Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

ネットワーク上でのデバイス接続のテスト

ネットワーク上でのデバイス接続のテスト

pingプログラムを使用して、ネットワーク接続をテストできます。

1.
左側のナビゲーションペインで、サポート をクリックして、KACEサポートポータル パネルを表示します。
2.
トラブルシューティング をクリックして、サポートトラブルシューティングツール ページを表示します。
3.
ツール ドロップダウンリストから、ping を選択します。
4.
デバイスのIPアドレスを入力して、テスト をクリックします。

Quest KACEテクニカルサポートへのtetherを有効にする

Quest KACEテクニカルサポートへのtetherを有効にする

K2000サポートポータルにアクセスして、アプライアンスへのtetherを要求し、Quest KACEテクニカルサポートが問題をトラブルシューティングできるようにすることができます。

https://support.quest.com/contact-supportでQuest KACEテクニカルサポートに問い合わせて、tetherキーを取得します。

セキュリティを確保するために、サポートチームがアプライアンスへのリモートアクセスを有効にすることを承認した後で、アプライアンスへのリモートアクセスを有効にします。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に セキュリティ をクリックして セキュリティ設定 ページを表示します。
2.
SSHルートログインの許可(KACEサポート) チェックボックスをオンにします。
3.
保存 をクリックします。
4.
左側のナビゲーションペインで、サポート をクリックして、KACEサポートポータル パネルを表示します。
5.
Quest KACEへの問い合わせ で、tetherキーの入力 をクリックして、Support Tetherキー ページを表示します。
6.
tetherを有効にする チェックボックスをオンにして、サポートチームが提供したキーを入力します。
7.
保存 をクリックします。

これでQuest KACEテクニカルサポートがアプライアンスにリモートアクセスできるようになりました。

サポートチケットを開く

サポートチケットを開く

アプライアンス内からサポートチケットを開くことにより、アプライアンス関連の問題をトラブルシューティングするための詳細情報の入力、バグレポートの送信、および機能拡張の要求を行うことができます。

1.
左側のナビゲーションペインで、サポート をクリックして、KACEサポートポータル パネルを表示します。
2.
Quest KACEへの問い合わせ で、チケットの送信 をクリックして、新しいサポートチケット ページを表示します。
3.
必要な情報を入力し、送信 をクリックします。

起動マネージャのトラブルシューティング

起動マネージャのトラブルシューティング

KBEを読み込むのに必要な内蔵グラフィックスをサポートしていないデバイス用に、起動マネージャインターフェイスを変更したり、起動マネージャがターゲットデバイスで表示される期間を設定したりできます。また、アプライアンスがDHCPサーバーの応答を待機する時間を設定したり、デバイスのネットワーク接続をテストしたりできます。

Related Documents