Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

ネットワーク上のアクティブデバイスと非アクティブデバイスのスキャン

ネットワーク上のアクティブデバイスと非アクティブデバイスのスキャン

ネットワークスキャンの実行時に、デバイスがアクティブであるかないかに関係なくすべてのIPアドレスのリストをスキャンが表示するかどうかを指定できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に 一般設定 をクリックして 一般設定 ページを表示します。
2.
ネットワークスキャンの インベントリ内の空のスキャン結果の表示 チェックボックスをオンにして、デバイスがアクティブであるかないかに関係なく、指定した範囲内のすべてのIPアドレスについてレコードを作成して表示します。インベントリ内の空のスキャン結果の表示 チェックボックスをオンにしない場合、ネットワークスキャンは、そのIPアドレスが存在する範囲内で接続中のもののみを表示します。

デバイスの手動追加

デバイスの手動追加

ブートアクションを作成または修正した場合、デバイスのMACアドレスを入力することにより、デバイスをシステムイメージおよびスクリプト形式のインストールの展開に追加できます。デバイスは、展開が開始されたときに、KACE SDAインベントリに追加されます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックして、自動展開 ページを表示します。
2.
デバイスの追加先となる展開の名前を選択して、自動展開の詳細 ページを表示します。
3.
オプション > スケジュール で、次のいずれかを選択して展開を実行します。
a.
次のブートで実行する: 次のネットワーク起動で展開を開始します。
b.
後で実行するようにスケジュールする: 日付と時刻を指定します。一度実行:(日)、特定時刻に実行:H(時)、M(分)。繰り返し実行する を選択すると、指定した時間に展開が毎日実行されます。
4.
展開の タイプ を選択します。
マルチキャスト展開の場合は、デフォルトマルチキャスト設定の編集 をクリックして、この展開のマルチキャスト設定を変更します。すべてのマルチキャスト展開の設定を変更するには、デフォルトマルチキャスト設定の編集を参照してください。
5.
デバイス で、1つ以上のMACアドレスをクリックまたは入力して、インベントリに存在しないデバイスを追加し、次へ をクリックします。複数のMACアドレスの貼り付け を選択して複数のアドレスを追加したり、すべて表示 ドロップダウンリストからタイプ別にデバイスを追加したりすることもできます。
6.
保存 をクリックします。

ドメインへのデバイスの参加

ドメインへのデバイスの参加

デバイスを設定し、名前を割り当てた後、ビルトインの 例: ドメインへの参加 ポストインストールタスクを使用して、デバイスをドメインに参加させることができます。

コマンドラインパラメータ my_domainadmin_useradmin_password、および primary_dns_IP を使用してスクリプトをカスタマイズできます。

注: ビルトインの 例: ドメインへの参加 ポストインストールアプリケーションタスクでは、join_domain.vbs Visual Basicスクリプトが使用されます。join_domain.vbsスクリプトは、Windows 7以上のバージョンを実行しているデバイスを参加させます。

ドメインに参加させるためのコマンドラインパラメータ

パラメータ

説明

my domain

スクリプトがデバイスを参加させる先のドメイン名。

admin user

デバイスをドメインに参加させる権限を持つドメイン管理者のUID。

admin password

ドメイン管理者のアカウントのパスワード。

primary dns IF

オプション:プライマリDNSサーバーのIPアドレス。

1.
ファイル で、置換 をクリックして、別のスクリプトをアップロードします。
2.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
3.
例: ドメインへの参加 をクリックします。
ポストインストールタスク詳細 ページが表示されます。
4.
ページの一番下で 複製 をクリックします。
例: ドメインへの参加のコピー という名前の新しいタスクが作成されます。
5.
名前 に、タスクの論理名(Join MyCompany Domainなど)を入力します。
6.
コマンドライン で、my_domainadmin_user、およびadmin_passwordを変更します。
7.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
8.
保存 をクリックします。

Wake On LAN要求の発行

Wake On LAN要求の発行

Wake On LANを使用すると、KACE SDAからリモートにあるデバイスの電源をオンにすることができます。ネットワークに接続しているがアプライアンスで起動していないデバイスおよびアプライアンスで起動しているデバイスの電源をオンにすることができます。これは、デバイスに、Wake On LAN対応のネットワークインターフェイスカード(NIC)とBIOSが装備されている場合に限ります。

デバイスは、ラベル内のグループ単位で、または個別に電源をオンにすることができます。詳細については、ラベルの作成および適用を参照してください。

1.
左側のナビゲーションペインで、デバイス > デバイスインベントリ の順に選択してアプライアンスで起動しているデバイスの電源をオンにするか、または ネットワークインベントリ を選択してアプライアンスで起動していないデバイスの電源をオンにします。
3.
アクションの選択 > Wake On LAN の送信 の順に選択します。
デバイスの電源がオンになったら、左側のナビゲーションペインに移動し、展開 をクリックしてブートアクションを作成し、展開を今すぐ実行するか、展開を後で実行するようにスケジュールできます。
Related Documents