Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

名前とキーのアプライアンスへの追加

名前とキーのアプライアンスへの追加

アプライアンスでリンクを有効にした後、各アプライアンスでリンクを設定するには、リモートアプライアンスの KACEリンク ページからリンクキーを中央サイトにコピーして、リンク先アプライアンスにそのキーを貼り付ける必要があります。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に KACEリンク をクリックして KACEリンクを有効にする チェックボックスをオンにします。
リンク先アプライアンスの管理 オプションが コントロールパネル から使用できるようになります。
2.
アクションの選択 > 新規作成 の順に選択して、リンク先アプライアンスの追加 ページを表示します。
3.
ホスト名 に、リンク先アプライアンスのIPアドレスを入力します。
RSAとアプライアンスがリンクしている場合、ホスト名はRSAの ネットワーク設定 ページで設定したホスト名と一致する必要があります。
4.
リンクキー で、中央的な場所にコピーしたキーをリンク先アプライアンスに貼り付けます。
5.
保存 をクリックします。
6.
両方のリンクが作成されたら、リンク先アプライアンス詳細の編集 ページに移動し、接続のテスト をクリックして、2つのリンク先アプライアンス間の接続を確認します。
リンク先アプライアンス ページが表示されます。

アプライアンスに次回ログインすると、ページの右上隅にあるドロップダウンリスト(ログイン情報の隣)にリンク先アプライアンスが表示されます。別のアプライアンスに切り替えるには、切り替えるアプライアンスの名前をドロップダウンリストで選択してください。

リンク先アプライアンスを無効にする

リンク先アプライアンスを無効にする

必要に応じて、リンクを無効にできます。アプライアンスリンクを無効にした後でも、ログオフするまでは、リンクされたSDAまたはリモート(RSA)アプライアンス間での切り替えを継続できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に KACEリンク をクリックして KACEリンク ページを表示します。
2.
KACEリンクを有効にする チェックボックスをオフにします。
3.
保存 をクリックします。

アプライアンスの移行

アプライアンスの移行

設定とイメージをアプライアンス間で移行する場合は、アプライアンス移行ウィザード を使用して簡単に移行できます。これは、たとえば、仮想アプライアンス間でデータを迅速に移動する場合に便利です。

注: ソースとターゲットの KACE SDA の両方でリンクを有効にする必要がありますが、アプライアンス接続を設定する必要はありません。アプライアンス移行ウィザード では、アプライアンスを接続し、移行後にアプライアンスの接続を切断します。アプライアンスリンクの詳細については、「アプライアンスリンクの有効化」を参照してください。

アプライアンスデータの移行

アプライアンスデータの移行

アプライアンス移行ウィザード を使用すると、設定とイメージを KACE SDA 間で簡単に移動できます。移行は、関連するリモートサイトアプライアンス(RSA)では動作しません。ただし、ソースアプライアンスに関連付けられている RSA へのリンクはすべて、ターゲット KACE SDA に移行されます。ソースアプライアンスとターゲットアプライアンスは同じバージョンであることが必要です。この移行プロセスでは、ターゲットアプライアンスのすべてのデータが上書きされ、ソースアプライアンスのデータに置き換えられます。ターゲットアプライアンスのホスト名、IP アドレス、およびライセンスキーは、移行の影響を受けません。

2.
アプライアンスリンクが各アプライアンスで有効であることを確認します。アプライアンスリンクは、KACE リンク ページ、または アプライアンス移行ウィザード のリンクで有効にできます。アプライアンスリンクの詳細については、「Quest KACEアプライアンスのリンク」を参照してください。
3.
各アプライアンスの管理者コンソールの左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に アプライアンスの移行 をクリックして アプライアンス移行ウィザード を表示します。
4.
アプライアンスリンクが各アプライアンスで有効でない場合は、その旨がウィザードに表示されます。アプライアンス移行ウィザードKACE リンク をクリックし、KACE リンク ページを使用してアプライアンスリンクを有効にします。終了したら、アプライアンス移行ウィザード に戻り、移行を完了します。
a.
ソースアプライアンスの アプライアンス移行ウィザードアプライアンスの種類の選択 ページで、移行ソース を選択し、次へ をクリックします。
b.
ターゲットアプライアンスの アプライアンス移行ウィザードアプライアンスの種類の選択 ページで、移行ターゲット を選択し、次へ をクリックします。
a.
ソースアプライアンスの アプライアンス移行ウィザードソースキーのコピー ページで、キーをコピーするフィールドを左クリックし、次へ をクリックします。
b.
ターゲットアプライアンスの アプライアンス移行ウィザードソースキーの適用 ページで、キーをフィールドに貼り付け、次へ をクリックします。
c.
ターゲットアプライアンスの ターゲット キーのコピー ページで、キーをコピーするフィールドを左クリックし、次へ をクリックします。
d.
ソースアプライアンスの ターゲット キーの適用 ページで、フィールドにキーを貼り付け、次へ をクリックします。
7.
ターゲットアプライアンスの アプライアンス移行ウィザード移行の承認 ページで、移行の承認 をクリックします。
a.
ターゲット アプライアンスの アプライアンス移行ウィザード移行の承認 ページで、移行の承認 をクリックします。
b.
表示される 確認 ダイアログボックスで、はい をクリックします。
a.
ソースアプライアンスの アプライアンス移行ウィザード移行の開始 ページで、移行の開始 をクリックします。
b.
表示される 確認 ダイアログボックスで、はい をクリックします。
ソースアプライアンスが移行モードになります。ブラウザのウィンドウに SDA 移行 ページが表示されます。移行プロセスのログがアプライアンスごとに表示されます。このログの内容は、プロセスの各終了時に何が起こるかを反映しているため、アプライアンスごとに異なります。移行プロセスが完了すると、ターゲットアプライアンスが再起動し、ログインページが表示されます。
Related Documents