Chat now with support
Chat with Support

KACE Systems Deployment Appliance 4.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム導入アプライアンス(K2000)について はじめに ダッシュボードの使用 K2000の設定 ユーザーアカウントおよびユーザー認証のセットアップ セキュリティ設定項目の設定 展開の準備 デバイスインベントリの管理 ラベルの使用 Windowsブート環境を作成する ドライバの管理 イメージのキャプチャ ユーザープロファイルのキャプチャ スクリプト形式のインストールを作成する タスクシーケンスの作成 展開の自動化 手動展開の実行 Macデバイスのイメージ作成 リモートサイトアプライアンスについて アプライアンスコンポーネントのインポートとエクスポート ディスク容量の管理 アプライアンスの問題のトラブルシューティング アプライアンスソフトウェアの更新 当社について 法的情報 用語集

ソースメディア詳細の表示

ソースメディア詳細の表示

ファイルサイズやファイルがK2000アプライアンスにアップロードされた日付など、ソースメディアについての情報を表示できます。

1.
左側のナビゲーションペインで、ライブラリ をクリックしてセクションを展開し、次に ソースメディア をクリックして ソースメディア ページを表示します。
2.
名前 で、イメージを選択して、ソースメディア詳細 ページを表示します。
3.
オプションキャンセル をクリックして、ページを閉じます。
4.
削除 をクリックして、ソースメディアをアプライアンスから削除します。
5.
保存 をクリックします。

展開のタイプの選択

展開のタイプの選択

オペレーティングシステムを異なるデバイスモデルに展開できます。また、K2000アプライアンスは、スクリプト形式のインストールの展開用に、リソースライブラリからドライバを取得します。システムイメージの展開を実行するために、デバイスの状態についてドライブ、OSとシステム設定、プログラム、およびファイルなどのすべてをコピーできます。

スクリプト形式のインストールの展開

OS用にISOを使用する場合はスクリプト形式のインストールを使用し、展開用の応答ファイルを作成します。

システムイメージの展開

デバイスドライブ、OS、システム設定、プログラム、およびファイルなどのすべてを含むデバイスから、イメージをキャプチャします。

展開方法

自動展開: ブートアクションを使用して、スクリプト形式のインストールとシステムイメージの展開を開始します。ユニキャスト展開とマルチキャスト展開をサポートします。
手動展開: ソースメディアから直接展開する場合、USBイメージ展開の場合、およびターゲットデバイスがネットワークに接続していない場合は、手動展開を使用します。

サポートされるイメージのタイプ

サポートされるイメージのタイプ

Windows 7以上が動作するデバイスからWIMおよびK-Imageを、Window 8以上が動作するデバイスからUEFIイメージをキャプチャできます。また、Mac OS XデバイスからDMGイメージをキャプチャできます。

イメージのタイプ

WIMイメージ

K-Image

UEFIイメージ

ターゲットデバイスはUEFI互換である必要があり、UEFIパーティションの作成 プレインストールタスクを使用してUEFIパーティションが作成される必要があります。

デバイスインベントリの管理

デバイスがK2000ブート環境(KBE)で起動すると、アプライアンスはデバイスをそのMACアドレスで識別し、デバイスインベントリ ページにリストします。アプライアンスは、ネットワーク上には存在するが、そのアプライアンスで起動していないデバイスを ネットワークインベントリ ページにリストします。

デバイスをK2000インベントリに追加する手順について:

Related Documents