Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

ユーザープロファイルのオフラインスキャン

ユーザープロファイルのオフラインスキャン

ユーザープロファイルのオフラインスキャンを使用することにより、展開に割り当てられているデバイスからユーザープロファイルをキャプチャできます。アプライアンスは、ユーザープロファイルのオフラインスキャン プレインストールタスクがスクリプト形式のインストールまたはシステムイメージに割り当てられているとユーザープロファイルをキャプチャし、ユーザープロファイルの展開 ポストインストールタスクを使用して、選択されたユーザープロファイルを展開します。ユーザープロファイルのスキャン時には、アプライアンスで使用可能なその他のユーザープロファイルを読み込むことも選択できます。

左側のナビゲーションペインで、展開 > システムイメージ を選択し、システムイメージ ページを表示します。次に、システムイメージ名をクリックして、システムイメージ詳細 ページを表示します。
左側のナビゲーションペインで、展開 > スクリプト形式のインストール を選択し、スクリプト形式のインストール ページを表示します。次に、スクリプト形式のインストール名をクリックし、スクリプト形式のインストール詳細 ページを表示します。
スクリプト形式のインストール詳細 ページまたは システムイメージ詳細 ページが表示されます。
3.
インストールプラン で、ユーザープロファイルのオフラインスキャン プレインストールタスクを 使用可能なプレインストールタスク 列から 実行するプレインストールタスク 列に移動します。ユーザープロファイルのオフラインスキャン がリストの先頭にあり、ユーザープロファイルの展開 ポストインストールタスクが追加されていることを確認します。
4.
保存 をクリックします。

ターゲットデバイスへのユーザープロファイルの自動展開

ターゲットデバイスへのユーザープロファイルの自動展開

アプライアンスは、ユーザープロファイルのオフラインスキャン プレインストールタスクがスクリプト形式のインストールまたはシステムイメージの展開に割り当てられているとユーザープロファイルをキャプチャし、ユーザープロファイルの展開 ポストインストールタスクを使用して、キャプチャされたユーザープロファイルを読み込みます。

左側のナビゲーションペインで、展開 > システムイメージ を選択し、システムイメージ ページを表示します。次に、システムイメージ名をクリックして、システムイメージ詳細 ページを表示します。
左側のナビゲーションペインで、展開 > スクリプト形式のインストール を選択し、スクリプト形式のインストール ページを表示します。次に、スクリプト形式のインストール名をクリックし、スクリプト形式のインストール詳細 ページを表示します。
スクリプト形式のインストール ページまたは システムイメージ詳細 ページが表示されます。
3.
インストールプラン で、ユーザープロファイルの展開 ポストインストールタスクを 使用可能なポストインストールタスク 列から 実行するポストインストールタスク 列に移動します。
4.
保存 をクリックします。

ターゲットデバイスへのユーザープロファイルの手動展開

ターゲットデバイスへのユーザープロファイルの手動展開

デバイスをスキャンし、ユーザープロファイルをK2000アプライアンスにキャプチャすると、USMTは、デバイスのユーザープロファイルを含む.migファイルを作成します。.migファイルをアプライアンスからダウンロードして、新しいユーザープロファイルを使用して更新するターゲットデバイスの任意の場所にコピーできます。

USMT ScanStateユーティリティは、バックアップを実行し、.migファイルを生成します。USMT LoadStateユーティリティは、.migファイルを使用して、復元プロセスを実行します。LoadStateユーティリティを管理者モードで実行すると、ユーザープロファイルがターゲットデバイスに読み込まれます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ユーザープロファイル をクリックして ユーザー状態 ページを表示します。
2.
プロファイルを選択して、ユーザープロファイル詳細 ページを表示します。
USMT.MIGを開く ダイアログボックスが表示されます。
4.
ファイルの保存 をクリックして、任意の場所にファイルを保存します。
5.
.migファイル全体をターゲットデバイスにコピーします。
a.
ターゲットデバイスにMyUserStatesのようなローカルストアを作成し、サブフォルダUSMTを作成して、.migファイルをUSMTフォルダにコピーします。
b.
ターゲットデバイスのUSMTフォルダで、loadstate.exeを実行します。

ユーザープロファイルを展開するには、次のコマンドラインオプションを使用します。

ローカルアカウント: loadstate.exe StorePath /i:miguser.xml /i:migapp.xml /lac /lae
ドメインアカウント: loadstate.exe StorePath /i:miguser.xml /i:migapp.xml

スクリプト形式のインストールを作成する

スクリプト形式のインストールウィザードを使用した応答ファイルの作成、既存の応答ファイルのアップロード、またはサーバーベースの有人セットアップの使用を行うことができます。

スクリプト形式のインストールの準備:

Related Documents