Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

新しい KBE をアプライアンスのデフォルトとして設定

新しい KBE をアプライアンスのデフォルトとして設定

KACEブート環境(KBE)を、アプライアンスのデフォルトの KBE として設定できます。

共有パスワードを変更する場合は、新しいパスワードを使用して新しいKBEを作成します。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に 一般設定 をクリックして 一般設定 ページを表示します。
2.
デフォルト KACE ブート環境 で、新しい KBE を選択します。
3.
保存 をクリックします。
ヒント: ブート環境詳細 ページで KBE の詳細を確認すると、デフォルト フィールドに、選択した KBE がデフォルトのブート環境であるかどうかが示されます。

ベストプラクティス:Windows 用の KACE ブート環境(KBE)の作成

ベストプラクティス:Windows 用の KACE ブート環境(KBE)の作成

ビジネス環境によっては、厳しいポリシーやソフトウェアのために、KACE SDAメディアマネージャがKACEブート環境(KBE)を正常に作成できない場合があります。

KBEを作成する目的で、分離されたシステムをセットアップすることが必要になる場合があります。推奨されるアクションフローは次のとおりです。

新しいKBEを作成するための推奨プロセスは次のとおりです。

a.
KACE SDAドライバ共有(\\KACE_SDA\drivers)にあるkbe_windows_xXXディレクトリ内のすべてのアイテムを移動(または削除)します。
注: kbe_windows_xXXディレクトリに置くWinPEバージョンのドライバは、一度に1つのみです。
b.
一般設定 ページで、KACE SDA IP アドレスを入力します。
d.
WAIK パスまたは WADK パス フィールドに、正しいバージョンの Windows AIK または Windows ADK が示されていることを確認します。
e.
KBE の作成 ページの 全般 タブで、自動的に生成されたブート環境の名前を確認します。この値は編集できますが、KBE 名は一意であることが必要です。この名前には、アーキテクチャ、WinPE バージョン、および日付を含めることをお勧めします。例:WinPE 5 x64 4-5-2019
h.
KBE のアップロード をクリックします。

ドライバの管理

KACEブート環境を構築するのに必要なネットワークドライバと大容量ストレージドライバをdrivers共有ディレクトリで管理できます。ドライバフィードを有効にすることにより、オペレーティングシステムが必要とするドライバを管理できます。ドライバフィードは、Dellドライバをdriver_postinstallディレクトリにダウンロードしてインストールします。

KACE SDAドライバライブラリは、KACE SDAおよびリモートサイトアプライアンスの展開で使用するネットワーク共有です。アプライアンスは展開の一環として自動的にドライバをインストールし、ソースメディアまたはKACEブート環境(KBE)に含まれていない周辺機器やハードウェア用のドライバをアップロードできます。KACE SDAはSamba共有をホストし、ドライバの管理に役立つ3つのディレクトリを提供します。

一般設定 ページでKACE SDA Samba共有パスワードを設定していることを確認します。

drivers_postinstallディレクトリへのドライバの追加について

メーカー名\OS名\モデル名のフォルダ構造を使用してdrivers_postinstallディレクトリの下にフォルダを作成して、ドライバを整理できます。

driversディレクトリへのドライバの追加について

単一の.exeまたは.msiファイルに含まれるドライバでは、ドライバをフォルダに追加する前にファイルを解凍する必要があります。

restoreディレクトリへのドライバの追加について

1.5 GBより大きいドライバパッケージはrestoreディレクトリに追加できます。
注: パッケージ管理エクスポート機能では、ドライバをアプライアンスで利用できるようにするために、restoreディレクトリから適切なdrivers共有ディレクトリにインポートできる、大きなサイズのドライバファイルのためのパッケージを作成できます。

システムイメージへのドライバの追加

システムイメージへのドライバの追加

KACE SDAおよびリモートサイトアプライアンス(RSA)からキャプチャされたSysprepを実行済みのシステムイメージに対してドライバフィードを有効にすると、イメージの展開時にドライバが自動的に追加されます。イメージをキャプチャしたデバイスで不足しているドライバをインストールし、イメージを再キャプチャして、イメージをアプライアンスにアップロードできます。

Microsoft Sysprepツールを使用してイメージを汎用化し、重複したデバイス名や重複したセキュリティID(SID)を解決します。イメージをキャプチャするためのベストプラクティスの詳細については、https://support.quest.com/kb/121734を参照してください。

RSAからキャプチャされたSysprepを実行済みのシステムイメージの場合、対応するドライバがKACE SDAで利用でき、KACE SDAからRSAに同期されている必要があります。

Windows K-Image および WIM イメージの場合、システムイメージ詳細 ページの Sysprep 実行済み フィールドに、イメージで sysprep が実行済みかどうかが示されます。

1.
左側のナビゲーションバーで、展開 をクリックし、次に システムイメージ をクリックして、システムイメージ ページを表示します。
2.
イメージを選択して、システムイメージ詳細 ページを表示します。
3.
展開 オプションで、ドライバフィードを使用(Sysprepを実行済みのイメージでのみ) チェックボックスをオンにします。
4.
オプション複製 をクリックしてイメージをコピーし、必要に応じて編集します。
5.
保存 をクリックします。
Related Documents