Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

管理者コンソールへのログイン

管理者コンソールへのログイン

ネットワーク設定を構成し、アプライアンスを再起動すると、ローカルエリアネットワーク(LAN)上のすべてのデバイスから管理者コンソールにログインできます。

(http://ホスト名)を入力します。例:http://k2000
初期設定ウィザード ページが表示されます。
2.
初期設定ウィザード で、次のオプションのいずれかを選択してアプライアンスモードを選択します。
3.
次へ をクリックします。

設定

説明

ライセンスキー

Quest KACEからの案内のEメールに記載されているライセンスキーを入力します。ダッシュも含めてください。ライセンスキーがない場合は、Quest KACEテクニカルサポート(https://support.quest.com/contact-support)までご連絡ください。

管理者パスワード

デフォルトのadminアカウントのパスワードを入力してください。アプライアンスの管理者コンソールにログインするには、このアカウントを使用します。このパスワードを忘れないでください。このパスワードがないと、管理者コンソールにログインできません。

登録データ

アプライアンスからのログと通知を受け取る会社またはグループの名前、および担当者またはグループのEメールアドレスを入力します。

ネットワーク接続

K2000および仮想K2000アプライアンスは、ライセンス情報を検証するためにネットワーク接続されている必要があります。

タイムゾーン

アプライアンスが設置されている地域のタイムゾーンを選択します。

5.
オプション)考えが変わり、K2000またはRSAモードに切り替えたくなった場合は、仮想アプライアンスモードの変更 をクリックしてアプライアンスの種類を選択します。
6.
設定を保存して続行する をクリックします。
8.
オプション)考えが変わり、K2000またはRSAモードに切り替えたくなった場合は、仮想アプライアンスモードの変更 をクリックしてアプライアンスの種類を選択します。
設定を完了するには、アプライアンスを設定して再起動する をクリックします。アプライアンスが再起動します。次の手順に進みます。
設定を完了させたくない場合は、アプライアンスの電源をオフにする をクリックします。アプライアンスの電源がオフになります。
11.
エンドユーザー使用許諾契約(EULA)に同意し、次に、ログインID adminとパスワード(初期設定ページで選択したもの)を使用してログインします。

設定が完了してK2000アプライアンスにログインすると、管理者コンソールで使用可能なすべてのページにアクセスできます。ただし、RSAで提供されるリモートサイトコンソールでは、RSAモードに適用されるページのみにアクセスが制限されています。たとえば、リモートサイトコンソールでは、左側のナビゲーションペインに ホーム設定サポート メニューオプションのみが表示されて、そこから関連ページにアクセスできます。

言語設定の構成

言語設定の構成

アプライアンスコンソールのテキスト用に使用する言語の設定、日付などの数値用に使用するデフォルト文字セットを決定するための地域設定の構成、およびWindows用のK2000ブート環境(KBE)で使用するテキスト用のフォントの選択を行うことができます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックしてセクションを展開し、次に 言語設定 をクリックして 言語設定 ページを表示します。
2.
言語 ドロップダウンリストで、アプライアンスコンソールのテキスト用に使用する言語のロケールを選択します。
デフォルト オプションを選択すると、管理者コンソールの言語は、ブラウザの言語と一致します。
3.
地域 ドロップダウンリストで、日付などの数値用に使用するデフォルト文字セットを決定するためのロケールを選択します。
4.
KBEオプションフォントサポート で、Windows用のK2000ブート環境(KBE)でテキスト用に使用する言語を決定するためのロケールを選択します。
5.
オプションキャンセル をクリックして、ページを閉じます。
6.
保存 をクリックします。

選択した言語が適用されます。管理者コンソールにログインする管理者には、ローカライズバージョンが表示されます。これは、ターゲット言語もブラウザ設定で選択されている場合に限ります。

ダッシュボードの使用

ダッシュボードは、アプライアンスのアクティビティの概要、共通タスクへのリンク、およびライブラリリソースを提供します。警告と、ニュース記事およびサポート技術情報記事へのリンクも提供します。ダッシュボードは、必要に応じて、ウィジェットを表示または非表示にするようにカスタマイズできます。

ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードは、必要に応じてカスタマイズして、ウィジェットを追加できます。

3.
ページの右上隅にある カスタマイズ ボタンをクリックすると、使用可能なウィジェットが表示されます。
4.
現在非表示のウィジェットを表示するには、インストール をクリックします。
Related Documents