Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

エクスポート対象のコンポーネントのパッケージ

エクスポート対象のコンポーネントのパッケージ

ドライバ、ネットワークインベントリ、ブート環境、およびタスクなど、KACE SDAに格納されているコンポーネントを、別のネットワーク上の場所にエクスポートできます。また、システムイメージをリモートサイトアプライアンス(RSA)からエクスポートすることもできます。この機能は、コンポーネントをバックアップおよび復元するのに役立ちます。

データベースはエクスポートできますが、再インポートすることはできません。KACE SDAからコンポーネントをエクスポートする処理は内部タスクにより実行されるので、ドライバの再キャッシュ、スクリプト形式のインストールの作成、またはブート環境の再構築など他の内部タスクと並行して実行することはできません。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に パッケージ管理 をクリックして パッケージ管理 ページを表示します。
2.
SDAパッケージのエクスポート をクリックして、エクスポートリスト ページを表示します。

選択したエクスポートアイテムは圧縮されて、\[KACE_SDA|RSA]_hostname\restore共有ディレクトリに保存されます。選択したコンポーネントごとに、.pkgファイルが作成されます。

4.
アクションの選択 > 選択内容をエクスポート を選択します。

パッケージングプロセスが開始されます。パッケージのエクスポートは、ファイルのサイズにより、数分で完了することもあれば、数時間かかることもあります。各エクスポートが完了すると、ステータス 列に完了したことが表示されます。

注: 各コンポーネントの隣のステータス列に 完了しました または エクスポートしています が表示され、右上隅の 現在: ステータスに アイドル が表示される場合は、Quest KACEテクニカルサポートに問い合わせて、tetherを通してKACE SDAにアクセスし、エラーを解消するように依頼してください。

パッケージファイル名

パッケージファイル名

KACE SDA またはリモートサイトアプライアンス(RSA)のコンポーネントを、パッケージにインポートまたはエクスポートできます。次の構文規則が、パッケージファイル名に適用されます。特定のコンポーネントを迅速に見つけることができるように、アプライアンスのパッケージをインポートまたはエクスポートするときには、これらのガイドラインに従います。

ファイルの内容

ファイル名

ファイル拡張子

プレフィックス

構文

プレインストールタスク

PR

PR<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

PR33_1519839187_5248.pkg

中レベルのインストールタスク

MI

MI<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

MI26_1519792380_3567.pkg

ポストインストールタスク

PO

PO<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

PO17_1519831620_4922.pkg

データベースパッケージ

DB

DB<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

DB12_1519822800_1546.pkg

KImage

KI

KI<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

KI56_1519827865_4213.pkg

スクリプト形式のインストール

SI

SI<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

SI59_1519834064_2984.pkg

ドライバパッケージ

DR

DR<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

DR15_1519823348_3284.pkg

ネットワークインベントリパッケージ

NI

NI<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

NI36_1519814733_1976.pkg

カスタム展開

CU

CU<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

CU88_1519794461_5889.pkg

ブート環境

BE

BE<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

BE52_1519798711_2802.pkg

ネットワークスキャン

NS

NS<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

NS37_1519818962_3011.pkg

ユーザー状態

US

US<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

US27_1519805822_2846.pkg

タスクグループ

TG

TG<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

TG16_1519811097_1390.pkg

USMT(ユーザー状態移行ツール)スキャンテンプレート

ST

ST<ID><Unix_time_stamp>_<microseconds>

.pkg

ST39_1519808167_5225.pkg

ディスク容量の管理

アプライアンスの ダッシュボード で、ディスク使用率 円グラフを表示して、KACE SDAで使用可能なストレージ領域を検証できます。KACE SDA のデータをオフボードストレージデバイスに移行して、仮想 KACE SDA またはリモートサイトアプライアンス(RSA)に保存されたデータを追加の仮想ディスクに移行することで、ディスク領域を解放できます。また、不要なイメージ、ブート環境、ソースメディア、およびタスクを削除することもできます。

使用可能なディスク容量の確認

使用可能なディスク容量の確認

アプライアンスがパフォーマンスを最大に発揮するには、約20 %の空き領域が必要です。ダッシュボード ディスク使用率 円グラフで、使用可能なディスク領域を検証できます。

1.
ダッシュボード に移動します。
ディスク使用率 に、ストレージ情報の円グラフビューが表示されます。この円グラフビューは、ストレージがオフボードの場合、10分および60分ごとに更新されます。
Related Documents