Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

Windowsスクリプトの追加

Windowsスクリプトの追加

KACE ブート環境(Windows)の実行時環境で、Windows スクリプトをプレインストールタスク、中レベルのタスク、またはポストインストールタスクとして実行できます。

a.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に プレインストールタスク をクリックして プレインストールタスク ページを表示します。
b.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に 中レベルのタスク をクリックして 中レベルのタスク ページを表示します。
c.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
表示されるリストページで、アクションの選択 > Windows スクリプトの追加 の順に選択します。
3.
表示されるページの 名前 に、タスクの論理名(Collect computer information before formatting など)を入力します。
4.
アップロード の隣にある 参照 をクリックして、VBScriptまたはJavaScriptなどの適切なファイルを選択します。
5.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
6.
保存 をクリックします。

タスクグループの操作

タスクグループの操作

タスクグループを使用して、システムイメージを構築およびキャプチャするための共通するタスクのシーケンスを作成できます。

タスクグループを、必要なときに簡単に再利用して、同じタイプと機能のシステムイメージを作成できます。例えば、Microsoft Office スイートを含む Microsoft Windows 10 システムを構築するタスクグループを作成し、共通する展開シナリオを再作成するたびに、1 つまたは複数のタスクグループをシステムイメージおよびスクリプト形式のインストールに関連付けることができます。

タスクグループの追加

タスクグループの追加

デフォルトのインストールには、MAC OS X および Windows のドライブのパーティション作成およびフォーマット用の 2 つのサンプルタスクグループが含まれています。ビジネスニーズに最適なタスクグループを追加、管理して、共通する展開シナリオを簡単に再利用し、タスクグループをシステムイメージおよびスクリプト形式のインストールに関連付けることができます。

MAC OS X および Windows 用のタスクを作成するプロセスは同じですが、これら 2 つのオペレーティングシステムで使用可能な一連のタスクは異なっており、それぞれの実行時環境に適用されるタスクのみが含まれます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に タスクグループ をクリックして タスクグループ ページを表示します。
a.
Windows システムイメージのタスクのグループを作成するには、アクションの選択 > 新しい Windows タスクグループ の順に選択します。
b.
Mac OS X システムイメージのタスクのグループを作成するには、アクションの選択 > 新しい Mac OS X タスクグループ の順に選択します。
タスクグループの詳細 ページが表示されます。
3.
名前 フィールドに、タスクグループの名前を入力します。
4.
オプションメモ フィールドに、必要に応じて追加情報を入力します。
5.
インストールプラン で、タスクを実行順に追加します。
a.
使用可能なプレインストールタスク 列から 実行するプレインストールタスク 列にタスクを追加します。
注: ドライブの内容を削除する場合は、Cのフォーマット タスクが シングルパーティションの作成 タスクの後にあることを確認してください。
b.
使用可能な中レベルのタスク 列から 中レベルのタスクを実行する 列にタスクを追加します。
c.
使用可能なポストインストールタスク 列から 実行するポストインストールタスク 列にタスクを追加します。
ヒント: フィルタは、タスクタイプごとに使用できます。たとえば、特定のプレインストールタスクを見つけるには、使用可能なプレインストールタスク 列の プレインストールタスクのフィルタ フィールドにタスク名を入力します。
ヒント: 列からすべてのタスクを削除するには、右側の列ヘッダーのボタンをクリックします。たとえば、割り当てられたすべてのプレインストールタスクを削除するには、実行するプレインストールタスク 列の見出しバーで、すべてのプレインストールタスクの削除 をクリックします。
6.
保存 をクリックします。

ファイルのアップロードについて

ファイルのアップロードについて

1つのファイルまたは複数のファイルを含むZIPアーカイブをアップロードして、プレインストールタスクまたはポストインストールタスクとして実行できます。アプライアンスは、指定したランタイム環境でタスクを実行します。

Related Documents