Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

ソースメディアの削除

ソースメディアの削除

使用しなくなったK2000アプライアンスのソースメディアを削除することで、ディスク領域を解放できます。ブート環境に接続しているソースメディアは削除できません。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ソースメディア をクリックして ソースメディア ページを表示します。
3.
アクションの選択 > 削除 を選択します。

選択したアイテムがアプライアンスから永続的に削除され、使用可能なディスク領域が ダッシュボード ページに表示されます。

未割り当てのプレインストールタスクの削除

未割り当てのプレインストールタスクの削除

不要なプレインストールタスクを削除することにより、ディスク領域を解放できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に プレインストールタスク をクリックして プレインストールタスク ページを表示します。
3.
アクションの選択 > 削除 を選択します。

選択したアイテムがアプライアンスから永続的に削除され、使用可能なディスク領域が ダッシュボード ページに表示されます。

未割り当てのポストインストールタスクの削除

未割り当てのポストインストールタスクの削除

不要なポストインストールタスクを削除することにより、ディスク領域を解放できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
3.
アクションの選択 > 削除 を選択します。

選択したアイテムがアプライアンスから永続的に削除され、使用可能なディスク領域が ダッシュボード ページに表示されます。

オフボードストレージの有効化

オフボードストレージの有効化

物理K2000アプライアンスに保存されたデータを外部ネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスに移動することで、アプライアンスのディスク領域を解放できます。また、仮想K2000アプライアンスまたはリモートサイトアプライアンス(RSA)に保存されたデータを追加の仮想ディスクに移動することもできます。

オフボードストレージを有効にすると、内部ドライブから、イメージ、プレインストールタスクとポストインストールタスク、ユーザープロファイル、ソースメディア、ブート環境、およびドライバなどのすべてのデータがオフボードストレージデバイスにコピーされます。データが物理アプライアンスに残った場合でも、展開アクティビティは、オフボードストレージデバイスを対象とします。

オフボードストレージデバイスに保存されたデータがオンボードストレージ容量を超えない限り、データを物理K2000アプライアンス、仮想K2000、またはRSAに移行できます。

Related Documents