Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

DiskPartスクリプトの追加

DiskPartスクリプトの追加

K2000ブート環境(KBE)から起動したWindowsデバイスに、DiskPartスクリプトを追加し、プレインストールタスクとして実行して、ハードドライブまたはパーティション上のすべてのデータを消去し、新しいパーティションを作成してドライブ文字を割り当てることができます。

詳細については、共通のDiskPartコマンドラインオプションを参照してください。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に プレインストールタスク をクリックして プレインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > DISKPARTスクリプトの追加 を選択し、プレインストールタスク詳細 ページを表示します。
3.
名前 に、このタスクを識別するための名前を入力します。例: Single NTFS Partition C
この名前は、スクリプト形式のインストール詳細 ページと システムイメージ詳細 ページに表示されるタスクの識別子です。
4.
DISKPARTスクリプト で、次の例のように、デバイス上で作成するパーティションに従ってスクリプトを入力します。

clean

create partition primary

select partition 1

active

assign

exit

5.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
6.
保存 をクリックします。

共通のDiskPartコマンドラインオプション

共通のDiskPartコマンドラインオプション

DiskPartスクリプトを使用すると、オブジェクトの選択、ディスクのパーティションの削除、パーティションの作成、パーティションのアクティブ化、およびドライブ文字の割り当てを実行できます。

オブジェクトの選択

パラメータnを使用して、選択するオブジェクトの数を指定します。また、dのようにドライブ文字を指定して、ボリュームを選択することもできます。

ディスクのクリーンアップ

ディスクからすべてのパーティションを削除します。allパラメータを指定すると、ディスク上のあらゆるセクターがゼロで埋められます。

パーティションの作成

プライマリ、拡張、または論理パーティションを作成します。sizeを指定しない場合は、残りの使用可能な領域がパーティションに使用されます。offsetを指定しない場合は、最初の使用可能な領域でパーティションが作成されます。パーティションの作成後、そのパーティションは選択されます。

起動パーティションのマーク

現在選択されているパーティションはactive、つまり起動可能なパーティションとしてマークされます。

ドライブ文字の割り当て

ポストインストールタスクの追加

ポストインストールタスクの追加

ビルトインポストインストールタスクを追加し、アクションの選択 メニューの選択肢を使用して、独自のタスクをスクリプトに追加し、ポストインストールタスクとして実行できます。アプライアンスは、指定したランタイム環境でタスクを実行します。また、1つのファイルまたは複数のファイルを含むZIPアーカイブをアップロードして、ポストインストールタスクとして実行することもできます。ビルトインタスクは複製およびカスタマイズできます。

アプリケーションの追加

アプリケーションの追加

1つのファイルまたは複数のファイルを含むZIPアーカイブをアップロードして、ポストインストールタスクとして実行できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ポストインストールタスク をクリックして ポストインストールタスク ページを表示します。
2.
アクションの選択 > アプリケーションの追加 を選択し、ポストインストールタスク詳細 ページを表示します。
3.
名前 に、タスクの論理名(Install Adobe Reader 11など)を入力します。
4.
実行時環境を選択します。詳細については、実行時環境についてを参照してください。
5.
ファイルのアップロード の隣にある 参照 をクリックして、該当するファイルを選択します。
6.
パラメータ で、タスクのコマンドラインパラメータを入力します。
7.
アプライアンスを再起動してシーケンス内の次のタスクを実行するには、再起動が必要です のチェックボックスを選択します。
8.
メモ に、タスクを識別するためのメモを追加します。
9.
保存 をクリックします。
Related Documents