Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加

スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加

ドライバフィードを有効にして、KACE SDAを自動的に最新のDellデバイスに固有のドライバパッケージでアップデートできます。また、ドライバをメーカーのウェブサイトまたは異なるリソースからダウンロードして、スクリプト形式のインストール展開に手動でドライバを追加することもできます。

スクリプト形式のインストール展開の間、KACE SDAは自動的にすべてのドライバをdriversディレクトリからスクリプト形式のインストールに取り込みます。デバイスドライバまたはその他のドライバがdriversディレクトリにある場合、スクリプト形式のインストール展開は失敗する可能性があります。

ドライバフィードを有効にしてドライバ更新を自動化する

ドライバフィードを有効にしてドライバ更新を自動化する

ドライバフィード を有効にすると、KACE SDAにより、Dellデバイス固有の最新ドライバの夜間チェックが実行されます。新しいバージョンがある場合、フィードによってデータベースが更新され、使用可能なドライバが ドライバフィード ページに表示されます。

KACE SDAからキャプチャされたイメージ、およびリモートサイトアプライアンス(RSA)からキャプチャされたイメージに対するドライバフィードを有効にできます。

1.
左側のナビゲーションバーで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ドライバフィード をクリックします。
2.
アクションの選択 > ドライバフィード設定の管理 を選択して、ドライバフィード設定 ページを表示します。
3.
ドライバフィードを有効にする チェックボックスをオンにして、保存 をクリックします。
4.
更新の確認 をクリックします。
5.
保存 をクリックします。

ドライバフィードステータス に、更新を確認しています が表示されます。使用可能なドライバパッケージのリストを ドライバフィード ページで表示し、パッケージをアプライアンスにダウンロードしてインストールできます。

注: ダッシュボードドライバフィード ウィジェットをインストールできます。このウィジェットには、新しいドライバ、更新されたドライバ、およびインストール内容に基づいて更新されたドライバが表示されます。

アプライアンスへのドライバパッケージのインストール

アプライアンスへのドライバパッケージのインストール

特定のドライバパッケージを選択してドライバフィードからダウンロードおよびインストールし、アプライアンスでスクリプト形式のインストールやシステムイメージの展開に使用することができます。

1.
左側のナビゲーションバーで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ドライバフィード をクリックします。
ドライバは、drivers_postinstall共有ディレクトリにインストールされます。
3.
アクションの選択 > ダウンロード を選択します。
プロセスが完了したら、ステータス 列に ドライバ共有にインストールされました。 と表示されます。インストールされたドライバは、ドライバ ページで確認できます。
4.
左側のナビゲーションバーで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ドライバ をクリックして ドライバ ページを表示します。

ドライバフィードを無効にする

ドライバフィードを無効にする

ドライバフィードを無効にすると、新たに追加したドライバがフィードによってオーバーライドされるのを防止できます。KACE SDAからキャプチャされたイメージ、およびリモートサイトアプライアンス(RSA)からキャプチャされたイメージに対するドライバフィードを無効にできます。

ドライバは手動で追加および削除できます。例えば、ドライバフィードから更新されないDell固有のデバイスドライバや、Dell以外のデバイスドライバを、drivers_postinstallディレクトリに追加できます。ネットワークドライバとストレージドライバの追加および削除を、driversディレクトリに対して行うことができます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ドライバフィード をクリックします。
2.
アクションの選択 > ドライバフィード設定の管理 を選択して、ドライバフィード設定 ページを表示します。
3.
ドライバフィードを有効にする チェックボックスをオフにします。
4.
保存 をクリックします。
Related Documents