Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

アプライアンスコンポーネントのインポート

アプライアンスコンポーネントのインポート

別の場所または別のK2000アプライアンスに格納されているコンポーネントをあらゆるK2000アプライアンスに直接インポートできます。ただし、コンポーネントを含むパッケージのサイズが1.5 GB未満の場合に限ります。

データベースをエクスポートした場合、データベースを再インポートしてK2000アプライアンスに戻すことができるのはQuest KACEテクニカルサポートチームだけです。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に パッケージ管理 をクリックして パッケージ管理 ページを表示します。
2.
K2000パッケージのインポート をクリックして、インポートリスト ページを表示します。
4.
アクションの選択 > 選択内容をインポート を選択します。

パッケージ管理 > インポートリスト ページに新しいコンポーネントが表示されます。

エクスポート対象のコンポーネントのパッケージ

エクスポート対象のコンポーネントのパッケージ

ドライバ、ネットワークインベントリ、ブート環境、およびタスクなど、アプライアンスに格納されているコンポーネントを、別のネットワーク上の場所にエクスポートできます。この機能は、コンポーネントをバックアップおよび復元するのに役立ちます。

データベースはエクスポートできますが、再インポートすることはできません。K2000アプライアンスからコンポーネントをエクスポートする処理は内部タスクにより実行されるので、ドライバの再キャッシュ、スクリプト形式のインストールの作成、またはブート環境の再構築など他の内部タスクと並行して実行することはできません。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に パッケージ管理 をクリックして パッケージ管理 ページを表示します。
2.
K2000パッケージのエクスポート をクリックして、エクスポートリスト ページを表示します。

選択したエクスポートアイテムは圧縮されて、\K2000_hostname\restore共有ディレクトリに保存されます。選択したコンポーネントごとに、.pkgファイルがK2000アプライアンスにより作成されます。

4.
アクションの選択 > 選択内容をエクスポート を選択します。

パッケージングプロセスが開始されます。パッケージのエクスポートは、ファイルのサイズにより、数分で完了することもあれば、数時間かかることもあります。各エクスポートが完了すると、ステータス 列に完了したことが表示されます。

注: 各コンポーネントの隣の ステータス 列に 完了しました または エクスポートしています が表示され、右上隅の 現在: ステータスに アイドル が表示される場合は、Quest KACEテクニカルサポートに問い合わせて、tetherを通してK2000アプライアンスにアクセスし、エラーを解消するように依頼してください。

ディスク容量の管理

アプライアンスの ダッシュボード で、ディスク使用率 円グラフを表示して、K2000アプライアンスで使用可能なストレージ領域を検証できます。物理K2000アプライアンスのデータをオフボードストレージデバイスに移行して、仮想K2000アプライアンスまたはリモートサイトアプライアンス(RSA)に保存されたデータを追加の仮想ディスクに移行することで、ディスク領域を解放できます。また、不要なイメージ、ブート環境、ソースメディア、およびタスクを削除することもできます。

使用可能なディスク容量の確認

使用可能なディスク容量の確認

アプライアンスがパフォーマンスを最大に発揮するには、約20 %の空き領域が必要です。ダッシュボード ディスク使用率 円グラフで、使用可能なディスク領域を検証できます。

1.
ダッシュボード に移動します。
ディスク使用率 に、ストレージ情報の円グラフビューが表示されます。この円グラフビューは、ストレージがオフボードの場合、10分および60分ごとに更新されます。
Related Documents