Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

カスタム展開の作成または変更

カスタム展開の作成または変更

Windows のカスタム展開を作成または変更して、ターゲットデバイスで 1 つまたは複数の特定のタスクを実行できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックし、次に カスタム展開 をクリックして、カスタム展開 ページを表示します。
カスタム展開 ページでカスタム展開名をクリックし、選択したアイテムの カスタム展開の詳細 ページを表示します。
カスタム展開 ページで アクションの選択 > 新規作成 の順にクリックして、新しいカスタム展開を作成します。
3.
カスタム展開の詳細 ページの カスタム展開名 フィールドに、このカスタム展開に割り当てる名前を入力します。
4.
アーキテクチャ をクリックして、必要に応じてターゲットシステムのアーキテクチャを選択します。
5.
オプションメモ フィールドに、このカスタム展開に関する追加情報を入力します。
6.
タスクのエラー処理 をクリックして、タスクの実行中にエラーが発生した場合の処理方法を指定します。必要に応じて、エラー発生時に操作を続行 または エラー発生時のプロンプト を選択できます。詳細については、タスクのエラー処理オプションの設定を参照してください。
7.
展開オプション で、必要に応じて次のオプションのいずれかを選択します。
エラー発生時に操作を続行:警告や致命的なエラーが発生しても、キャプチャとアップロードプロセスを続行する場合は、このオプションを選択します。
最後のタスクの完了後にターゲットデバイスをシャットダウン:イメージがインストールされたらターゲットデバイスをオフにする場合に選択します。

Macデバイスのイメージ作成

KACE SDAでは、イメージのキャプチャとユニキャスト展開の実行を可能にするKACE SDAイメージングユーティリティが提供されています。ネットワーク設定がマルチキャストルーティングをサポートしている場合は、KACEシステム展開アプライアンス管理者コンソールからマルチキャスト展開を実行できます。

KACE SDAメディアマネージャを使用すると、KACE SDAがメモリに読み込む、Mac OS XハードディスクのNetBootイメージを作成できます。NetBootイメージを使用すると、展開用のシステムイメージとしてイメージをキャプチャできます。内蔵NetBootサーバーを使用すると、KACE SDAと同じサブネット上に存在するMacデバイスにネットワーク経由でイメージを展開できます。KACE SDAリモートサイトアプライアンス(RSA)を使用して、別のサブネット上に存在するデバイスでイメージを起動できます。これは、RSAがアプライアンスとの間で同期されている場合に限ります。

Mac OS X展開では、ユーザープロファイルの移行、スクリプト形式のインストール、およびドライバ共有とドライバ互換性レポートはサポートされません。

Mac OS X用のメディアマネージャのダウンロード

Mac OS X用のメディアマネージャのダウンロード

Mac OS X用のKACE SDAメディアマネージャをアプライアンスからデバイスにダウンロードしてインストールできます。ただし、デバイスの管理者アカウントを使用する必要があります。メディアマネージャはMac OS XインストールメディアをKACE SDAにアップロードし、Macデバイスをアプライアンスで起動するためのイメージとNetBoot環境を作成します。

メディアマネージャをKACE SDAにアップロードする必要のあるソースメディアと共にデバイスにダウンロードします。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ソースメディア をクリックして ソースメディア ページを表示します。
2.
アクションの選択 > メディアマネージャのダウンロード の順に選択して、メディアマネージャ ページを表示します。
3.
Mac OS X用のダウンロード をクリックします。
メディアマネージャが ダウンロード フォルダにダウンロードされます。
4.
Macから システム環境設定 を選択し、次に セキュリティとプライバシー をクリックおよびアンロックして、変更を行います。
5.
一般 タブを選択し、ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:すべてのアプリケーションを許可 チェックボックスをオンにします。
6.
メディアマネージャ アプリケーションをクリックして実行します。

NetBoot環境イメージの作成

NetBoot環境イメージの作成

Mac OS X用のKACE SDAメディアマネージャを使用してNetBoot環境イメージを作成し、Macデバイスをアプライアンスで起動できます。

時刻の同期をオフにした状態でデバイスを再起動します。NetBootイメージ作成時のエラーを解決する方法の詳細については、https://support.quest.com/kb/125875を参照してください。

1.
メディアマネージャを開いて、NetBootイメージの作成 をクリックします。
2.
KACE SDAホスト名 に、アプライアンスのホスト名またはIPアドレスを入力します。
3.
ソースメディアの名前 に、Mac OSバージョンを識別する名前を割り当てます。
4.
バージョン10.12、10.11、10.10、および10.9のみソースメディアパス参照 をクリックし、Mac OS Xのインストールソースメディアに移動し、KACE SDAにアップロードします。例:/Applications/Install OS X Yosemite.app
a.
OS X Mavericks.appのインストール を右クリックしてから、パッケージコンテンツの表示 をクリックします。
b.
コンテンツ > SharedSupport に移動し、InstallESD.dmg をダブルクリックして、イメージをデスクトップにマウントします。
c.
ソースメディアのパス で、参照 をクリックしてマウントされたInstallESDボリュームに移動します。
6.
OS X Mavericks.appのインストール を右クリックしてから、パッケージコンテンツの表示 をクリックします。
7.
コンテンツ > SharedSupport に移動し、InstallESD.dmg をダブルクリックして、イメージをデスクトップにマウントします。
デスクトップに OS X Install ESD アイコンが表示されます。
8.
NetBootパスワード にパスワードを入力し、パスワードの確認入力 にパスワードを再入力します。
9.
構築の開始 をクリックします。
NetBootイメージのアップロードが完了すると、イメージが作成され、ソースメディア ページと ブート環境 ページで使用できるようになります。
Related Documents