンス

正規表現ルールの構文は、他のファイルルールとはわずかに異なります。fullpath引数はファイルの場所への絶対パスにマッチする文字列ですが、ファイル名を含みません。ファイル名は、正規表現を使用して個別の引数として指定します。

次の表に、正規表現を使用できる一連のルールを示します。

構文

Win

RHEL

OS X

説明

FilenamesMatchingRegexExist (fullpath,regex)

X

X

X

指定したディレクトリ内のいずれかのファイルが正規表現を使用して入力したファイル名にマッチする場合は、trueが返されます。

FilenamesMatchingRegexGreaterThan (fullpath,regex,value)

X

X

X

マッチするファイルの数が指定した値より大きい場合は、trueが返されます。

FilenamesMatchingRegexLessThan (fullpath,regex,value)

X

X

X

マッチするファイルの数が指定した値より小さい場合は、trueが返されます。

FilenamesMatchingRegexEqual (fullpath,regex,value)

X

X

X

マッチするファイルの数が指定した値と同じ場合は、trueが返されます。

FilenamesMatchingRegexReturn (fullpath,regex,type)

X

X

X

カスタムインベントリフィールドにマッチしたファイル名(パスを含む)を設定します。

ルールでの引数の定義

ルールでの引数の定義

カスタムインベントリルールで引数を定義して、パス、ファイル、レジストリキー、レジストリエントリ、バージョン情報、環境変数、およびその他の属性を検索できます。

ルールの構文については、条件の確認(条件付きルール)デバイス(カスタムインベントリフィールド)からの値の取得、および正規表現を使用したファイル名のマッチの表を参照してください。

パスまたはファイルの検索

pathfullpathは、デバイス上のディレクトリまたはファイルへの絶対パスを指定する文字列です。例:

KACE SMA エージェントはディレクトリまたはファイルを見つけて、 特定のテストを行います。

レジストリキーとエントリの検索

registryPathは、レジストリ内のレジストリキーへの絶対パスを指定する文字列です。例:

バージョンの指定

version は、KACE SMA エージェントがデバイスでテストするアイテムのバージョンと比較する整数(型は TEXT)です。

例えば、FileVersionGreaterThanテストでは、指定した値がファイルまたはフォルダのバージョン番号より大きい場合は「true」が返され、それ以外の場合は「false」が返されます。

範囲をテストするには、Less ThanとGreater Thanのルールを次のように連結します。

環境またはユーザー変数の指定

varは、デバイス上の環境変数の実際の名前にマッチする文字列です。

例えば、Program Filesディレクトリ変数が正しく設定されていることをテストするには、次のように入力します。

ファイル属性の指定

attribute は、システムプロパティ、ファイル / フォルダのプロパティ、またはデバイス上で KACE SMA エージェントに割り当てられたプロパティです。アプライアンスには、オペレーティングシステムに依存した引数の型が用意されています。

Windowsファイル属性の使用

FileInfoGreaterThanFileInfoLessThanFileInfoEquals の各関数を使用して、Windows 上のファイルプロパティを次の構文でテストできます。


FunctionName (fullpath, attribute, type, value)

次の表に、Windowsでサポートされる属性を示します。

属性

タイプ

説明

AccessedDate

DATE

ファイルがアクセスされた前回の日時。

Comments

TEXT

診断目的に提供する追加の情報。

CompanyName

TEXT

ファイルを生成した会社の名前。

CreatedDate

DATE

ファイルが作成された日付。

FileBuildPart

NUMBER

ファイルのバージョンの3番目の数字。例:バージョン1.2.3の場合、3=ビルド。

FileDescription

TEXT

Windowsファイルプロパティの 詳細 ページのファイルの説明。

FileMajorPart

NUMBER

ファイルのバージョンの1番目の数字。例:バージョン1.2.3の場合、1=メジャー。

FileMinorPart

NUMBER

ファイルのバージョンの2番目の数字。例:バージョン1.2.3の場合、2=マイナー。

FileName

TEXT

ファイルの現在の名前。FileExistsも参照してください。

FilePrivatePart

NUMBER

ファイルのバージョンの4番目の数字。例:バージョン1.2.3.4の場合、4=プライベート。

FileVersion

TEXT

ファイルプロパティの 詳細 ページに表示された完全なファイルのバージョン。

FileVersionEquals、FileVersionGreaterThan、およびFileVersionLessThanも参照してください。

InternalName

TEXT

コンポーネント名などの、ファイルの内部名(存在する場合)。

ファイルに内部名がない場合、拡張子を省いた元のファイル名と同じです。

言語

TEXT

言語コード。ファイルプロパティの 詳細 ページに表示されている対応する名前です。

LegalCopyright

TEXT

ファイルに適用される著作権情報。

LegalTrademarks

TEXT

ファイルに適用される商標と登録商標。

ModifiedDate

DATE

ファイルが修正された前回の日時。

OriginalFilename

TEXT

デバイスに配置またはインストールされたときのファイルのフルネームを指定します。

PrivateBuild

TEXT

ファイルのバージョンに関する情報。

ProductBuildPart

NUMBER

製品のバージョンの3番目の数字。例:バージョン1.2.3の場合、3=ビルド。

ProductMajorPart

NUMBER

製品のバージョンの1番目の数字。例:バージョン1.2.3の場合、1=メジャー。

ProductMinorPart

NUMBER

製品のバージョンの2番目の数字。例:バージョン1.2.3の場合、2=マイナー。

ProductName

TEXT

Windowsのプロパティの製品名にマッチする文字列。

ProductPrivatePart

NUMBER

製品のバージョンの4番目の数字。例:バージョン1.2.3.4の場合、4=プライベート。

ProductVersion

TEXT

製品版。

ProductVersionEquals、ProductVersionGreaterThan、およびProductVersionLessThanも参照してください。

SpecialBuild

TEXT

ビルドに関する追加の情報。

LinuxとMacのファイル属性のテスト

LinuxデバイスとMacデバイス上で、次の引数を使用してファイル属性をテストできます。

属性

タイプ

説明

access_time

DATE

ユーザーまたはシステムがファイルに前回アクセスした時刻

block_size

NUMBER

ファイルのブロックサイズ

blocks

NUMBER

ファイルによって使用されているブロックの数

creation_time

DATE

ファイルが作成された時刻

device_number

NUMBER

ファイルが格納されているデバイス(ディスク)の識別番号

group

TEXT

ファイル所有者のグループ名

inode

NUMBER

ファイルのinode番号

modification_time

DATE

変更が前回加えられたか保存された時刻

number_links

NUMBER

ファイルへのハードリンクの数

owner

TEXT

ファイルを所有するユーザーの名前

size

NUMBER

ファイルのサイズ

データ型の指定

typeは、テストされるか返されるデータの型を識別します。

KACE SMA エージェントは次の型をサポートしています。

TEXT - 文字列です。Equalsのような条件付きルールで完全に一致する場合にのみ有効です。ValueReturnルールでは、「カスタムインベントリフィールド」のタイプが文字列に設定されるため、検索条件とフィルタはマッチ演算子に制限されます。
NUMBER - 整数です。すべての条件付きルールで有効なため、比較対象として整数を指定できます。
DATE - 必ず MM/dd/yyyy HH:mm:ss の形式にしてください。例:09/28/2006 05:03:51。時刻は必須です。例えばgreater thanのような比較で、少なくとも00:00:00として時刻を指定する必要があります。

テストする値の指定

バージョンルールでのようにデータ型が既知であるルールを除いて、valueは通常、typeに従います。指定する値は、型と一致している必要があります。詳細については、「データ型の指定」を参照してください。

レジストリエントリの名前の指定(Windowsのみ)

valueNameは、テストするレジストリエントリの名前にマッチする文字列です。Windowsデバイスのレジストリテストでのみ使用します。

PLISTキーの指定(Macのみ)

entryはNUMBER、TEXT、またはDATEのいずれかであり、Mac OS Xデバイス上のPLISTファイル内のキーにマッチします。必要なキーがPLISTファイル内のアレイ/辞書に含まれている場合、アレイ/辞書の名前/整数、区切りコロン、キーの名前/整数(dictionary:key)をentry引数に指定して参照できます。

引数の例:

PackageGroupsというアレイ内のキーItem 0は、引数にPackageGroups:0を使用して参照されます。
Item 102という辞書内のキーcontentTypeは、引数に102:contentTypeを使用して参照されます。

正規表現の使用

regexは、条件付きルールまたは値戻しルールでファイル名にマッチさせる正規表現です。詳細については、正規表現を使用したファイル名のマッチを参照してください。

コマンドの定義

シェルコマンド関数を使用すると、デバイスで実行するコマンドを指定できます。ルールの引数を記述するためのガイドラインはコマンドに適用されません。ただし、開始かっこの直後と終了かっこの直前のスペースはコマンドから削除されます。

カスタムインベントリルールのテスト

カスタムインベントリルールのテスト

カスタムインベントリルールをテストするために、KACE SMA エージェント管理対象デバイスでカスタムインベントリコマンドを実行することができます。この機能により、インベントリプロセス全体を実行せずにカスタムインベントリルールをデバッグできます。

2.

エージェントが KACE SMA に接続し、カスタムインベントリを実行します。クエリと戻り値が表示されます。

Related Documents