Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

ポストインストールタスクとしての、OSへのドライバの追加

ポストインストールタスクとしての、OSへのドライバの追加

複雑な設定または依存関係のあるドライバ用のドライバインストールファイルをアップロードできます。このようなドライバには、ハードウェア命令語を提供するチップセットドライバなどがあります。ドライバの.zipファイルを作成すると、ポストインストールタスクを使用してドライバをオペレーティングシステムに追加できます。

Quest KACEでは、ドライバフィード を有効にして最新のデルのドライバを取得し、ダウンロードするドライバを選択することをお勧めします。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > アプリケーションの追加 の順に選択し、ポストインストールタスク詳細 ページを表示します。
3.
名前 に、Install Dell E6410 Chipset Driversなど、タスクを識別する論理名を入力します。
4.
実行時環境を選択します。詳細については、実行時環境についてを参照してください。
5.
ファイルのアップロード の隣にある 参照 をクリックして、該当するファイルを選択します。
6.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
7.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
8.
保存 をクリックします。
詳細については、タスクの追加を参照してください。

イメージのキャプチャ

KACEブート環境(KBE)にキャプチャするイメージを使用してデバイスを起動した後に、UEFIイメージ、WIMイメージ、およびK-Imageをキャプチャできます。KBEからデバイスを起動すると、KBEのメインメニューがデバイスに読み込まれます。KBEのメインメニュー を使用して、デバイスからイメージをキャプチャします。アプライアンスにイメージ用の十分なディスク領域があるかどうかの検証と、キャプチャ用のイメージの準備が行えます。

キャプチャの準備

キャプチャの準備

イメージが最新のものであること、アプライアンスにイメージ用の十分なディスク領域があることの確認など、イメージをキャプチャするためのベストプラクティスに従います。

Quest KACEサポートチームは、イメージをキャプチャするためのベストプラクティスを提供します。詳細については、https://support.quest.com/kace-systems-deployment-appliance/kb/121734を参照してください。

展開用のイメージをキャプチャするための準備に関するベストプラクティス。

システムイメージのキャプチャ

システムイメージのキャプチャ

KACEブート環境(KBE)でデバイスを起動してから、KACE SDAまたはリモート(RSA)アプライアンスを使用してイメージをキャプチャできます。

デバイスをKBEから起動した後、ビルトインのVNCリモートコントロールソフトウェアにアクセスして、リモートデバイスからKACE SDAにイメージをキャプチャできます。

1.
KBEにキャプチャするイメージを使用してデバイスを起動します。デバイスの KBEのメインメニュー から、イメージ作成 をクリックします。
3.
イメージ名 に、アプライアンス上でイメージを識別する名前を入力します。
4.
イメージのタイプ で、必要に応じて、作成するイメージファイルのタイプを選択します。
5.
イメージをサーバに直接キャプチャする場合は、サーバに直接キャプチャ を選択します。
6.
エラー発生時に操作を続行 をクリックして、警告や致命的なエラーが発生しても、キャプチャとアップロードプロセスが続行されるようにします。
7.
ログにデバッグ出力を含める をクリックして、デバッグレベルのログ記録を有効にし、アプライアンスログ ページにログがアップロードされるようにします。
8.
キャプチャの開始 をクリックします。
キャプチャプロセスが完了すると、KACE システム展開アプライアンス管理者コンソールの システムイメージ ページに新しいシステムイメージエントリが表示されます。イメージが RSA を使用してキャプチャされた場合は、リモートサイトコンソールにも追加されます。
Related Documents