Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

BATスクリプトの追加

BATスクリプトの追加

オペレーティングシステムのインストールまたはターゲットデバイスのイメージの再作成を実行した後に、独自のバッチスクリプトを作成して、Windows用のK2000ブート環境またはWindows実行時環境でポストインストールタスクとして実行できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > BATスクリプトの追加 を選択します。
ポストインストールタスク詳細 ページが表示されます。
3.
名前 に、タスクの論理名を入力します。
4.
実行時環境を選択します。詳細については、実行時環境についてを参照してください。
5.
BATスクリプト にスクリプトを入力します。
6.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
7.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
8.
保存 をクリックします。

命名規則の追加

命名規則の追加

命名データベーステキストファイルをセットアップして、デバイスに名前を割り当て、ポストインストールタスクを使用して、ファイルをアプライアンスにアップロードできます。

mac_address = hostname

例:001122334455 = workstation55

アプライアンスは、Workstation Name Changerツールを使用します。このツールは、互換性のあるテキストファイルで、命名データベースで指定したコマンドラインパラメータを使用して、デバイスに固有の名前を割り当てます。詳細については、http://newstuff.clarke.co.nz/wsnameを参照してください。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > 命名規則の追加 を選択し、ポストインストールタスク詳細 ページを表示します。
3.
名前 に、タスクの論理名(Assign name to workstationなど)を入力します。
4.
ファイルのアップロード の隣にある 参照 をクリックして、該当するファイルを選択します。
5.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
6.
保存 をクリックします。

K1000エージェントインストーラーの追加

K1000エージェントインストーラーの追加

K1000エージェントファイルをローカルディレクトリにダウンロードして、インストーラーを1つのファイルまたはZIPアーカイブとしてアップロードし、ポストインストールタスクとして実行できます。アプライアンスは、指定したランタイム環境でタスクを実行します。

ターゲットデバイスにインストールしたK1000エージェントのKUIDが維持されていない場合、KUIDをK1000エージェントに適用 ポストインストールタスクを割り当てて、K1000アプライアンスの資産の重複を防止できます。K1000エージェントソフトウェアは、\\K1000_host_name\client\agent_provisioningディレクトリにあります。使用できるコマンドラインオプションとエージェント設定のプロパティについては、『K1000管理者ガイド』を参照してください。K1000エージェント5.4以降では、インストールに.NET 4.0は不要です。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > K1000エージェントインストーラーの追加 を選択し、K1000エージェントインストーラー詳細 ページを表示します。
3.
名前 で、タスクを識別するために名前を変更します(例: K1000 Agent for Windows)。
4.
実行時環境を選択します。詳細については、実行時環境についてを参照してください。
5.
アップロード の隣にある 参照 をクリックして、該当するファイルを選択します。
6.
パラメータ で、タスクのコマンドラインパラメータを入力します。
7.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
8.
保存 をクリックします。

カスタムHAL置換タスクの追加

カスタムHAL置換タスクの追加

ポストインストールタスクを使用して、ハードウェア抽象レイヤ(HAL)を置換し、ターゲットデバイスのHALをカスタマイズできます。

HAL置換は、システムイメージのみをサポートします。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > カスタムHAL置換タスクの追加 を選択し、ポストインストールタスク詳細 ページを表示します。
3.
名前 に、タスクの論理名を入力します。
4.
参照 をクリックして、次のファイルをアップロードします。
注: ファイル名が アップロード フィールドに表示されている名前と異なる場合、ファイルをアプライアンスにアップロードすると、ファイル名が変更されます。
5.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
6.
保存 をクリックします。
Related Documents