Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

Mac OS X用のメディアマネージャのダウンロード

Mac OS X用のメディアマネージャのダウンロード

Mac OS X用のK2000メディアマネージャをアプライアンスからデバイスにダウンロードしてインストールできます。ただし、デバイスの管理者アカウントを使用する必要があります。メディアマネージャはMac OS XインストールメディアをK2000アプライアンスにアップロードし、Macデバイスをアプライアンスで起動するためのイメージとNetBoot環境を作成します。

メディアマネージャをK2000にアップロードする必要のあるソースメディアと共にデバイスにダウンロードします。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ソースメディア をクリックして ソースメディア ページを表示します。
2.
アクションの選択 > メディアマネージャのダウンロード を選択して、メディアマネージャ ページを表示します。
3.
Mac OS X用のダウンロード をクリックします。
メディアマネージャが ダウンロード フォルダにダウンロードされます。
4.
Macから システム環境設定 を選択し、次に セキュリティとプライバシー をクリックおよびアンロックして、変更を行います。
5.
一般 タブを選択し、ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:すべてのアプリケーションを許可 チェックボックスをオンにします。
6.
メディアマネージャ アプリケーションをクリックして実行します。

NetBoot環境イメージの作成

NetBoot環境イメージの作成

Mac OS X用のK2000メディアマネージャを使用してNetBoot環境イメージを作成し、Macデバイスをアプライアンスで起動できます。

時刻の同期をオフにした状態でデバイスを再起動します。NetBootイメージ作成時のエラーを解決する方法の詳細については、https://support.quest.com/kb/125875を参照してください。

1.
メディアマネージャを開いて、NetBootイメージの作成 をクリックします。
2.
K2000ホスト名 に、アプライアンスのホスト名またはIPアドレスを入力します。
3.
ソースメディアの名前 に、Mac OSバージョンを識別する名前を割り当てます。
4.
バージョン10.12、10.11、10.10、および10.9のみソースメディアパス参照 をクリックし、Mac OS Xのインストールソースメディアに移動し、K2000にアップロードします。例:/Applications/Install OS X Yosemite.app
a.
OS X Mavericks.appのインストール を右クリックしてから、パッケージコンテンツの表示 をクリックします。
b.
コンテンツ > SharedSupport に移動し、InstallESD.dmg をダブルクリックして、イメージをデスクトップにマウントします。
c.
ソースメディアのパス で、参照 をクリックしてマウントされたInstallESDボリュームに移動します。
6.
OS X Mavericks.appのインストール を右クリックしてから、パッケージコンテンツの表示 をクリックします。
7.
コンテンツ > SharedSupport に移動し、InstallESD.dmg をダブルクリックして、イメージをデスクトップにマウントします。
デスクトップに OS X Install ESD アイコンが表示されます。
8.
NetBootパスワード にパスワードを入力し、パスワードの確認入力 にパスワードを再入力します。
9.
構築の開始 をクリックします。
NetBootイメージのアップロードが完了すると、イメージが作成され、ソースメディア ページと ブート環境 ページで使用できるようになります。

NetBootサーバーを有効にする

NetBootサーバーを有効にする

NetBootイメージを作成した後に、NetBootサーバーを有効にできます。ビルトインのNetBootサーバーは、Mac OS Xネットワークブートプロセスを有効にします。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に 一般設定 をクリックして 一般設定 ページを表示します。
2.
デフォルトK2000ブート環境 で、NetBootイメージを Mac OS X Intel(NetBoot) ドロップダウンリストから選択します。
3.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に ネットワーク設定 をクリックして ネットワーク設定 ページを表示します。
4.
NetBootサーバー(Mac OS Xクライアント用)を有効にする チェックボックスをオンにします。
5.
デフォルトのBSDP設定を受け入れて、保存 をクリックします。
6.
Macデバイスで、システム環境設定 アイコンをクリックし、起動ディスク を選択します。次に、該当するK2000ネットワークを選択して、NetBootイメージで起動し、OSを再起動します。

キャプチャ実行前のイメージのカスタマイズ

キャプチャ実行前のイメージのカスタマイズ

展開用システムイメージとしてイメージをキャプチャする前に、ソースMacデバイスでイメージをカスタマイズできます。標準企業イメージが必要とするあらゆる非ネイティブアプリケーションおよびファイルを、イメージに追加できます。

3.
ディスク領域を節約するために、/ApplicationsディレクトリにMac OS Xインストーラが存在する場合は削除します。例えば、/Applications/Install OS X Mavericks.appなどです。
Related Documents