Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

PowerShellスクリプトの追加

PowerShellスクリプトの追加

KACE ブート環境(Windows)の実行時環境または Windows 実行時環境で、PowerShell スクリプトをプレインストールタスク、中レベルのタスク、またはポストインストールタスクとして実行できます。

a.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に プレインストールタスク をクリックして プレインストールタスク ページを表示します。
b.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に 中レベルのタスク をクリックして 中レベルのタスク ページを表示します。
c.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
表示されるリストページで、アクションの選択 > PowerShell スクリプトの追加 の順に選択します。
3.
表示されるページの 名前 に、タスクの論理名(My PowerShell script など)を入力します。
4.
実行時環境を選択します。詳細については、実行時環境についてを参照してください。
5.
ファイルのアップロード の隣にある 参照 をクリックして、PowerShellスクリプトを選択します。
6.
パラメータ で、PowerShellスクリプトのコマンドラインを確認し、必要に応じて、アップデートします。
7.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
8.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
9.
保存 をクリックします。

サービスパックの追加

サービスパックの追加

サービスパックは、オペレーティングシステムで使用可能になると、ローカルネットワークおよびリモートネットワーク上のデバイスに自動的にインストールできます。別の場所にサービスパックを保存している場合、それらのサービスパックを参照し、手動でアップロードできます。

サービスパックタスクは、オペレーティングシステムから起動した後に、Windows環境で実行します。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > サービスパックの追加 を選択し、ポストインストールタスク詳細 ページを表示します。
3.
名前 に、タスクを識別するための論理名を入力します。
サービスパック ドロップダウンリストから、サービスパックを選択し、サービスパックを自動ダウンロード をクリックします。

コマンドライン フィールドには、サービスパックの選択に基づいて推奨パラメータが自動的に入力されます。このコマンドラインを修正する場合は、サービスパックのファイル名を含めます。

サービスパックの手動アップロード を選択し、参照 をクリックしてファイルをアップロードします。詳細については、ファイルのアップロードについてを参照してください。
注: サービスパックを手動でアップロードする場合は、パラメータ でコマンドラインパラメータを入力してサービスパックを実行します。
5.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
6.
保存 をクリックします。

シェルスクリプトの追加

シェルスクリプトの追加

オペレーティングシステムの展開またはターゲットデバイスのイメージの再作成を実行する前に、独自のシェルスクリプトを作成して、KACE ブート環境(Mac OS X)でプレインストールタスク、中レベルのタスク、またはポストインストールタスクとして実行できます。

a.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に プレインストールタスク をクリックして プレインストールタスク ページを表示します。
b.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に 中レベルのタスク をクリックして 中レベルのタスク ページを表示します。
c.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
表示されるリストページで、アクションの選択シェルスクリプトの追加 の順に選択します。
3.
表示されるページの 名前 に、タスクを識別するための論理名を入力します。
プレインストールおよび中レベルのシェルスクリプトSDA ブート環境(Mac OS X)を選択します。
5.
シェルスクリプト に、スクリプトを入力します。
6.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
7.
保存 をクリックします。

KACE SMAエージェントインストーラーの追加

KACE SMAエージェントインストーラーの追加

KACE SMAエージェントファイルをローカルディレクトリにダウンロードして、インストーラーを1つのファイルまたはZIPアーカイブとしてアップロードし、ポストインストールタスクとして実行できます。アプライアンスは、指定したランタイム環境でタスクを実行します。

ターゲットデバイスにインストールしたKACE SMAエージェントのKUIDが維持されていない場合、KUIDをKACE SMAエージェントに適用 ポストインストールタスクを割り当てて、KACE SMAアプライアンスの資産の重複を防止できます。KACE SMAエージェントソフトウェアは、\\SMA_host_name\client\agent_provisioningディレクトリにあります。使用できるコマンドラインオプションとエージェント設定のプロパティについては、『KACE SMA管理者ガイド』を参照してください。KACE SMAエージェント5.4以降では、インストールに.NET 4.0は不要です。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > KACE SMAエージェントインストーラーの追加 を選択し、KACE SMAエージェントインストーラー詳細 ページを表示します。
3.
名前 で、タスクを識別するために名前を変更します(例:KACE SMA Agent for Windows)。
4.
実行時環境を選択します。詳細については、実行時環境についてを参照してください。
5.
アップロード の隣にある 参照 をクリックして、該当するファイルを選択します。
6.
パラメータ で、タスクのコマンドラインパラメータを入力します。
7.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
8.
保存 をクリックします。
Related Documents