Chat now with support
Chat with Support

KACE Asset Management Appliance 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

デフォルトのエスカレーションEメールメッセージの変更

デフォルトのエスカレーションEメールメッセージの変更

サービスデスクチケットがエスカレーションされた場合に自動的に送信されるEメールメッセージのテキストを変更できます。

1.
サービスデスクの キューの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで キュー をクリックします。
2.
イベント発生時にEメールを送信 セクションで、Eメールのカスタマイズ をクリックして、サービスデスクEメール通知 ページを表示します。
3.
必要に応じて、「エスカレーションされたチケット」メッセージを編集します。
4.
保存 をクリックします。

Ticket Escalation(チケットのエスカレーション) メッセージの詳細については、EメールトリガとEメールテンプレートの設定を参照してください。

サービスデスクプロセスの使用

サービスデスクプロセスの使用

サービスデスクプロセスは、親チケットおよび子チケットを自動的に使用して、複数の手順やアクティビティがないと完了できないタスクを追跡できるようにするチケットテンプレートです。

例えば、新入社員向けにシステムや機器を準備する場合にどのようなタスクが必要になるかを考えてみます。

これらの必要なタスクが子アクティビティとして含まれているプロセステンプレートを作成できます。その後、そのプロセステンプレートに基づいてチケットを作成すると、プロセスの各ステージで必要なすべてのタスクに対して子チケットが自動的に作成されます。

サービスデスクプロセスを設定するには、プロセステンプレートの追加、編集、および有効化を参照してください。

プロセステンプレートの追加、編集、および有効化

プロセステンプレートの追加、編集、および有効化

プロセステンプレートをサービスデスクに追加できます。プロセステンプレートを有効にして、そのプロセスに基づいてチケットを作成するためにエンドユーザーが使用できるようにするには、少なくとも1つの親チケットが含まれている必要があります。

1.
サービスデスクの プロセステンプレートの作成 ウィザードに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで プロセステンプレート をクリックします。
d.
プロセステンプレートの作成 ウィザードを表示するには、次のいずれかを実行します。
アクションの選択 > 新規作成 の順に選択します。
プロセステンプレート ページで、プロセステンプレートの名前をクリックします。
プロセステンプレートの作成 ウィザードが表示され、同時に プロセステンプレートの定義 ページが開きます。
2.
プロセステンプレートの定義 ページで、次の情報を指定します。

オプション

説明

名前

プロセス全体を説明する名前(例: 「新規雇用」、「解雇」、「事務所移転」)。

説明

プロセスの説明。

HTML/Markdown

説明にリッチテキストが含まれているかどうかを示します。一部のプロセスの説明は他のプロセスの説明より長い場合があります。そのため、特定のテキスト要素をフォーマットすることで全体的な読みやすさを向上させ、エンドユーザーがプロセスをよく理解するのに役立ちます。Markdownプロジェクト構文を使用して、説明 ボックスの内容をフォーマットできます。例:

Markdown構文の詳細については、 http://daringfireball.net/projects/markdown/syntaxを参照してください。

プロセスタイプ

プロセスのタイプ。既定のインストールでは、サービスデスク プロセスタイプが含まれます。必要に応じて、新しいプロセスタイプを作成できます。たとえば、特定のアプリケーション、またはアプリケーションのグループにアクセスするためのプロセスタイプを作成できます。詳細については、プロセスタイプの定義を参照してください。

保存して続行 をクリックします。

3.
プロセステンプレートの作成 ウィザードに表示される 親チケット ページで、このプロセステンプレートに関連付ける親チケットを含むキューを選択し、親チケットの追加 をクリックします。
4.
表示される 親チケット ページで、このプロセステンプレートの新しい親チケットを作成するには、以下の手順を実行します。
フィールドのほとんどは、チケットの詳細 ページのフィールドと同じです。詳細については、管理者コンソールのチケットページからのチケット作成を参照してください。親チケットで、子チケットと同じカテゴリ、所有者などを使用する必要はありません。
Due Date Offset(期日オフセット) は子チケットに関する作業を完了するために必要な時間で、この時間はチケットの期日の計算に使用されます。例えば、Due Date Offset(期日オフセット) を 4 日に設定した場合、子チケットの期日はチケットの作成日の 4 日後にオフセットされます。期日は適用されませんが、期日が経過した場合、チケットは チケット リストで期限超過とマーク付けされ、レポートに期限超過と表示されます。
保存 をクリックして、プロセステンプレートの作成 ウィザードに戻ります。
5.
オプション。プロセスに親チケットを追加した後、そのプロセスの子チケットまたはアクティビティを設定できます。子チケットは、異なるキューに登録することも、異なるステージに割り当てることもできます。
a.
プロセステンプレートの作成 ウィザードに表示される 親チケット ページで、子チケット の下で、子チケットの追加 をクリックします。
b.
表示される 子チケット ページで、このプロセステンプレートの新しい子チケットを作成するには、以下の手順を実行します。
ステージ:チケットを作成するプロセスのステージ(1、2、3 など)。必要に応じて、複数のチケットを同じステージに割り当てることができます。例えば、最初のステージが新入社員の機器とサプライを入手することである場合、注文するデバイス、オフィス機器、およびサプライにそれぞれ別個の子チケットを用意し、そのすべてをステージ 1 に割り当てることができます。
タイトル:子チケットのタイトル。
概要:この子チケットに関連するタスクの説明。
カテゴリ所有者、および 期日:これらの値は、親チケットのものと一致する必要はありません。
c.
保存 をクリックして、プロセステンプレートの作成 ウィザードに戻ります。
6.
このプロセステンプレートで作成したチケットで承認が必要な場合、表示される 承認 ページで、このプロセスを開始するには、1件以上の承認が必要です。 を選択し、下の表にリストされた情報を指定します。

オプション

説明

承認ステップ

承認ステップ1

必要に応じて、1人または複数のチケット承認者。

いずれかの承認が必要です

少なくとも1件のチケット承認が必要です。

すべての承認が必要です

すべてのチケットの承認が必要です。

すべて削除

リストからすべての承認者を削除します。

別のステップを追加

承認ステップを追加します。

承認のオプション

承認タイムアウト期間

各承認者がチケットを承認または拒否する必要がある期間。期間は、このプロセステンプレートに基づいています。

承認タイムアウト期間は、複数の承認ステップにまたがることはありません。たとえば、プロセスにが2つの承認ステップがあり、承認タイムアウト期間は8時間として定義されている場合です。

承認通知の反復

承認が保留中のチケットについて、各承認者に通知を送る頻度を示します。

この値をゼロ「0」のままにすると、通知は1度だけ送信され繰り返し送信されることはありません。

承認のタイムアウトおよび通知の頻度に、営業日および休業日を使用する

営業時間を使用して承認期間が計算されることを示します。

承認のオーバーライド

承認をオーバーライドすると、保留中の承認を待たずにプロセスチケットを次の処理に移行できます。オーバーライドした後、すべての保留中の承認がクローズされ、チケット履歴が書き込まれ、Eメール通知に定義されているように、承認は受信済みです というEメールが承認者に送信されます。

なし

承認のオーバーライドは許可されません。

すべての管理者にオーバーライドを許可する

管理者のアクセス権限を持つすべてのユーザーが承認をオーバーライドできます。

ラベルの指定

指定するラベルのグループに属するすべてのユーザーが承認をオーバーライドできます。

保存して続行 をクリックします。
7.
表示される Eメール通知 ページで、チケットのライフサイクルの各ステージでのEメール通知の受信者を選択します。
8.
オプション。1つまたは複数のプロセスのステージのEメールテンプレートをカスタマイズします。
a.
Eメール通知 ページで、編集するEメールテンプレートが属するステージを含む行で、をクリックします。
b.
Eメールテンプレートの編集 ダイアログボックスで、次の情報を指定します。

オプション

説明

件名

Eメールの件名。

本文

Eメールの本文。

HTML/Markdownを使用

説明にリッチテキストが含まれているかどうかを示します。一部のプロセスの説明は他のプロセスの説明より長い場合があります。そのため、特定のテキスト要素をフォーマットすることで全体的な読みやすさを向上させ、エンドユーザーがプロセスをよく理解するのに役立ちます。Markdownプロジェクト構文を使用して、説明 ボックスの内容をフォーマットできます。Markdown構文の詳細については、http://daringfireball.net/projects/markdown/syntaxを参照してください。

c.
保存 をクリックします。
9.
Eメール通知 ページで、保存して続行 をクリックします。
10.
表示される 発行のオプション ページで、必要に応じて、次のいずれかの発行のオプションを選択します。

オプション

説明

有効

プロセスを使用してプロセスチケットを作成するには、そのプロセスを有効にする必要があります。ユーザーがこのプロセステンプレートからチケットを作成できるようにする場合は、このチェックボックスを選択します。

所有者以外のユーザーから承認情報を隠す

ユーザーがチケットを所有して承認情報を表示しないようにする場合は、このオプションを選択します。

送信者からプロセスの手順を非表示にする

親のチケットの詳細ページでプロセスの手順(子チケット)を送信者に表示したくない場合は、このオプションを選択します。

すべてのユーザーにプロセスを表示

このオプションは、デフォルトで選択されています。エンドユーザーがこのプロセスにアクセスするのを制限する場合は、このオプションをクリアします。または、アクセスを付与するグループに関連付けられたラベルを選択します。

プロセスの説明ページを新しいプロセスリクエストを作成するときに表示

このプロセステンプレートに基づいて新しいチケットを作成するときに、プロセスの説明ページに表示する場合は、このオプションを選択します。

プロセスステータスワークフローをチケットステータスの代わりに使用

プロセステンプレートで利用可能な承認機能および通知機能を利用する場合は、このオプションを選択する必要があります。承認または通知をすでに設定している場合は、このオプションはデフォルトで選択されてクリアできません。プロセスステータスのワークフローの使用を選択すると、親チケットは各種プロセス特定のステータス(保留中の承認、承認が拒否されました、承認は期限切れです、進行中、プロセス完了)を自動的に移行します。

このオプションを選択しないでチケットステータスワークフローを代わりに継続して使用すること選択した場合、必要な承認機能と通知機能を実現するためのカスタムチケットルールを作成する必要があります。

プロセスステータスのワークフローを使用する場合は、ステータス フィールドは、関連キューに表示されるように設定されていても、チケットの詳細 ページに表示されません。子チケットの ステータス フィールドは引き続き表示されます。

親チケットのクローズ済みステータス

このプロセスに関連付けられている親チケットがクローズされるときに使用するステータスを選択します。

最後の子アクティビティがクローズされると、親チケットは自動的にクローズしそのステータスがこのフィールドに表示されます。

終了 をクリックします。
プロセステンプレートの作成 ウィザードが閉じ、新規作成または更新したプロセステンプレートが プロセステンプレート ページに表示されます。

プロセスタイプの定義

プロセスタイプの定義

既定のインストールでは、サービスデスク プロセスタイプが含まれます。必要に応じて、新しいプロセスタイプを作成できます。たとえば、特定のアプリケーション、またはアプリケーションのグループにアクセスするためのプロセスタイプを作成できます。

親チケットを作成します。

1.
サービスデスクの Process Detail(プロセスの詳細) ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルのプロセステンプレート で、プロセスタイプの定義 をクリックします。
Related Documents