Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

オペレーティングシステムドライバの管理

オペレーティングシステムドライバの管理

ドライバフィードを有効にすると、オペレーティングシステムで必要な最新のデルのドライバを取得できます。その後、ダウンロードするドライバを選択できます。モデルに固有のパッケージには、Windowsのスクリプト形式のインストール用のドライバが含まれています。

Windowsオペレーティングシステムドライバについて

デバイスで\<your_k2000_box>\drivers_postinstall\feed_tools\driver_feed_discovery_tool.vbsスクリプトを実行して、モデルおよび製造元の名前を取得できます。
フォルダ構造は、<製造元名>\<OS名>\<モデル名>です。

スクリプト形式のインストール用のドライバフィードを有効にする

スクリプト形式のインストール用のドライバフィードを有効にする

最新のデルのドライバを取得するために ドライバフィード を有効にすると、ダウンロードするドライバを選択できます。K2000は、スクリプト形式のインストール展開でオペレーティングシステムが必要なドライバをデバイスモデル別に整理します。

Sysprepを実行済みのシステムイメージ用に ドライバフィード を有効にできます。詳細については、システムイメージ用のドライバフィードを有効にするを参照してください。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ドライバフィード をクリックします。
2.
アクションの選択 > ドライバフィード設定の管理 を選択して、ドライバフィード設定 ページを表示します。
3.
ドライバフィードを有効にする チェックボックスをオンにして、保存 をクリックします。
4.
更新の確認 をクリックします。
5.
オプションキャンセル をクリックして、ページを閉じます。
6.
保存 をクリックします。

ドライバフィードステータス に、更新を確認しています が表示されます。使用可能なドライバパッケージのリストを ドライバフィード ページで表示し、パッケージをアプライアンスにダウンロードしてインストールできます。

システムイメージ用のドライバフィードを有効にする

システムイメージ用のドライバフィードを有効にする

Sysprepを実行済みのシステムイメージ用の ドライバフィード を有効にして、不足しているドライバを取得できます。イメージをキャプチャしたデバイスにドライバをインストールし、イメージを再キャプチャして、イメージをアプライアンスにアップロードできます。Quest KACEは、システムイメージのドライバのインストールを回避するため、イメージをキャプチャするためのベストプラクティスを使用することをお勧めします。

イメージをキャプチャするためのベストプラクティスの詳細については、https://support.quest.com/k2000-systems-deployment-appliance/kb/121734を参照してください。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックし、次に システムイメージ をクリックして、システムイメージ ページを表示します。
2.
展開するイメージを選択して、システムイメージ詳細 ページを表示します。
3.
展開 オプションで、ドライバフィードを使用(Sysprepベースのイメージでのみ) チェックボックスをオンにします。
4.
オプションキャンセル をクリックして、ページを閉じます。
5.
オプション複製 をクリックしてイメージをコピーし、必要に応じて編集します。
6.
保存 をクリックします。

ドライバフィードを無効にする

ドライバフィードを無効にする

ドライバフィード を無効にすることより、非Dellドライバ、別のK2000アプライアンスからのドライバ、および別のデバイスに格納されているドライバを手動でダウンロードしてインストールできます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ドライバフィード をクリックします。
2.
アクションの選択 > ドライバフィード設定の管理 を選択して、ドライバフィード設定 ページを表示します。
3.
ドライバフィードを有効にする チェックボックスをオフにします。
4.
オプションキャンセル をクリックして、ページを閉じます。
5.
保存 をクリックします。
Related Documents