Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

ネットワークスキャンの構成と実行

ネットワークスキャンの構成と実行

ネットワークスキャンを設定するか、既存のスキャンを選択して実行することより、ネットワーク上に存在するデバイスを検出できます。スキャンを実行すると、設定されているIP範囲で検出が行われ、範囲内のアドレスごとに1つのアイテムがアプライアンスの ネットワークインベントリ 内に作成されます。MACアドレスとポートステータスは、アプライアンスと同じサブネット上に存在するデバイスに対してのみ検出できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、デバイス をクリックしてセクションを展開し、次に ネットワークスキャン をクリックして ネットワークスキャン ページを表示します。
アクションの選択 > 新規作成 を選択して ネットワークスキャン詳細 ページを表示し、スキャンのIP範囲を設定します。プロセスにより、設定したIP範囲がスキャンされ、範囲内のアドレスごとに1つのアイテムが ネットワークインベントリ 内に作成されます。
リストからスキャンを選択し、次に アクションの選択 > 今すぐ実行 を選択します。
3.
保存 をクリックします。

ネットワークインベントリのアプライアンスへの追加

ネットワークインベントリのアプライアンスへの追加

デバイスをコンマ区切り値(CSV)形式のファイルにリストし、そのCSVファイルをアプライアンスにアップロードすることにより、デバイスをアプライアンスに追加できます。アプライアンスはファイルにリストされているデバイスを、IPアドレス、MACアドレス、およびホスト名の順序で識別します。

CSVファイルの各行で、IPアドレス、MACアドレス(コロン付き)、およびホスト名(オプション)をコンマ区切り形式で指定する必要があります。例:192.168.2.44,00:22:5f:51:eb:df,K2000。

1.
左側のナビゲーションペインで、デバイス をクリックし、次に ネットワークインベントリ をクリックして、ネットワークスキャンインベントリ ページを表示します。
2.
アクションの選択 > アップロード を選択して、ネットワークインベントリのアップロード ページを表示します。
3.
参照 をクリックし、CSVファイルを選択します。
4.
インベントリのアップロード をクリックして、ネットワークスキャンインベントリ ページでデバイスのリストを表示します。
アクションの選択 > Wake On LANの送信 を選択して、デバイスの電源をオンにし、その後ブートアクションを作成します。詳細については、ブートアクションの作成を参照してください。

ネットワーク上のアクティブデバイスと非アクティブデバイスのスキャン

ネットワーク上のアクティブデバイスと非アクティブデバイスのスキャン

ネットワークスキャンの実行時に、デバイスがアクティブであるかないかに関係なくすべてのIPアドレスのリストをスキャンが表示するかどうかを指定できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、設定 をクリックして コントロールパネル を表示し、次に 一般設定 をクリックして 一般設定 ページを表示します。
2.
ネットワークスキャンの インベントリ内の空のスキャン結果の表示 チェックボックスをオンにして、デバイスがアクティブであるかないかに関係なく、指定した範囲内のすべてのIPアドレスについてレコードを作成して表示します。インベントリ内の空のスキャン結果の表示 チェックボックスをオンにしない場合、ネットワークスキャンは、そのIPアドレスが存在する範囲内で接続中のもののみを表示します。

デバイスの手動追加

デバイスの手動追加

ブートアクションを作成または修正した場合、デバイスのMACアドレスを入力することにより、デバイスをシステムイメージおよびスクリプト形式のインストールの展開に追加できます。デバイスは、展開が開始されたときに、K2000インベントリに追加されます。

1.
左側のナビゲーションペインで、展開 をクリックして、自動展開 ページを表示します。
2.
デバイスの追加先となる展開の名前を選択して、自動展開の詳細 ページを表示します。
3.
オプション > スケジュール で、次のいずれかを選択して展開を実行します。
a.
次のブートで実行する: 次のネットワーク起動で展開を開始します。
b.
後で実行するようにスケジュールする: 日付と時刻を指定します。一度実行: (日)、特定時刻に実行: H(時)、M(分)。繰り返し実行する を選択すると、指定した時間に展開が毎日実行されます。
4.
展開の タイプ を選択します。
マルチキャスト展開の場合は、デフォルトマルチキャスト設定の編集 をクリックして、この展開のマルチキャスト設定を変更します。すべてのマルチキャスト展開の設定を変更するには、デフォルトマルチキャスト設定の編集を参照してください。
5.
デバイス で、1つ以上のMACアドレスをクリックまたは入力して、インベントリに存在しないデバイスを追加し、次へ をクリックします。複数のMACアドレスの貼り付け を選択して複数のアドレスを追加したり、すべて表示 ドロップダウンリストからタイプ別にデバイスを追加したりすることもできます。
6.
保存 をクリックします。
Related Documents