Chat now with support
Chat with Support

KACE Asset Management Appliance 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

ソフトウェア ページインベントリのライセンス資産の追加

ソフトウェア ページインベントリのライセンス資産の追加

ライセンス資産を作成して、ライセンスを必要とするアプリケーションの情報を追跡できます。

ライセンス資産を作成する前に、ライセンス資産で管理する必要のある情報(ライセンスで許諾されたインストール数またはシート数、プロダクトキー、発注番号など)を準備します。

注: ソフトウェア ページインベントリに表示されているアプリケーションのライセンス資産を作成するには、まず、そのアプリケーションのソフトウェア資産を作成する必要があります。ソフトウェアカタログ ページインベントリのアプリケーションについてはソフトウェア資産を作成する必要がありません。

アプライアンス上で組織コンポーネントが有効化されている場合は、各組織のライセンス資産を個別に作成できます。

1.
ライセンス資産詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
左側のナビゲーションバーで、資産 をクリックします。アクションの選択 > 新規作成 > ライセンスを選択します。
左側のナビゲーションバーで、インベントリ をクリックして、ソフトウェアカタログ をクリックします。アプリケーションの名前をクリックします。ソフトウェアカタログの詳細 ページで 新しいライセンスの追加 をクリックします。

オプション

説明

サブタイプ

ライセンスに関連付ける資産サブタイプ。詳細については、資産サブタイプ、カスタムフィールド、およびデバイス詳細基本設定についてを参照してください。

名前

ライセンス名(「Office Professional PO #1234」など)。これは資産を検索するために使用される名前です。1 つのアプリケーションに複数のライセンスを関連付ける場合は、それらのライセンスを区別するために、以下のフィールドに注文書番号または購入日を指定します。

ライセンス数

ライセンスによって許諾されるインストール数またはシート数。例えば、「50」と表示されます。

カタログ登録済みソフトウェアへの適用

このセクションは空白のままにします。ただし、ソフトウェア ページインベントリと ソフトウェアカタログ インベントリのアプリケーションに対して、同時に1つのライセンスを関連付けることはできません。カタログ登録済みソフトウェアに対してライセンス資産を作成する方法の詳細については、ソフトウェアカタログ インベントリのライセンス資産の追加を参照してください。

ソフトウェアへの適用

ライセンスを適用する、ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーション。ソフトウェア ページでは、複数のアプリケーションに対してライセンスを関連付けることができます。

このフィールドがブランクの場合は、ソフトウェア資産の追加に従って、ソフトウェア資産を作成する必要があります。

ライセンスモード

ライセンス資産のモード。ライセンスを必要とするアプリケーションの場合、Enterprise(エンタープライズ) または Client Access License(クライアントアクセスライセンス) のいずれかを選択します。

ライセンスモードは、管理者コンソールの次のセクションで使用されます。

ライセンスコンプライアンス リスト(ソフトウェアカタログインベントリのみ)。詳細については、ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンスコンプライアンス情報の表示を参照してください。
Dashboard(ダッシュボード) に表示される ライセンスコンプライアンス グラフ。Asset Detail(資産詳細) ページで無視にマーク付けされた値は、100% の使用レベルで表示されます。詳細については、ダッシュボードのウィジェットについてを参照してください。

プロダクトキーおよび単価

ライセンスに関する追加の情報。ライセンス資産タイプについて取得可能なデフォルト情報は、修正および編集可能です。

ベンダー

アプリケーションに関連付けるベンダー資産の名前。ベンダー資産を追加していない場合は、Vendor(ベンダー) ドロップダウンリストに何も表示されません。ベンダーを検索するには、リストに入力を開始します。

注文書番号

ライセンスに関連付けられた注文書番号。

購入日

ライセンスを取得した日付。フィールド内をクリックし、カレンダーで日付を選択します。

アップグレード権を含む

ライセンスにアップグレート権が含まれるかどうかを示します。アップグレード権とは、ライセンス済みソフトウェアの新しいバージョンが利用可能になったときに、その新しいバージョンにアップグレートできる資格があることを意味します。

ただし、この設定はカタログ登録済みソフトウェアのライセンスのみに適用されます。カタログに登録されていないソフトウェアの場合は、このオプションを いいえ に設定します。

カタログ登録済みソフトウェアに対してライセンス資産を作成する方法の詳細については、ソフトウェアカタログ インベントリのライセンス資産の追加を参照してください。

メンテナンスを含む

ライセンスがユーザーにアプリケーションのバージョンをアップグレードまたはダウングレードする権利を与えているかどうか。

有効期限日

ライセンスにメンテナンスが含まれている場合は、メンテナンス期間の有効期限。

K1000 ライセンスコンプライアンス機能は、アプリケーションリリース日などソフトウェアカタログ情報を利用します。メンテナンス期間中に新規アプリケーションバージョンをリリースした場合、そのバージョンは自動的にこのライセンス資産の対象範囲になります。

ダウングレード権を含む

ライセンスにダウングレード権が含まれるかどうかを示します。ダウングレード権とは、ソフトウェアの新しいバージョンを同じソフトウェアの古いバージョンにダウングレードするライセンスを適用する資格があることを意味します。

ただし、この設定はカタログ登録済みソフトウェアのライセンスのみに適用されます。カタログに登録されていないソフトウェアの場合は、このオプションを いいえ に設定します。

カタログ登録済みソフトウェアに対してライセンス資産を作成する方法の詳細については、ソフトウェアカタログ インベントリのライセンス資産の追加を参照してください。

部門

アプリケーションを所有するビジネスグループまたは部門。

コストセンター

アプリケーションを所有する部門に関連付けられたコストセンター。

承認されたデバイス

ライセンスの使用を承認されたデバイス。この情報は、ライセンスコンプライアンスレポートの作成に使用されます。例えば、対象のアプリケーションをインストールしたデバイスが、承認されたデバイスのリストに存在しない場合、それらのデバイスは「未承認のソフトウェアインストール」というタイトルのレポートで報告されます。ただし、K1000アプライアンスは、ライセンスコンプライアンスを強制しません。例えば、ライセンスが期限切れであったり、コンプライアンスから外れていたとしても、管理対象デバイスへのアプリケーションのインストールがアプライアンスによって阻止されることはありません。

注意

任意の追加情報を入力します。

ライセンステキスト

ライセンスナンバーなどライセンスに関する補足情報。

カスタムフィールド

追加の情報。ビジネス目標に合わせて、ライセンス資産タイプを修正し、必要な数のフィールドを追加することができます。

3.
保存 をクリックします。

資産 ページに新しい資産が表示されます。ライセンス数 の数値は、資産を更新するまでは変更されません。ただし、対象のソフトウェアをインストールされた管理対象デバイスがアプライアンスにチェックインすると、インストール済み 列の数値が変更されます。これにより、購入およびインストール済みのライセンス数を追跡できます。

CSV ファイルでのライセンスデータのインポート

CSV ファイルでのライセンスデータのインポート

ライセンスデータがスプレッドシートに入力されている場合は、それをCSV(コンマ区切り値)形式にエクスポートすると、K1000にインポートできます。または、テキストエディタを使用して、該当するデータを含む CSV ファイルを作成すれば、そのファイルをインポートできます。

定義した資産タイプについて、CSV ファイルに新しい資産が含まれる場合、新しい資産が追加されます。

インポート中の資産情報の処理方法

インポート中の資産情報の処理方法

資産情報がインポートされると、アプライアンスでは、新しい情報と既存の情報が比較され、新しい情報の処理方法が決定されます。

情報が新規であるか、既存であるか、または複製されているかに応じて、アプライアンスでは、次のアクションが実行されます。

資産の作成: プライマリキーの値と既存の値が一致しない場合は、資産が作成されます。
資産の更新: プライマリキーの値と既存の値が一致する場合は、資産情報が更新されます。
重複資産としてのフラグ付け: 資産タイプの複数のレコードが、プライマリキーとして選択された CSV フィールドの値と一致する場合、または複数のレコードが関連資産と一致する場合は、重複資産としてフラグ付けされます。重複レコードはインポートされません。

CSVファイルを使用した資産データのインポート

CSVファイルを使用した資産データのインポート

CSV(コンマ区切り形式)ファイルを使用して、ソフトウェアライセンスデータなどの資産データをインポートできます。

インポート前の資産データの準備

インポート前に資産データが適切であり、適切に書式設定されていることを確認します。

3.
すべての列が資産タイプの同等の Asset Fields(資産フィールド) にマップされることを検証します。
資産タイプには 資産名Purchase Order Number(注文書番号)、Vendor(ベンダー) などのデフォルトフィールドが含まれていますが、必要に応じてカスタム資産フィールドを追加できます。詳細については、資産フィールドの追加および削除についてを参照してください。
ヒント: デフォルトフィールドを表示するには、Asset Detail(資産の詳細) ページに移動します。詳細については、資産タイプのカスタマイズを参照してください。
5.
管理者コンソールからアクセスできる場所にスプレッドシートを CSV ファイルとして保存します。
例: 作成済みスプレッドシートからのライセンスデータのインポート

作成済みCSVファイルからライセンスデータをインポートできます。

この例では、ソフトウェアカタログインベントリのライセンス資産をインポートする方法について説明します。例では、ライセンス資産のインポートに必要なフィールドのみを示します。情報管理ニーズに合わせて単価、発行元、プロダクトキーなどのファイルを新たに追加できます。

インポートした資産を資産サブタイプに割り当てる場合は、そのサブタイプを追加してから資産をインポートします。詳細については、資産サブタイプの追加と デバイスの詳細 ページの基本設定の選択を参照してください。

資産名

ライセンス数

ライセンスモード

Includes Maintenance(メンテナンスを含む)

Applies to Software Catalog(ソフトウェアカタログへの適用)

ソフトウェアタイトル 1

100

Enterprise

はい

ソフトウェアタイトル 1

ソフトウェアタイトル 2

150

Enterprise

はい

ソフトウェアタイトル 2

ソフトウェアタイトル 3

200

Enterprise

はい

ソフトウェアタイトル 3

ソフトウェアタイトル 4

500

Enterprise

はい

ソフトウェアタイトル 4

各列の値は、コンマで区切ります。例: ソフトウェアタイトル 1,100,Enterprise,はい,ソフトウェアタイトル 1
4.
資産のインポート セクションで ファイルのアップロード ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、資産 をクリックして、資産のインポート をクリックします。
5.
参照 または ファイルの選択 をクリックし、先ほどのCSVファイルを選択します。
6.
CSV ファイルにヘッダー行が含まれている場合は、この例に示すように、File Header Row(ファイルヘッダー行) チェックボックスをオンにし、次へ をクリックします。
資産タイプの選択 ページが表示されます。
a.
資産タイプ ドロップダウンリストで、ライセンス を選択します。
b.
Asset Subtype(資産サブタイプ) ドロップダウンリストで、生産性 を選択します。
注: この例では、資産サブタイプ(生産性)がライセンス資産タイプに追加されています。ライセンス資産タイプのサブタイプをまだ追加していない場合、Subtype(サブタイプ) ドロップダウンリストは空になっています。インポート時に、選択したサブタイプにすべての資産が割り当てられます。
c.
次へ をクリックします。
マッピング ページが表示されます。
8.
CSV Fields(CSV フィールド) ドロップダウンリストで、アプライアンスの Required Standard Fields(必須の標準フィールド) および Required Asset Fields(必須の資産フィールド) に対応するフィールドを選択します。これらのフィールドのマッピングは、CSV ファイルおよび資産タイプの内容によって異なります。このセクションでは例えば、次の値を使用します。
資産名 = 資産名
License Count(ライセンス数) = License Count(ライセンス数)
Applies to Cataloged Software(カタログ登録済みソフトウェアへの適用) = ソフトウェアカタログ
9.
資産名 フィールドの隣にある PK チェックボックスを選択します。
10.
インポートする資産でバーコードを使用する場合は、バーコードフィールド 領域内で、バーコードをインポートする方法を指定します。

オプション

説明

資産バーコードを選択でアップデート

この領域にすでにバーコードがあるかどうをかを確認します。あれば、そのバーコードを更新します。ない場合は、指定した資産用にバーコードが作成されます。

すべての資産バーコードを選択と置き換え

既存のバーコードを指定されたバーコードと置き換えます。

バーコードデータ

CSVファイル内のバーコードを含むフィールド。同じタイプのバーコードは資産ごとに1つしかありません。

バーコードの名前

CSVファイル内のバーコードタグを含むフィールド。バーコード番号は常に一意で、複数の資産間で共有できません。ただし、アクティブな資産がアーカイブされた資産のバーコードを共有することはできます。

バーコードのフォーマット

CSVファイル内のバーコードフォーマットを含むフィールド。たとえば、UPC-ACode 11、またはUPC-Eです。

11.
プレビュー をクリックして、確認 ページでデータを確認します。
12.
インポート をクリックして、インポートプロセスを完了します。
資産のインポートの結果 ページが表示されます。
13.
完了 をクリックして、資産 ページに戻ります。
インポートが完了すると、資産 リストに資産が表示されます。ソフトウェアのタイトルがソフトウェアカタログインベントリのタイトルに一致した場合は、資産がインベントリアイテムに関連付けられるため、そのアイテムの Software Catalog Detail(ソフトウェアカタログの詳細) ページに資産を表示できます。
Related Documents