Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 7.0 Common Documents - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム展開アプライアンスについて はじめに ダッシュボードの使用 KACE SDAの設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windows または Linux ブート環境を作成する ドライバの管理
システムイメージへのドライバの追加 スクリプト形式のインストール展開へのドライバの追加 ネットワークドライバの管理 オペレーティングシステムドライバの管理
イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 カスタム展開の管理 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 用語集 当社について 法的情報

オフボードDHCPサーバーの設定

オフボードDHCPサーバーの設定

デバイスの電源を初めてオンにしたときには、BIOSのブートメニューからNICまたはネットワーク起動オプションを選択できます。Windows展開では、ターゲットデバイスをローカルドライブ以外の場所から起動する必要があります。NICまたはネットワーク起動オプションを選択すると、デバイスはPXE要求をDHCPサーバーに送信して、iPXEサーバーを見つけます。この場合、KACE SDAがPXEサーバーです。オフボードDHCPサーバーを設定してアプライアンスを認識させ、ターゲットデバイスをKACE SDAからUEFIブートすることができます。

手順は、使用しているサーバーによって異なる場合があります。任意のDHCPサーバー上で、066067のオプションに次の設定を使用します。

Microsoft DHCPを使用しない場合は、追加情報については次のサポート技術情報記事を参照してください。 https://support.quest.com/kace-systems-deployment-appliance/kb/112037

Option 066 にKACE SDAのIPアドレスを設定します。

このオプションは、Next-Server起動サーバーホスト名、または TFTPサーバー名 として表示されることがあります。

注: 一部のCiscoネットワーク機器では、Option 66 を設定できない場合があります。代替の設定として、sname オプションと 244 オプションをKACE SDAのIPアドレスに設定できます。
Option 067 を次の文字列に設定します。ipxe.efi(UEFIデバイスの場合)、およびundionly.kpxe(BIOSデバイスの場合)。

このオプションは、起動ファイル名 として表示されることもあります。ipxe.efi または undionly.kpxe 文字列をコピーして、起動ファイル名 オプションとして貼り付けます。

これで、PXE準拠のWindowsデバイスが次回にネットワーク接続中に起動した場合、DHCPサーバーによって自動的にアプライアンスに転送されます。デバイスはブートストラップファイルをダウンロードし、環境セットアップを使用して起動します。

KACE SDAメディアマネージャのダウンロードおよびインストール

KACE SDAメディアマネージャのダウンロードおよびインストール

KACE SDAメディアマネージャをKACE SDAからWindows ADKがインストールされているデバイスにダウンロードして、インストールできます。KACE SDAメディアマネージャは、Windows ADKを使用してKACEブート環境(KBE)をアップロードします。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックして、ライブラリの概要 ページを表示します。
2.
ソースメディア で、アクションの選択 > メディアマネージャのダウンロード を選択して メディアマネージャ ページを表示します。
3.
Windows用のダウンロード をクリックします。
ファイルのダウンロード ウィンドウが表示されます。
4.
実行 または 保存 をクリックして、デバイスにインストールファイルをダウンロードし、そのファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。
ようこそ ウィンドウが表示されます。
5.
スタート > すべてのプログラム > Quest > KACE SDA メディアマネージャ からメディアマネージャを実行します。

メディアマネージャについて

メディアマネージャについて

KACE SDA メディアマネージャは、KACE ブート環境(KBE)を構築し、OS に関連するファイルをアプライアンスにアップロードするためのユーティリティです。

メディアマネージャには、以下のページが含まれています。左側のペインで該当するボタンをクリックして、各ページを選択できます。

KBE ページの作成

このページには複数のタブがあり、それぞれに KBE の作成に使用できる設定グループが含まれています。

タブ

オプション

説明

一般

名前

KBE の名前です。この値は自動的に生成されますが、必要に応じて変更できます。

アーキテクチャ

Windows のみ。KBE の OS アーキテクチャ。必要に応じて、32 ビットまたは 64 ビットのアーキテクチャを選択します。

言語

KBE の言語です。

KBE のアップロード

クリックして、KBE をアプライアンスにアップロードできます。

カスタム ISO のアップロード

クリックして、カスタム ISO をアプライアンスにアップロードできます。

カスタム WIM のアップロード

クリックして、カスタム WIM をアプライアンスにアップロードできます。

サーバ構成

DHCP を使用した SDA の検索

メディアマネージャが DHCP サーバを使用してアプライアンスを検出できるようにします。

SDA 固定 IP アドレスを使用する

アプライアンスが配置されているネットワークで DHCP 経由での配置が不可能な場合は、このオプションを使用してアプライアンスの静的 IP アドレスを指定します。このオプションを使用して作成されたブート環境は、RSA (リモートサイトアプライアンス)では動作しません。

RSA の静的 IP アドレスを使用する

RSA のブート環境を作成するために RSA の静的 IP アドレスを指定する場合は、このオプションを選択します。

デバイス設定

DHCP によりデバイス IP アドレスを検索

DHCP を使用してターゲットデバイス(KBE でブートするデバイス)を特定することができます。これはデフォルト設定ですが、ターゲットデバイスが DHCP を使用している場合にのみ動作します。

静的 IP アドレスの割り当て

ターゲットデバイスの静的 IP アドレス。アプライアンスデバイスとターゲットデバイスの両方が静的 IP アドレスまたは DHCP のいずれかを使用していることが必要です。静的 IP アドレスをデバイスに割り当てたうえで、DHCP を使用するようにアプライアンスを設定することはできません。このオプションを選択した場合、一度に起動できるデバイスは 1 つだけです。

静的 IP アドレスの範囲の設定

このオプションを使用して、静的 IP デバイスの範囲を指定します。複数のデバイスを同時に起動することもできます。このオプションを選択すると、ブート環境が起動したときに、各デバイスに割り当てるアドレスを選択できます。

詳細設定

スクラッチスペース(MB)

ターゲットデバイスのスクラッチスペースのサイズを選択します。デフォルト値は 64 MB です。ドライバやアプリケーションを追加した場合など、さらにスペースが必要な場合は、必要に応じてこの値を 128、256、または 512 MB に増やします。

ADSI ドライバの追加

Active Directory サービスインターフェイス(ADSI)ドライバを追加します。たとえば、ターゲットデバイスの起動中に Active Directory をクエリする場合は、このオプションを選択します。

ODBC ドライバの追加

ODBC (Open Database Connectivity)ドライバを追加します。ターゲットデバイスでデータベース接続を確立する場合は、このオプションを選択します。

DCCTK / コマンド設定

Dell Client Configuration Toolkit (コマンド設定とも呼ばれます)がインストールされているかどうかを示します。このツールを使用すると、Dell BIOSes がインストールされ、KBE に追加されている場合にそれを操作したり、BIOS パスワードの変更やブート順序の変更など、デバイス BIOS を設定するためのコマンドを発行したりすることができます。

UEFI ISO

KBE が Unified Extensible Firmware Interface 準拠デバイスを作成できるようにします。このオプションは 64 ビットシステムでのみサポートされています。

KBE 時間をサーバと同期

KBE システム時刻をアプライアンスで設定されている時刻と同期します。

KBE タイムゾーンを設定

KBE タイムゾーンを設定します。このオプションがオフの場合(デフォルト設定)、KBE タイムゾーンは PST (太平洋標準時)に設定されます。このオプションを選択した場合、KBE はメディアマネージャを実行しているシステムのタイムゾーンを使用しますが、必要に応じて別のタイムゾーンを選択することもできます。

KBE にファイルを追加

KBE にカスタムファイルを追加できます。たとえば、アンチウイルススキャナなどのポータブルアプリケーションを KBE に追加できます。

UltraVNC を起動

ターゲットデバイスで UltraVNC を起動する場合は、このオプションを選択します。このオープンソースツールを使用すると、ターゲットデバイスがネットワーク接続を介してリモートで別のコンピュータにアクセスできます。

KACE 導入メニュー

ターゲットデバイスの起動時に KACE 導入 メニューを表示する場合はこのオプションを選択し、メニューを表示しない場合はクリアします。

ドライバーフィードアドバイザを実行

ターゲットデバイスモデルのドライバフィードへのパスを指定します。

.NET 4 を追加

選択すると、.NET 4 を KBE に追加します。

Powershell を追加

選択すると、PowerShell を KBE に追加します。このオプションを選択すると、.NET 4 が KBE に追加されます。

拡張ストレージを追加

拡張ストレージをターゲットデバイスに追加できます。この機能により、Windows では追加ストレージ機能を検出し、ストレージデバイスをネイティブに管理できます。拡張ストレージの詳細については、Windows のマニュアルを参照してください。

ISO サイズ制限のオーバーライド

組織で ISO ファイルサイズ制限が設定されていない場合は、このオプションを使用して、より大きな ISO イメージを作成できます。

SMB v.1 の有効化

この古いバージョンの SMB プロトコルをターゲットデバイスで使用する場合は、このオプションを使用します。

KBE 背景を変更

KBE の背景画面にカスタムイメージを適用し、デフォルトの Quest の背景を置き換えます。

フォントのサポート

必要に応じて、インストールするフォントを選択します。

DOS コマンド

KBE の開始後に実行するコマンドを入力します。

DOS コマンドを記憶

KBE を開始するたびにコマンドを実行する場合に選択します。

ソースメディアのアップロード ページ

このページでは、ソースメディアファイルを指定してアプライアンスにアップロードすることができます。

オプション

説明

ソースメディア名

アプライアンスにアップロードするソースメディアの名前です。

ソースメディアタイプ

選択したソースメディアの OS を自動的に検出するか(ほとんどのオペレーティングシステムで使用可能)、必要に応じてリストから OS を選択できます。

ソースメディアのパス

ISO ファイルへのパス。

ソースメディアのアップロード

クリックして、ソースメディアをアプライアンスにアップロードできます。

USMT のアップロード ページ

このページでは、USMT (ユーザー状態移行ツール)ファイルを指定してアプライアンスにアップロードできます。

オプション

説明

WAIK パスまたは WADK パス

表示されるパスでは、一般設定 ページWAIK パスまたは WADK パス の設定が反映されます。

USMT のアップロード

クリックして、USMT (ユーザー状態移行ツール)をアプライアンスにアップロードできます。

一般設定 ページ

このページでは、メディアマネージャがアプライアンスにアクセスするために必要な一般設定を指定できます。これは、初めてメディアマネージャを実行したときに表示される最初のページです。

セクション

オプション

説明

SDA 設定

SDA ホスト名

アプライアンスが実行しているシステムの IP アドレス。

SDA IP アドレス

アプライアンスが実行しているシステムの IP アドレスセグメント。

Samba 共有パスワード

アプライアンス上の Samba 共有のパスワード。Samba 共有は、ファイルの保存とバックアップに使用されます。このパスワードは、一般設定 ページの SDA Samba 共有パスワード フィールドに入力したパスワードと一致する必要があります。

パスワードを記憶

Samba 共有パスワードを記憶する場合に選択します。

その他の設定

WAIK パスまたは WADK パス

Windows のみ。アップロードする Windows アセスメント&デプロイメントキット(WADK)または Windows 自動インストールキット(WAIK)ファイルへのパス。

テーマ

メディアマネージャのテーマ:ダーク または ライト

Windows ADKのダウンロードおよびインストール

Windows ADKのダウンロードおよびインストール

KACEブート環境を構築するには、Windows 7以上およびWindows Server® 2012デバイス用のWindowsアセスメント&デプロイメントキット(Windows ADK)をインストールする必要があります。

2.
インストールする機能を選択します で、リストにある機能をすべて選択します。
Related Documents