Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

USBデバイスドライバディレクトリの作成

USBデバイスドライバディレクトリの作成

USBデバイスは、KACE SDAの共有ディレクトリのドライバに対して接続およびマウントを行いません。USBデバイスにdrivers共有ディレクトリ構造を手動で作成して、アプライアンスのdrivers共有ディレクトリのコンテンツをUSBデバイスにコピーできます。

バージョン3.6以上の場合:

1.
usb:\KACE\を参照し、drivers_postinstallディレクトリが存在することを確認します。存在しない場合、drivers_postinstallディレクトリを作成します。
2.
アプライアンスのdrivers_postinstall共有ディレクトリ(例えば、\\KACE_SDA\drivers_postinstall
3.
feed_toolsディレクトリのコンテンツをKACE SDAのdrivers_postinstallディレクトリからUSBデバイスのdrivers_postinstallディレクトリにコピーします。

USBイメージへのドライバの追加

USBイメージへのドライバの追加

イメージをUSBデバイスから展開し、デバイスがアプライアンスのdrivers_postinstall共有ディレクトリに対して接続およびマウントを行っていない場合、ドライバをUSBデバイスに手動でコピーできます。これを行うには、ドライバをアプライアンスにインポートし、ドライバを追加するための中レベルのポストインストールタスクを作成します。

USBイメージ展開へのドライバの追加の詳細については、https://support.quest.com/kb/SOL111365を参照してから、KACEシステム展開アプライアンス管理者コンソールにログインしてください。
1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に パッケージ管理 をクリックして KACE SDAパッケージのインポート をクリックします。
3.
アクションの選択 > 選択内容をインポート の順に選択します。
4.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックし、次に システムイメージ をクリックして、システムイメージ ページを表示します。
5.
イメージを選択して、システムイメージ詳細 ページを表示します。
6.
インストールプラン で、ドライバに追加するために作成したタスクを 使用可能な中レベルのタスク 列から 中レベルのタスクを実行する 列に移動します。
8.
保存 をクリックします。

ブート環境を起動可能なISOファイルとしてダウンロード

ブート環境を起動可能なISOファイルとしてダウンロード

KACEブート環境(KBE)用またはNetBoot環境用の起動可能なISOをUSBフラッシュドライブにダウンロードできます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックし、次に ブート環境 をクリックして、ブート環境 ページを表示します。
3.
このブート環境用の起動可能なUSBフラッシュドライブイメージの作成 チェックボックスをオンにして、ファイルを保存します。
このプロセスは起動可能なUSBイメージを作成し、ステータス完了しました と表示します。
4.
ブート環境詳細 ページで この起動環境用の起動可能なUSBフラッシュドライブイメージのダウンロード を選択します。
5.
オプション)この環境を起動する方法を指定します。
ユーザーが memdisk ユーティリティを使用してPXEブートを選択するようにする場合は、BIOSクライアントのこのブート環境をMemdiskを使用して起動 を選択します。レガシーBIOSブート環境で、PXEブートを有効にする場合は、このオプションを使用します。
6.
このブート環境用の起動可能なISOのダウンロード をクリックして、ダウンロードを開始します。

ターゲットデバイスのネットワーク起動

ターゲットデバイスのネットワーク起動

ターゲットデバイスをKACEブート環境(KBE)でネットワーク起動し、KBEのメインメニューにアクセスして、オペレーティングシステムを手動で展開する必要があります。

ローカルデバイスの場合は、ターゲットデバイスでBIOSに移動して、ネットワークコントローラ を選択し、ターゲットデバイスをKBEでネットワーク起動します。
グラフィカルメニュー: 矢印キーを使用してオプションを選択できます。
テキストメニュー: 内蔵グラフィックスには対応していないが方向キーの使用に対応している古いNICをサポートしています。
基本メニュー: 内蔵グラフィックスに対応しておらず矢印キーを認識できないNICをサポートしています。
Related Documents