Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

アプライアンスソフトウェアの更新

アプライアンスソフトウェア更新を確認してインストールできます。アプライアンスを更新する場合、ブート環境、起動マネージャ、およびデフォルトのブートアクションなどのカスタム設定は保持されます。KACE SDAソフトウェアを更新するたびに、リモートサイトアプライアンス(RSA)OVFイメージを更新します。

アプライアンスバージョンの表示

アプライアンスバージョンの表示

すべてのページで、KACE SDAのバージョンを表示できます。また、アプライアンスソフトウェアの更新を アプライアンスのメンテナンス ページで確認および適用できます。

次のいずれかの方法を使用して、アプライアンスバージョンを表示します。

1.
左下隅の KACE SDAについて リンクをクリックして、バージョンと著作権情報を表示します。
1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に アプライアンスのメンテナンス をクリックして アプライアンスのメンテナンス ページを表示します。
注: ライセンスの有効期限が切れると、ページ上部にライセンスを更新するよう指示するメッセージが表示されます。このページの ライセンスのメンテナンスステータス フィールドには、ライセンスの状態が示されます。ライセンスを更新するには、KACE の営業担当者から新しいキーを入手し、登録とライセンス ページで更新します。
2.
SDA アプライアンスの更新 > 現在のバージョン の下にある現在のソフトウェアバージョン番号を確認します。

自動更新の確認および適用

自動更新の確認および適用

より新しいバージョンのアプライアンスソフトウェアが使用できるかどうかを確認できます。

アップグレードする前にアプライアンスを再起動します。KACE SDAの以前のバージョンをお使いの場合は、インストールに進む前に、最小バージョンにアップグレードし、SSHを有効にする必要があります。RSAを使用している場合、RSA OVFイメージを最新のバージョンにアップグレードします。アプライアンスでソフトウェア更新を適用するには、インターネットアクセスが必要です。

一部の更新は適用に数時間かかります。また、完了後にアプライアンスの再起動が必要なことがあります。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に アプライアンスのメンテナンス をクリックして アプライアンスのメンテナンス ページを表示します。
注: アプライアンスは、ライセンスが最新の場合にのみアップデートできます。ライセンスの有効期限が切れると、ページ上部にライセンスを更新するよう指示するメッセージが表示されます。このページの ライセンスのメンテナンスステータス フィールドには、ライセンスの状態が示されます。ライセンスを更新するには、KACE の営業担当者から新しいキーを入手し、登録とライセンス ページで更新します。
2.
KACE SDAアップデート セクションには、アプライアンスソフトウェアのステータスが表示されます。ソフトウェアが最新ではない場合、自動更新 で、サーバーの更新の確認 をクリックします。
アプライアンスライセンスの有効期限が切れている場合は、ステータスの更新 フィールドに新しいライセンスを取得し、登録するように指示するメッセージが表示されます。このためには、KACE の営業担当者に新しいキーをリクエストし、登録とライセンス ページに入力します。

アプライアンスの手動更新

アプライアンスの手動更新

アプライアンスがインターネットにアクセスできない場合は、アプライアンスソフトウェアとデータベースに対してパッチと更新を手動で適用できます。

最新のkbinファイルを、アプライアンスからアクセスできるデバイスにダウンロードします。アップグレードする前にアプライアンスを再起動します。SDAの以前のバージョンをお使いの場合は、インストールに進む前に、最小バージョンにアップグレードし、SSHを有効にする必要があります。SDAソフトウェアを更新するたびに、RSA OVFイメージを更新します。

一部の更新は完了するまで数時間かかります。また、完了後にアプライアンスの再起動が必要なことがあります。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に アプライアンスのメンテナンス をクリックして アプライアンスのメンテナンス ページを表示します。
注: アプライアンスは、ライセンスが最新の場合にのみアップデートできます。ライセンスの有効期限が切れると、ページ上部にライセンスを更新するよう指示するメッセージが表示されます。このページの ライセンスのメンテナンスステータス フィールドには、ライセンスの状態が示されます。ライセンスを更新するには、KACE の営業担当者から新しいキーを入手し、登録とライセンス ページで更新します。
2.
アプライアンスの更新 セクションの 手動更新 で、更新ファイルを選択します。
3.
サーバの更新 をクリックします。
アプライアンスライセンスの有効期限が切れている場合、サーバを更新しようとすると、上記の手順で説明したように、メンテナンスの有効期限が切れています というメッセージボックスが表示されます。それ以外の場合は、KACE アプライアンスアップグレードコンソールページ が開き、アップグレードログが表示されます。
アップグレードプロセスにより PXE Linux が削除されるため、K2000.0 および kbox2000.0 ファイルは削除されます。アップグレードの後、新しいファイル undionly.kpxe および ipxe.efi を使用して、DHCP の設定を更新する必要があります。

更新が適用されます。

Related Documents