Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

基本的なアプライアンスデータ使用率の共有

基本的なアプライアンスデータ使用率の共有

Questとアプライアンス使用率サマリデータを共有するか、基本的なアプライアンス使用率データのみを共有するようにアプライアンスを設定できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に 一般設定 をクリックして 一般設定 ページを表示します。
2.
Questと共有する で、最初のチェックボックスハードウェア、ソフトウェア、およびアプライアンスの使用率サマリデータをQuestと共有する をオフにします。
最初のチェックボックスをオフにすると、2番目のチェックボックス詳細な使用率データとクラッシュレポートを共有する(ITNinjaコミュニティ機能で必要) が自動的に無効になります。
3.
保存 をクリックします。
サーバーフィールド: MACアドレス、会社名、シリアルナンバー、モデル、ネットワークアドレス(外部カスタマ)、ネットワークアドレス(内部カスタマ)。
ライセンス: 製品バージョン、有効なモジュール、ノード数、およびライセンスキー。

詳細な使用率データの共有

詳細な使用率データの共有

アプライアンスの詳細な使用率データを共有することにより、Questでは、お客様の環境で製品がどのように稼働しているかを理解することができます。これによって、問題のトラブルシューティングに役立つより多くの情報をサポートチームに提供できるほか、製品の改善にも役立ちます。

ITNinjaコミュニティとの統合には、すべてのレベルのデータに対するアクセスが必要です。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に 一般設定 をクリックして 一般設定 ページを表示します。
2.
Questと共有する で、最初の2つのチェックボックス(ハードウェア、ソフトウェア、およびアプライアンスの使用率サマリデータをQuestと共有する詳細な使用率データとクラッシュレポートを共有する(ITNinjaコミュニティ機能で必要))をオンにします。
3.
保存 をクリックします。

Quest KACEアプライアンスのリンク

Quest KACEアプライアンスのリンク

複数のQuest KACEアプライアンスがある場合は、これらのアプライアンスをリンクできます。アプライアンスをリンクすることで、管理者コンソールの右上隅にあるドロップダウンリストから1つのアプライアンスにログインしたり、各アプライアンスに個別にログインすることなく、リンクされたすべてのアプライアンスにアクセスしたりできます。

各Kシリーズアプライアンスでリンクを有効にして、各アプライアンスでリンク接続の名前およびキーなどを設定する必要があります。追加するアプライアンスでSSLが有効になっている場合は、SSLを使用して正常な接続を確立します。

リモートサイトアプライアンス(RSA)にリンクすることで、アプライアンスのリンク相手としてRSAを確立します。これにより、リモートサイトで使用するコンポーネントを同期できます。また、ネットワーク起動、システムイメージおよびスクリプト形式のインストールの展開、リモートサイトのデバイスへのユーザープロファイルの移行を実行できます。

リンク先アプライアンス間では、リソースまたはコンポーネントは転送できません。詳細については、アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポートを参照してください。

アプライアンスリンクの有効化

アプライアンスリンクの有効化

各アプライアンスの管理者ユーザーアカウントのパスワードが同じであれば、リンクを有効にして1つのアプライアンスにログインし、1つの管理者コンソールから複数のリンク先KACE SMA(システム管理アプライアンス)、KACE SDA、またはリモート(RSA)アプライアンスにアクセスできます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に KACEリンク をクリックして KACEリンク ページを表示します。
2.
KACEリンクを有効にする チェックボックスをオンにして、接続設定を表示します。
3.
ホスト名 で、このKACE SDAまたはリモート(RSA)アプライアンスを識別する固有のロジカルネームを入力します。アプライアンスがリンクされている場合、この名前がページの右上隅にあるドロップダウンリスト(ログイン情報の隣)に表示されます。
4.
リモートログインの有効期限 に、リンクを開いたままにする期間を分単位で入力します。この期間が終了した後にリンク先アプライアンスに切り替える場合は、ログイン資格情報を入力します。デフォルトは120分です。
5.
要求タイムアウト に、リンク先アプライアンスがリンク要求に応答するまで、このアプライアンスが待機する時間を秒単位で入力します。デフォルトは10秒です。
6.
保存 をクリックします。
KACEリンクキーフィンガープリント KACEリンクキー(このサーバー) が表示されます。
7.
ホスト名 フィールドのテキストと KACE リンクキー(このサーバ) フィールドのテキストをコピーして、メモ帳ファイルなどの中央の 1 つの場所に貼り付けます。
ヒント: リンクキーをコピーするには、KACE リンクキー(このサーバ) の内容をそのままクリックします。テキストが正常にコピーされたことを示すメッセージがフィールドの下部に短時間表示されます。
メモ帳に貼り付けるテキストは、1つのアプライアンスの 名前 および キー からコピーして、別のリンク先アプライアンスの対応するフィールドに貼り付けるテキストです。

リンクを有効にしたすべてのアプライアンスに対して、名前とキーを追加します。詳細については、名前とキーのアプライアンスへの追加を参照してください。

注: 各KACE SMAにはデフォルトの組織があらかじめ設定されています(名前はデフォルトです)。ご使用のKACE SDAがKACE SMA上のデフォルト組織とリンクされていて、組織名が変更される場合、新しい組織名を指定する必要があります。
1.
左側のナビゲーションペインで、設定 > コントロール パネル > リンク先アプライアンス をクリックします。
2.
表示される リンク先アプライアンス ページで、リンク先のKACE SMAの名前またはIPアドレスをクリックします。
3.
表示される リンク先アプライアンス詳細の編集 ページの デフォルト組織名 フィールドに組織名を入力し、保存 をクリックします。
Related Documents