Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

デバイスの互換性の表示

デバイスの互換性の表示

有人のスクリプト形式のインストールの場合は、ビルトインの デバイスの互換性の表示 プレインストールタスクを追加できます。このタスクでは、オペレーティングシステムの展開先であるデバイスのハードウェア用のすべてのドライバが、スクリプト形式のインストールを実行する前にK2000アプライアンスに存在するかどうかを確認できます。ドライバが不足している場合、ドライバのないハードウェアのリストが表示され、スクリプト形式のインストールは停止します。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックし、次に スクリプト形式のインストール をクリックして、スクリプト形式のインストール ページを表示します。
2.
該当するスクリプト形式のインストールを選択し、スクリプト形式のインストール詳細 ページを表示します。
3.
インストールプラン で、デバイスの互換性の表示 タスクを 実行するプレインストールタスク 列に追加します。次に、ハードウェアインベントリをアップロードして、互換性のないデバイスのリストをターゲットデバイスのコンソールに表示します。
4.
保存 をクリックします。

ドライバの互換性詳細の表示

ドライバの互換性詳細の表示

アプライアンスのK2000ブート環境(KBE)でデバイスがネットワーク起動した後に、アプライアンスは自動的にデバイスのハードウェアインベントリを詳細に記録します。デバイスの詳細と ドライバ互換性レポート を表示できます。このレポートは、スクリプト形式のインストールで使用可能なドライバとデバイスが要求するドライバの対比をリストします。

ドライバ互換性レポートはドライバを再キャッシュした後に構築されるので、レポートはdrivers共有ディレクトリのドライバのみを対象にします。

2.
左側のナビゲーションペインで、デバイス をクリックして、デバイスインベントリ ページを表示します。
3.
デバイスのホスト名またはIPアドレスをクリックして、デバイスの詳細 ページを表示します。
4.
ドライバ互換性レポート で、オペレーティングシステムを選択し、互換性の表示 をクリックします。

互換性レポートでは、デバイスで必要なドライバと、ソースメディアで使用可能なドライバが比較されます。不足しているドライバを追加できます。

ドライバのエクスポート

ドライバのエクスポート

アプライアンスは、ドライバを含む.pkgファイルと、.pkgファイルと同じ名前の.xmlファイルを生成します。.xmlファイルには、ドライバのメタデータが含まれます。.pkgファイルと.xmlファイルは、\K2000_hostname\restoreディレクトリに保存されます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に パッケージ管理 をクリックして パッケージ管理 ページを表示します。
2.
K2000パッケージのエクスポート をクリックして、エクスポートリスト ページを表示します。
4.
アクションの選択 > 選択内容をエクスポート を選択します。

ドライバの再キャッシュ

ドライバの再キャッシュ

ドライバを再キャッシュすると、ドライバに対して更新が行われたことがアプライアンスに通知されます。

再キャッシュを行う前に、drivers/kbe_windows_x86またはdrivers/kbe_windows_x64driversディレクトリに、ドライバが存在することを確認します。ドライバの再キャッシュでは、drivers共有ディレクトリのみがスキャンされ、drivers_postinstallディレクトリはスキャンされません。
1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に アプライアンスのメンテナンス をクリックして アプライアンスのメンテナンス ページを表示します。
2.
ユーティリティドライバの再キャッシュ セクションで、すべてのドライバの再キャッシュ をクリックします。
Related Documents