Chat now with support
Chat with Support

KACE Asset Management Appliance 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

サーバー監視能力を上げるための新しいライセンスキーの追加

サーバー監視能力を上げるための新しいライセンスキーの追加

新しいライセンスキーを適用して、サーバー監視能力を上げることができます。

新しいライセンスキーを取得します。

1.
アプライアンスの 設定 に移動します。
アプライアンスで組織コンポーネントが有効化されていない場合は、K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインして、設定 をクリックします。
アプライアンスで組織コンポーネントが有効化されている場合は、K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/system)にログインします。または、ページの右上隅にあるドロップダウンリストから システム を選択して、設定 をクリックします。
2.
アプライアンスの更新 をクリックして、アプライアンスの更新 ページを表示します。
3.
ライセンス情報 セクションで、新しいライセンスキーを入力して、更新 をクリックします。
4.
確認 ダイアログで はい をクリックして、システムを再起動します。

再起動後のアプライアンスに再度サインインすると、すべての機能が使用できるようになります。

監視プロファイルの操作

監視プロファイルの操作

監視プロファイルでは、デバイスのログ内を検索するテキストを識別し、そのテキストを定義した警告レベルに関連付けることで、警告作成の基準を示します。

K1000には、サポートされているオペレーティングシステムを搭載したデバイスのログ、およびSNMPトラップデバイスのログ監視用に一連のデフォルトプロファイルが用意されています。さらに、既存の監視プロファイルの変更、独自のプロファイルの作成、および他のユーザーが作成したプロファイルのアップロードを行うことができます。また、アプリケーションとしきい値の監視を有効にする標準の Log Enablement Package(LEP)にアクセスできます。

使用可能な監視プロファイルは、監視 の プロファイル ページにリストで表示されます。

ヒント: ログ監視プロファイルだけを表示するには、右上隅で、表示方法 > タイプ > ログ の順にクリックします。SNMPトラップデバイスの監視プロファイルを表示するには、表示方法 > タイプ > SNMPトラップ の順にクリックします。

例えば、Mac OS Xデバイスの警告を作成するデフォルトのプロファイルでは、/var/log/system.logは、警告をトリガするテキストを検索する際に監視機能がスキャンするログであることを示しています。次の表は、Include Text(含まれるテキスト) フィールドのデフォルトの検索テキストと、関連付けられた警告レベルを示しています。

ログ内で検索されるテキスト

警告レベル

緊急

緊急

エラー

エラー

致命的

エラー

失敗

エラー

K1000監視警告

エラー

警告

注意喚起

使用不可

注意喚起

操作の必要性に応じてカスタマイズしたその他の警告を追加できます。

デフォルトのプロファイルには次のサポートされているオペレーティングシステムが含まれます。

Linux オペレーティングシステムを搭載したデバイスの場合、OS のバージョンに応じて、MySQL および Apache のログには複数の異なるログパスがあります。詳細については、MySQL および Apache のプロファイルログのパスを参照してください。

SNMPトラップメカニズムを使用して監視するエージェント不要デバイスの場合、トラップメッセージ形式および式を入力して特定のトラップ要素を取得する必要があります。詳細については、SNMPトラップメッセージおよび警告基準の設定を参照してください。

Log Enablement Packages リストページでは、QuestがWindows信頼性およびパフォーマンスモニタ(PerfMon)テンプレートの基本セット、およびWindows以外のオープンソースのPerlスクリプトを公開しています。そのため、ユーザーは監視機能を拡張し、システムおよびアプリケーションのパフォーマンス問題を特定できます。これらのテンプレートとスクリプトを入手できるため、ユーザーは最初から作成する必要はありません。K1000での監視はこれらの追加のテンプレートおよびスクリプトがなくても機能しますが、パフォーマンスしきい値監視を実行する場合はテンプレートおよびスクリプトから作成されたプロファイルが役立ちます。

また、便宜上、オプションの Windows 信頼性とパフォーマンスモニタ(PerfMon)テンプレートを管理対象 Windows Server 2003 デバイスにダウンロードした場合に使用できるデフォルトのプロファイルがあります。詳細については、ITNinja監視Log Enablement Package(LEP)によるWindows Server 2003デバイスのセットアップを参照してください。

プロファイルの編集

プロファイルの編集

既存のプロファイルの警告基準およびログパスを変更、追加、または削除できます。

プロファイルの作成に既存のプロファイルを使用する場合は、テンプレートとしてデフォルトプロファイルを使用した新規プロファイルの作成を参照してください。

警告を発生させるイベントを識別するには、Include Text(含まれるテキスト) で文字列または正規表現を使用して、適切なメッセージ内容を指定します。例えば、文字列 Physical memory を入力する場合は、厳密にこの文字列が含まれるすべてのメッセージに対して警告が発生します。

複数の可能性に対応するには、正規表現を使用できます。例えば、「Drive /dev/[任意のドライブマウントポイント] has drive errors」という形式のドライブエラーがあるドライブマウントポイントに対して警告が必要な場合は、Include Text(含まれるテキスト) で Drive /dev/[a-z]{1,} has drive errors を使用できます。警告は、「Drive /dev/」、それに続く文字 a ~ z を含む任意の長さの単語、それに続く「has drive errors」を含むメッセージに対して発生します。

不要または煩雑と判断した場合は、特定のイベントを警告の発生から除外できます。受信しない警告をフィルタするには、Exclude Text(除外するテキスト) を使用して、不要な警告を識別する内容を指定します。Exclude Text(除外するテキスト) を使用して警告のカテゴリ全体をフィルタするか、Exclude Text(除外するテキスト) を Include Text(含まれるテキスト) と組み合わせて使用して、警告カテゴリのサブセットを絞り込むことができます。詳細については、監視プロファイルの含まれるテキストおよび除外するテキストの例を参照してください。

1.
プロファイル リストページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、監視 をクリックして、プロファイル をクリックします。
2.
編集する既存のプロファイルのチェックボックスをオンにし、アクションの選択 > 編集 を選択して プロファイルの詳細 ページを表示します。
3.
オプション: 編集内容を表示するプロファイルの 名前 および 説明 を変更または修正します。
注: デフォルトのプロファイルのいずれかを変更している場合は、自動で追加 フィールドを変更できません。
4.
必要に応じて、条件 設定を変更します。
Include Text(含まれるテキスト) を変更します。
1.
変更する含まれる検索テキストがある行で、編集 ボタン をクリックします。
2.
新しい検索テキストを入力し、必要に応じて 大文字と小文字を区別 ドロップダウンリストから はい を選択します。
3.
行の右側の 保存 をクリックします。
オプション: Exclude Text(除外するテキスト) を変更します。
2.
新しい除外するテキストを入力し、必要に応じて Case-sensitive(大文字と小文字を区別) ドロップダウンリストから はい を選択します。
3.
行の右側の 保存 をクリックします。
警告レベルを変更します。
1.
変更する警告レベルがある行で、編集 ボタン をクリックします。
2.
レベル ドロップダウンリストで、次の5つの選択肢からレベルを選択します。「緊急」、「エラー」、「注意喚起」、「情報」、および「復旧済み」。
3.
行の右側の 保存 をクリックします。
1.
条件 カテゴリヘッダーで、追加 ボタン をクリックします。
5.
ページの一番下で 保存 をクリックします。
注: ページの一番下にある 出荷時設定にリセット ボタンを使用して、デフォルトのプロファイルをオペレーティングシステムの出荷時の設定に戻すことができます。

SNMPトラップメッセージおよび警告基準の設定

SNMPトラップメッセージおよび警告基準の設定

SNMPトラップメッセージおよび警告基準は プロファイル ページを使用して設定できます。

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)は、ネットワーク上の管理対象デバイスを監視するためのプロトコルです。このプロトコルは、Dell Open Manageおよび多くのサードパーティ製品でサポートされています。アプライアンスでこの機能を有効にし、関連するデバイスの監視も有効にした場合、アプライアンスはプリンタ、プロジェクタ、ルーターなどの監視対象エージェント不要デバイスからSNMP接続を使用してSNMPトラップを受信できます。

SNMPトラップはネットワークデバイスから開始するメッセージであり、アプライアンス上のトラップレシーバに送信されます。たとえば、ルーターの電源装置に障害が発生したときにルーターからメッセージを送信できます。また、プリンタで用紙切れが起こったときに、プリンタからメッセージを開始します。アプライアンスでは、これらのトラップを受信し、特定の事前定義のしきい値に到達するとアラートを生成します。

SNMPトラップメッセージおよび警告基準は プロファイルの詳細 ページを使用して設定できます。

必要に応じて、特定のイベントを検出対象にしたり除外したりできます。

1.
プロファイル リストページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、監視 をクリックして、プロファイル をクリックします。
新しいSNMPトラッププロファイルを作成するには、アクションを選択 > 新規作成 > SNMPトラッププロファイル の順に選択します
プロファイルの詳細 ページが表示されます。
3.
オプション: 編集内容を表示するプロファイルの 名前 および 説明 を変更または修正します。
注: デフォルトのプロファイルのいずれかを変更している場合は、自動で追加 フィールドを変更できません。
4.
必要に応じて、トラップメッセージフォーマット 設定を変更します。
例: %Td (%Tn => %To) %Vz

要素

説明

%Aa

エージェントのアドレス。

%Ah

エージェントのホスト名。

%d

ローカルの日。

%m

ローカルの月。

%y

ローカルの年。

%h

ローカルの時。

%i

ローカルの分。

%s

ローカルの秒。

%u

Unixタイムスタンプ。

%Td

トラップの説明。

%Tm

トラップのMIB(管理情報ベース)。

%Tn

トラップ名。

%To

トラップOID(オブジェクトID)。

%Tt

トラップタイプ(0 ~ 5:汎用、6:エンタープライズ)。

%Tv

バージョンのトラップ(情報、トラップ {v1, v2, v3})。

%Vd#

変数バインディング記述(ここで、「#」は、シーケンス内の要素の位置を表す番号)。

%Vn#

変数バインディング名(ここで、「#」は、シーケンス内の要素の位置を表す番号)。

%Vo#

変数バインディングOID(ここで、「#」は、シーケンス内の要素の位置を表す番号)。

%Vt#

変数バインディングタイプ(ここで、「#」は、シーケンス内の要素の位置を表す番号)。

%Vv#

変数バインディング値(ここで、「#」は、シーケンス内の要素の位置を表す番号)。

%Vz

すべての変数バインディングを表示(Name: ValueName: ValueName: Value)。Nameがない場合(MIBファイルが欠落しているため)、OIDが代わりに表示されます。

次の警告レベルが使用可能です。「緊急」、「エラー」、「注意喚起」、「情報」、および「復旧済み」。
警告レベルを追加するには、条件をクリックして新しい警告レベルを追加します。
<Field_Type> {TRAP_OID|TRAP_NAME|TRAP_DESCRIPTION|TRAP_TYPE|TRAP_MIB|VARBIND} {=|!=|>|<|>=|<=} <Field_Value> [<AND|OR> <Condition_A>] [<AND|OR> <Condition_B>] ...
TRAP_OID = “.1.3.6.1.4.1.8072.2.3.2.1”: トラップOIDに「.1.3.6.1.4.1.8072.2.3.2.1」が含まれる場合、警告が生成されます。
TRAP_NAME = "acctngFileFull" AND VARBIND = "acctngFileName|ABC": トラップ名に「acctngFileFull」が含まれ、トラップの変数バインディングのいずれかが「ABC」の値を持つ「 acctngFileName」の場合、警告が生成されます。
7.
ページの一番下で 保存 をクリックします。
注: ページの一番下にある 出荷時設定にリセット ボタンを使用して、デフォルトのプロファイルをオペレーティングシステムの出荷時の設定に戻すことができます。
Related Documents