Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

展開オプションの指定

展開オプションの指定

システムイメージ詳細 ページでは、イメージ設定の表示、ブートアクションの追加、イメージに関連付けられたログファイルのダウンロード、およびアプライアンスでのエラー対応方法のオプションの設定を行うことができます。また、展開オプションを指定することもできます。

1.
展開 で、表示する展開を選択して、システムイメージ詳細 ページを表示します。
2.
展開オプション で、必要に応じて次のオプションのいずれかを選択します。
サーバから直接展開:この WIM イメージをサーバから直接展開する場合は、このオプションを選択します。また、サーバに直接キャプチャされた WIM イメージは、サーバから直接展開する必要もあります。この場合、このオプションは選択された状態で表示され、変更することはできません。
エラー発生時に操作を続行:警告や致命的なエラーが発生しても、キャプチャとアップロードプロセスを続行する場合は、このオプションを選択します。
ログにデバッグ出力を含める:デバッグレベルのログ記録を有効にし、ログを アプライアンスログ ページにアップロードする場合に選択します。
ドライバフィードを使用(Sysprep を実行済みのイメージでのみ):Sysprep を実行済みのシステムイメージ用の ドライバフィード を有効にして、不足しているドライバを取得する場合に選択します。詳細については、システムイメージ用のドライバフィードを有効にするを参照してください。Windows K-Image および WIM イメージの場合、システムイメージ詳細 ページの Sysprep 実行済み フィールドに、イメージで sysprep が実行済みかどうかが示されます。
最後のタスクの完了後にターゲットデバイスをシャットダウン:イメージがインストールされたらターゲットデバイスをオフにする場合に選択します。
アプライアンスで無人ファイルの自動ログオン数を計算できるようにする:アプライアンスでインストール時に実行される自動ログオンの試行回数を計算できるようにする場合は、このオプションを選択します。自動ログオンの試行回数は Unattend.XML ファイルに書き込まれます。このファイルには、Windows システムセットアップのパラメータが含まれています。このオプションを有効にした場合、アプライアンスでは、インストールプランに含まれるタスクで指定されたシステム再起動回数を追加して自動ログオン回数を計算します。
自動ログオン回数の設定(変更しない場合は空白のままにしておきます):システムのインストール時に実行する自動ログオンの試行回数を制限する場合は、このオプションを選択します。0~99 の値を入力できます。

展開のスケジュール

展開のスケジュール

1台または複数台のデバイスに対して、システムイメージまたはスクリプト形式のインストール展開を後で実行するようにスケジュールできます。また、同一のデバイスに複数の展開をスケジュールすることもできます。Mac OS Xのイメージ展開を後で実行するようにスケジュールすることはできません。

展開をスケジュールするときに、デバイスを追加または削除できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックして、自動展開 ページを表示します。
2.
アクションの選択 > 新しいブートアクション の順に選択するか、既存のブートアクションを選択して、自動展開の詳細 ページを表示します。
3.
オプション > スケジュール で、次のいずれかを選択して展開を実行します。
a.
次のブートで実行する: 次のネットワーク起動で展開を開始します。
b.
後で実行するようにスケジュールする: 日付と時刻を指定します。一度実行:(日)、特定時刻に実行:H(時)、M(分)。繰り返し実行する を選択すると、指定した時間に展開が毎日実行されます。
4.
保存 をクリックします。

ブートアクションの削除

ブートアクションの削除

ブートアクションが不要になった場合またはディスク領域を節約するために、ブートアクション展開を削除できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックして、自動展開 ページを表示します。
3.
アクションの選択 > 削除 の順に選択します。
4.
はい をクリックして確定します。

マルチキャストWIMイメージの展開の作成

マルチキャストWIMイメージの展開の作成

WIMイメージのマルチキャスト展開を作成して、1つのイメージを複数のデバイスに同時に送信できます。ネットワーク上のルーターがマルチキャストに対応し、ターゲットデバイスのハードディスクにイメージを保持するための空き領域がある場合は、マルチキャスト展開によりネットワーク帯域幅が削減されます。マルチキャスト展開でサポートされているのは、シングルパーティションイメージだけです。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックして、自動展開 ページを表示します。
2.
名前 で、リストから展開を選択して、自動展開の詳細 ページを表示します。リストに展開が表示されない場合は、ブートアクションの作成および展開のスケジュールを参照してください。
3.
オプションブートアクションの詳細 で、ブートアクションを識別するために、名前を変更するか、メモを追加します。
4.
オプション > タイプマルチキャスト を選択します。
オプション高度な設定の表示 をクリックして、この展開用にデフォルトのマルチキャスト設定を変更します。すべてのマルチキャスト展開の設定を変更するには、デフォルトマルチキャスト設定の編集を参照してください。
5.
デバイス > 選択したデバイス で、MACアドレスをクリックするか選択します。複数のMACアドレスの貼り付け を選択して複数のアドレスを貼り付けたり、タイプ別にデバイスをフィルタして、すべて表示 ドロップダウンリストから特定の基準に一致するデバイスを表示したりすることもできます。
6.
保存 をクリックします。
自動展開 ページにブートアクションがリストされます。
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックします。次に システムイメージ をクリックし、ブートアクションに割り当てられているイメージを選択してプレインストールタスクとポストインストールタスクを追加し、エラー処理を設定します。
Related Documents