Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

アプライアンスの問題のトラブルシューティング

KACE SDAサポートポータルにアクセスして、アプライアンスへのサポートチームのtetherを要求できます。また、起動マネージャのテスト、デバイスの回復、およびログファイルのダウンロードを管理者コンソールから行うことができ、これらはトラブルシューティングの際に役立ちます。

また、KACE SDAのデータベースを照会するユーティリティであるKACE SDA Advisorをダウンロードして、アプライアンスについての情報を収集してHTMLレポートにまとめることができ、データの収集またはKACE SDAのトラブルシューティングに役立てることができます。詳細について参照する場合、またはKACE SDA Advisorをダウンロードする場合は、http://www.itninja.com/blog/view/k2-advisorに移動してください。

ネットワーク上でのデバイス接続のテスト

ネットワーク上でのデバイス接続のテスト

pingプログラムを使用して、ネットワーク接続をテストできます。

1.
左側のナビゲーションペインで、サポート をクリックして、KACEサポートポータル パネルを表示します。
2.
トラブルシューティング をクリックして、サポートトラブルシューティングツール ページを表示します。
3.
ツール ドロップダウンリストから、ping を選択します。
4.
デバイスのIPアドレスを入力して、テスト をクリックします。
5.
オプション)必要に応じて、他のプログラムを使用します。そのプログラムをドロップダウンリストから選択して、テスト をクリックするだけです。
nslookup:多くのコンピューターオペレーティングシステムで、ドメイン名や IP アドレスマッピングを取得するためのドメインネームシステムの照会用、または他の特定の DNS レコード用に使用できる、ネットワーク管理コマンドラインツールです。
arp:アドレス解決プロトコル(arp)は、所定の IPv4 アドレスに関連付けられたリンクレイヤーアドレスの検出に使用される通信プロトコルで、インターネットプロトコルスイートの重要な機能です。
dig:ドメインネームシステムサーバを照会するためのネットワーク管理コマンドラインツールです。dig は、ネットワークのトラブルシューティングおよび教育用に役立ちます。
ifconfig:UNIX 系オペレーティングシステムのネットワークインターフェイス設定用のシステム管理ユーティリティです。このユーティリティはコマンドラインインターフェイスツールで、多くのオペレーティングシステムのシステムスタートアップスクリプトでも使用されます。
iostat:オペレーティングシステムストレージの入出力統計の収集および表示に使用される、コンピューターシステム監視ツールです。
traceroute:インターネットプロトコルネットワーク経由のパケットの経路を表示し、転送遅延を測定するための、コンピューターネットワーク診断ツールです。
curl:cURL は、各種のプロトコルを使用してデータを転送するためのライブラリおよびコマンドラインツールを提供する、コンピューターソフトウェアプロジェクトです。cURL プロジェクトでは、libcurl と cURL の 2 つの製品を生み出しています。
Service Status:アプライアンスで実行されているサービスのリストを表示します。
showmount:特定の IP アドレスで使用可能な共有を表示します。
tcpdump:コマンドラインで実行される一般的なパケットアナライザです。このプログラムを使用すると、コンピューターが接続されているネットワーク経由で送受信される TCP/IP パケットや他のパケットを表示できます。
netcat:TCP または UDP を使用してネットワーク接続に対する読み取り / 書き込みを行うためのコンピューターネットワークユーティリティです。Netcat は、直接使用することも、他のプログラムやスクリプトから簡単に操作することもできる、信頼性の高いバックエンドとして設計されています。
Display Free Disk Space:アプライアンスで使用可能なディスク容量を表示します。
database:データベースの応答メトリックを提供します。
netstat:伝送制御プロトコル(TCP:着信と送信の両方)のネットワーク接続、ルーティングテーブル、およびいくつかのネットワークインターフェイス(ネットワークインターフェイスコントローラまたはソフトウェアデファインドネットワークインターフェイス)とネットワークプロトコル統計を表示します。
smbstatus:Samba のステータスと現在の Samba 接続のリストを表示する非常にシンプルなプログラムです。
smbversion:Samba のバージョンを表示します。
top:多くの UNIX 系オペレーティングシステムに備わっているタスクマネージャプログラムです。ユーザーが指定した条件によって選択された実行中のプロセスの順序付きリストを生成して、定期的に更新します。

Quest KACEテクニカルサポートへのtetherを有効にする

Quest KACEテクニカルサポートへのtetherを有効にする

Questサポートポータルにアクセスして、アプライアンスへのtetherを要求し、Quest KACEテクニカルサポートが問題をトラブルシューティングできるようにすることができます。

https://support.quest.com/contact-supportでQuest KACEテクニカルサポートに問い合わせて、tetherキーを取得します。

セキュリティを確保するために、サポートチームがアプライアンスへのリモートアクセスを有効にすることを承認した後で、アプライアンスへのリモートアクセスを有効にします。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に セキュリティ をクリックして セキュリティ設定 ページを表示します。
2.
SSHルートログインの許可(KACEサポート) チェックボックスをオンにします。
3.
保存 をクリックします。
4.
左側のナビゲーションペインで、サポート をクリックして、KACEサポートポータル パネルを表示します。
5.
Quest KACEへの問い合わせ で、tetherキーの入力 をクリックして、Support Tetherキー ページを表示します。

このプロセスが失敗した場合は、tether を有効にする を選択し、指示に従って tether キーを入力します。保存 をクリックします。

テクニカルサポートから提供される tether キーを使用するには、すでに tether キーを保持している をクリックし、tether を有効にする を選択して、指示に従って tether キーを入力します。保存 をクリックします。

これでQuest KACEテクニカルサポートがアプライアンスにリモートアクセスできるようになりました。

サポートチケットを開く

サポートチケットを開く

アプライアンス内からサポートチケットを開くことにより、アプライアンス関連の問題をトラブルシューティングするための詳細情報の入力、バグレポートの送信、および機能拡張の要求を行うことができます。

1.
左側のナビゲーションペインで、サポート をクリックして、KACEサポートポータル パネルを表示します。
2.
Quest KACEへの問い合わせ で、チケットの送信 をクリックして、新しいサポートチケット ページを表示します。
3.
必要な情報を入力し、送信 をクリックします。
Related Documents