Chat now with support
Chat with Support

KACE Asset Management Appliance 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

サービスレベル契約の設定

サービスレベル契約の設定

サービスレベル契約(SLA)は、チケットの優先度に基づいてサービスデスクチケットの想定解決時間(または期日)を計算するために使用されるルールです。

各チケット優先度の想定解決時間を設定でき、期日を計算する際に定義済みの営業時間と休業日を SLA で考慮できるようにすることができます。例えば、優先度が のチケットが 2 日間で解決されるように設定されており、低優先度のチケットが休業日の前日に発行された場合、期日を計算する際に休業日は 2 日間の解決時間から除外されます。

また、通知および E メールイベントが有効な場合、チケットが期限超過になると、SLA 違反 E メールイベントに指定されているユーザーに E メールが送信されます。E メール通知の頻度は SLA 設定で設定され、その頻度に非営業時間や休業日が含まれている場合でも、通知はその頻度に従って送信されます。

サービスレベル契約の有効化

サービスレベル契約の有効化

サービスレベル契約(SLA)では、各キューのチケットの解決に使用できる時間を定義します。サービスデスクキューが複数ある場合は、各キューの SLA 設定を個別に設定します。

SLA はキューで定義された優先度値に基づくため、これらの値を定義してから SLA を設定する必要があります。詳細については、チケット優先度値のカスタマイズを参照してください。また、SLA では、営業時間と休業日が定義されている場合にのみ、それらの時間と休業日を使用できます。詳細については、サービスデスクの営業時間と休業日の設定を参照してください。

1.
サービスデスクの キューの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで キュー をクリックします。
d.
キューの詳細 ページを表示するには、次のいずれかを実行します。
アクションの選択 > 新規作成 の順に選択します。
2.
Service Level Agreement(サービスレベル契約) セクションまでスクロールします。キューに定義されている各優先度値に対して1行が表示されます。詳細については、チケット優先度値のカスタマイズを参照してください。
3.
優先度(など)ごとに、次の設定を指定します。

オプション

説明

有効

優先度について SLA が有効かどうか。SLA を有効にする場合はチェックボックスをオンにし、無効にする場合はチェックボックスをオフにします。

解決時間

有効にした優先度の時間(時間または分単位)。この期間は、チケットが送信される日付と時刻に基づいてチケットの期日と時刻を自動的に計算するために使用されます。

営業時間/休日を使用

各優先度のチケットの期日を計算する際に、設定した営業時間と休業日を使用するかどうか。これらの設定を使用する場合は、チェックボックスをオンにします。詳細については、サービスデスクの営業時間と休業日の設定を参照してください。

通知パターン

E メール通知が送信される時間(時間または分単位)。チケットの期日が過ぎても解決されない場合は、Eメール通知が繰り返し送信されます。Eメールは、「SLA違反」Eメールイベントで指定されているユーザーに送信されます(イベント発生時にEメールを送信 セクションで設定されている場合)。詳細については、EメールトリガとEメールテンプレートの設定を参照してください。

4.
保存 をクリックします。

サービスデスクチケットキューの設定

サービスデスクチケットキューの設定

サービスデスクチケットは、K1000アプライアンスのキューに格納されます。ほとんどの組織では、チケットキューは1つだけで十分です。必要に応じて、この1つのキューをカスタマイズしたり、追加のキューを作成して管理したりできます。

詳細については、サービスデスクチケットキューの管理を参照してください。

チケットキューの設定

チケットキューの設定

チケットキューの設定は必要に応じて変更することができます。

1.
サービスデスクの キューの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで キュー をクリックします。
d.
キューの詳細 ページを表示するには、次のいずれかを実行します。
アクションの選択 > 新規作成 の順に選択します。

フィールド

説明

名前

サービスデスクキューの名前。ユーザーがサービスデスクからEメールメッセージを受信すると、この名前が 要求元 フィールドに表示されます。

Eメールアドレス

サーバーの完全修飾Eメールアドレス。ユーザーは通常、このアドレスに返信しません。

ユーザーがK1000管理アプライアンスのEメールに返信できるようにするには、代替のEメールアドレス フィールドにEメールアドレスを指定します。

代替のEメールアドレス

Support@mydomain.com

ユーザーがEメールの送信先として使用するプライマリEメールアドレス。K1000管理アプライアンスもこのアドレスを使用して、サービスデスクからEメールを送信します。Eメールサービスに対し、ドメイン名が正しいことを確認します。POP3 E メールアカウントの作成の詳細については、POP3 Eメールアカウントの作成と設定を参照してください。

3.
オプション: POP3 設定を指定します。

POP3 E メールサーバーを使用するには、アプライアンスのネットワーク設定で SMTP サーバーおよび POP3 を有効にする必要があります。詳細については、アプライアンスのネットワーク設定の変更を参照してください。

オプション

説明

POP3サーバー

POP3 サーバーのホスト名または IP アドレス。IP アドレスを指定する場合は、アドレスを括弧で囲みます。例えば、「[10.10.10.10]」と入力します。

POP3 Username(POP3 ユーザー名)

POP3 サーバーへのアクセス権を持つアカウントのユーザー名。

POP3 Password(POP3 パスワード)

指定したサーバーアカウントのパスワード。

4.
SMTP の設定 チェックボックスをオンにして、外部 SMTP サーバーに関する次の情報を入力します。

SMTP サーバーを使用するには、アプライアンスのネットワーク設定で SMTP サーバーを有効にする必要があります。詳細については、アプライアンスのネットワーク設定の変更を参照してください。

オプション

説明

SMTPサーバー

外部 SMTP サーバーのホスト名(smtp.gmail.com など)または IP アドレスを指定します。外部 SMTP サーバーでは、匿名(認証なし)のアウトバウンド E メール転送を許可する必要があります。ネットワークポリシーで、アプライアンスがSMTPサーバーに直接問い合わせられることを確認します。また、メールサーバーは、アプライアンスからのEメールのリレーを、認証なしで許可するように設定する必要があります。IP アドレスを指定する場合は、アドレスを括弧で囲みます。例えば、「[10.10.10.10]」と入力します。

SMTPポート

外部 SMTPサーバーに使用するポート番号。標準的な SMTP にはポート 25 を使用します。セキュアな SMTP にはポート 587 を使用します。

SMTP Username(SMTP ユーザー)

外部 SMTP サーバーにアクセスするアカウントのユーザー名(your_account_name@gmail.com など)。

SMTP パスワード

指定したサーバーアカウントのパスワード。

5.
保存 をクリックしてキューを作成し、追加設定を行います。
6.
ユーザー基本設定を指定します。

フィールド

説明

送信者としてすべてのユーザーを許可

K1000管理アプライアンス上の任意のユーザーが、現在のサービスデスクキューを通じてチケットを送信できるようにします。

Restrict Submitters by Label(ラベル別に送信者を制限)

ラベルのみで送信者を選択します。「送信者としてすべてのユーザーを許可」がオフの場合にのみ指定可能になります。

承認者としてすべてのユーザーを許可

アプライアンスの登録ユーザーに、現在のサービスデスクキューを通じたチケットの承認を許可します。

Restrict Approvers by Label(ラベル別に承認者を制限)

ラベルのみで承認者を選択します。「承認者としてすべてのユーザーを許可」がオフの場合にのみ指定可能になります。

所有者のラベル:

すべてのチケット所有者」がラベルとして選択されていることを確認します。

このラベルでは、チケットを所有および管理できるユーザー(一般にはITスタッフ)を指定します。ライフサイクル全体を通してチケットを管理する責任を持つチケット所有者を指定する必要があります。

不明なユーザーからのEメールを許可

不明なユーザーがチケットを作成できるようにします。

キューの設定で、不明なユーザーからのEメールを許可 が有効になっている場合、サービスデスクのキューに送信されたすべての E メールに、チケットの Submitter(送信者) フィールドを設定する許可が与えられます。ただし、@submitter トークンで渡されるユーザー名が既存ユーザーのユーザー名であるか、不明なユーザーの場合は、現在の E メールアドレスでなければなりません。

「不明なユーザーからのEメールを許可」が無効になっている場合、送信者のEメールアドレスが既にサービスデスクのユーザーアカウントと関連付けられている場合に限り、上記のプロセスが実行されます。

チケットの削除を許可

チケット所有者および管理者がチケットを削除できるようにします。この設定は、スタッフがチケットを削除できないようにする場合に役立ちます。管理者は定期的にこのチェックボックスをオンにし、古いチケットを整理した後、再度オフにすることで、チケットが削除されるのを防ぐことができます。

親チケットが子チケットを閉じることを許可

親チケットを閉じた時点で、子チケットを自動的に閉じることができます。

Allow users with an Administrator role to read and edit tickets in this queue (管理者コンソール only)(管理者役割のユーザーがこのキューでチケットを表示および編集するのを許可(管理者コンソールのみ))

管理者役割を持つすべてのユーザーに読み取り/書き込み権限を付与します。

所有者のみに表示されるデフォルトのチケットの所有者コメント

チケットにコメントが追加されたときに 所有者のみ チェックボックスを自動的にオンにします。

Enable ticket conflict warning for ticket owners(チケット所有者に対するチケットコンフリクト警告の有効化)

管理者とチケット所有者に対して、送信している変更と他のユーザーが同時に送信している変更との間のコンフリクトの概要を示すダイアログを表示します。管理者およびチケット所有者が Ticket Detail(チケットの詳細) ページで 保存 または 変更の適用 をクリックしたときに、チケットを編集用に開いていた間に他のユーザーがチケットを編集して保存した場合は、ダイアログが表示されます。これにより、管理者およびチケット所有者は、コンフリクトがある場合に、変更を破棄するか他のユーザーが行った変更を上書きするかを選択できます。

このダイアログは、他のユーザーがチケットを変更した場合にのみ表示され、管理者とチケット所有者のみに表示されます。他のユーザーにはダイアログは表示されません。

7.
Archive Preferences(アーカイブの基本設定) セクションで、チケットのアーカイブの設定を選択します。設定 リンクをクリックして、チケットのアーカイブを有効にします。

オプション

説明

Archive closed tickets older than(次の期間を経過した終了チケットをアーカイブ)

アーカイブの対象となるチケットの期間。例えば、3ヶ月 を選択した場合、チケットが開かれてから 3 ヶ月経過するとチケットはアーカイブされます。キュー内のチケットがアーカイブされないようにするには、無効 を選択します。必要に応じて、アーカイブされたチケットをキューに復元できます。詳細については、アーカイブしたチケットの復元を参照してください。

Delete archived tickets older than(次の期間を経過したアーカイブチケットを削除)

アーカイブから永続的に削除される対象となるチケットの期間。例えば、6ヶ月 を選択した場合、チケットが開かれてから 6 ヶ月経過すると、アーカイブされたチケットはアーカイブから削除されます。キュー内のチケットがアーカイブから削除されないようにするには、無効 を選択します。削除されたチケットをキューに復元することはできません。

8.
チケットのデフォルト セクションで、新しいチケットのデフォルト値を選択します。例:
カテゴリ: ソフトウェア
インパクト: 1人が作業不可です
注: フィールドとレイアウトのカスタマイズ ページでこれらのフィールドのいずれかが Required(必須) とマークされている場合、デフォルト値は無視され、ユーザーはドロップダウンリストから値を選択する必要があります。
9.
イベント発生時にEメールを送信 セクションで、指定されたイベントの発生時に E メールを受信するユーザーのカテゴリを選択します。各列はサービスデスクユーザー(役割)のタイプを表し、各行はチケットイベントを表します。詳細については、Eメールトリガの設定を参照してください。
10.
オプション: Service Level Agreement Settings(サービスレベル契約設定) を設定します。ここでは、チケットの優先度に基づいてサービスレベル契約(SLA)設定を有効にできます。有効にした場合、チケットの期日で解決時間、業務時間、および休業日が自動的に考慮されます。詳細については、サービスレベル契約の設定を参照してください。
11.
Ticket Rules(チケットルール) セクションで、キュー内のチケットに適用するルールを有効にします。いずれかの定義済みのルールを使用することも、独自にカスタマイズすることもできます。チケットルールを使用およびカスタマイズする方法の詳細については、チケットルールの使用を参照してください。
12.
保存 をクリックします。
Related Documents