Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

一般設定

一般設定

言語とデバイス画面設定を構成します。

フィールド

説明

タイムゾーン

デバイスのタイムゾーンを選択します。

地域および言語オプション

デバイスのオペレーティングシステムのデフォルト言語を選択します。

画面色

デバイスの画面色を選択します。すべてのターゲットデバイスに同一の設定が必要であることが明確でない場合、推奨設定は Windowsデフォルト です。

画面領域

デバイスの画面領域を選択します。すべてのターゲットデバイスに同一の設定が必要であることが明確でない場合、推奨設定は Windowsデフォルト です。

更新頻度

デバイス画面のリフレッシュレートを選択します。すべてのターゲットデバイスに同一の設定が必要であることが明確でない場合、推奨設定は Windowsデフォルト です。

ネットワーク設定

ネットワーク設定

ネットワーク設定は、ネットワーク関連の初期設定を制御します。推奨される設定は、ランダムな名前が生成されるように デバイス名 フィールドを空白のままにし、コンピューターを ワークグループ に参加させて、スクリプト形式のインストールをその他のターゲットデバイスで展開できるようにすることです。ポストインストールタスクを使用して、コンピューター名を変更し、コンピューターをドメインに参加させることができます。

フィールド

説明

デバイス名

デバイス名を入力するか、名前が自動で生成されるようにフィールドを空白のままにします。

ワークグループ

ワークグループにデバイスを参加させます。

ドメイン

ターゲットデバイスがドメインに参加している場合は、このチェックボックスをオンにします。

ドメイン内のコンピューターアカウントの作成

ドメイン内にデバイスアカウントを追加するには、このチェックボックスをオンにします。

ドメイン管理者

ドメイン管理者の名前を入力します。

パスワード

ドメイン管理者のパスワード。

Windowsコンポーネント設定

Windowsコンポーネント設定

自動更新を有効にする チェックボックスをオンにすると、インストール中にWindows更新機能が有効になります。

スクリプト形式のインストールの設定ファイルの修正

スクリプト形式のインストールの設定ファイルの修正

オペレーティングシステムの展開に使用されるインストール設定ファイルを修正できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックし、次に スクリプト形式のインストール をクリックして、スクリプト形式のインストール ページを表示します。
2.
リストからスクリプト形式のインストールを選択し、スクリプト形式のインストール詳細 ページを表示します。
3.
構成のセットアップ の隣の 表示 をクリックして、変更を入力します。
4.
保存 をクリックします。
Related Documents