Chat now with support
Chat with Support

KACE Asset Management Appliance 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

カスタムインベントリルールの作成

カスタムインベントリルールの作成

カスタムアプリケーション、およびそれらのアプリケーションのカスタムインベントリルールを作成し、アプリケーションに関する情報が管理対象デバイスから収集されるようにすることができます。

1.
ソフトウェアの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、インベントリ をクリックして、ソフトウェア をクリックします。
c.
アクションの選択 > 新規作成 の順に選択します。
2.
次の一般情報を入力します。「名前」「バージョン」、および「発行元」

オプション

説明

ラベルへの割り当て

(オプション)アイテムに関連付けられるラベル。

注意

任意の追加情報を入力します。

サポートされているオペレーティングシステム

アプリケーションが実行されるオペレーティングシステム。アプリケーションは、選択したオペレーティングシステムがインストールされているデバイスにのみ導入されます。

カスタムインベントリルール

(オプション)アプリケーションに適用されるカスタムインベントリルール。カスタムインベントリルールを使用すると、デバイス上のアプリケーションおよび他のアイテムを検出したり、レポート目的で詳細を取得したりできます。

例えば、アプライアンスでは、デバイス上にアプリケーションが存在するかどうかを確認してから、アプリケーションが展開されます。にもかかわらず、インストールされているプログラムが プログラムの追加と削除 またはレジストリの標準領域に登録されていない場合があります。そのような場合、アプライアンスは、管理者からの追加の情報なしでは、アプリケーションの存在を検出できないことがあります。そのため、デバイスが接続されるたび、アプライアンスでインストールが繰り返される場合があります。カスタムインベントリルールを使用すると、この繰り返しを回避できます。

次のルールを使用して、デバイスにインストールされているNetwork Associates VirusScanのバージョンが展開前の所定のバージョンよりも新しいことを確認します。

4.
ファイルのアップロードと関連付け の隣にある ファイルの選択 をクリックしてファイルを参照し、 開く または 選択 をクリックします。
5.
ファイルがレプリケーション共有にコピーされないようにするには、関連付けられたファイルを複製しない を選択します。この設定は、ソフトウェアスイートなど、ユーザーにレプリケーション共有にインストールしてほしくない大きいファイルに役立ちます。
6.
オプション: ソフトウェアの カテゴリ脅威レベル を設定します。
7.
保存 をクリックします。

カスタムインベントリルールの実装方法

カスタムインベントリルールの実装方法

K1000エージェントは、新規カスタムインベントリルールの作成後の最初のデバイスインベントリ中に、そのルールを受け取ります。その最初のインベントリ中、エージェントは新しいルールを実行し、検出内容をアプライアンスにレポートします。

エージェントは、すべてのルールを実行すると同時に、そのセッションについてスケジュールされた他のあらゆるプロセスも実行します。したがって、デバイスがインベントリ設定されてからエージェントが結果をレポートするまでに、すべてのルールとその他のプロセスの実行に数分かかる場合があります。

エージェントが結果をレポートした後、デバイスの詳細ページでは、ソフトウェア の下の Installed Program(インストールされているプログラム) と Custom Inventory Fields(カスタムインベントリフィールド) にその結果が表示されます。

注: カスタムインベントリフィールド を設定する値戻しルールが適用されたアプリケーションは、「インストールされているプログラム」としても表示されます。

期待通りの結果が得られない場合は、デバイスが最近インベントリ設定されたことを確認します。インベントリ時間は、デバイスの詳細 ページの 前回のインベントリ フィールドに表示されます。

カスタムインベントリルールの構文

カスタムインベントリルールの構文

カスタムインベントリルールの関数の名前と引数に正しい構文を使用します。

条件付きルールと値戻しルールでは次の構文を使用します。

関数とそれらの引数の詳細については、次の情報を参照してください。

関数の構文

開始かっこの前に「functionName」を入力し、その開始かっこと終了かっこで引数を囲みます。関数の名前と開始かっことの間にスペースは許可されません。

引数の構文

コマンドregex(正規表現)を除くすべてのルールについて、引数を次のような構文で入力します。

コンマは、ルールでの値としてのコンマとかっこで説明している場合を除き、文字列内のその他のどこにも許可されない。

例えば、次の構文は同じです。

ルールでの値としてのコンマとかっこ

コンマ、開始かっこ、または終了かっこをルール内の値として使用する場合、{{comma}}、{{op}}、および{{cp}}のようにそれぞれエスケープする必要があります。

例えば、ユーザーが、値の名前が「test,value」であるレジストリ値に対してテストを実行する場合、レジストリ値の名前がカスタムインベントリ(CI)関数の最後の引数ではないため、この場合はコンマをエスケープする必要があります。

ユーザーが、値自体にコンマが含まれるレジストリ値に対してテストを実行する場合、値がカスタムインベントリ関数の最後の引数であるため、エスケープする必要はありません。次のカスタムインベントリでは、レジストリ値HKLM\SOFTWARE\TestSoft\test1をテストし、値が「2,4」と等しいかどうかを確認します。

カスタムインベントリ関数に1つのパラメータのみが含まれる場合、かっこで囲まれたすべてを引数の値としてとります。この場合のコンマはエスケープする必要はなく、カスタムインベントリ関数の引数の一部となります。

ShellCommandTextReturn(wmic MEMORYCHIP get BankLabel,Capacity,description,manufacturer)
リテラルの開始かっこにはペアとなる終了かっこがないため、{{op}}としてエスケープする必要があります。パーサーは、関数の引数をトークン化する場合、開始かっこと終了かっこの数をカウントして、関数と引数の末尾を識別します。このため、ペアとなっていないリテラルの開始かっこは、カウントを誤らせ、引数値が正常に解析されない原因となります。リテラルの開始かっこが引数値の一部として必要な場合は、{{op}}で表す必要があります。

例えば、ユーザーが文字列「Hello ( World」をエコーする必要がある場合、CIは次のようになります。

ShellCommandTextReturn(echo Hello {{op}} World)
リテラルの終了かっこにはペアとなる開始かっこがないため、{{cp}}としてエスケープする必要があります。

パーサーは、関数の引数をトークン化する場合、開始かっこと終了かっこの数をカウントして、ペアとなっている最後の終了かっこがある場合に関数の末尾であることを識別します。ただし、引数値自体に(ペアとなる開始かっこがない)終了かっこが含まれる場合、パーサーはそのかっこが関数の末尾であると錯覚し、その引数値は完全に切り捨てられます。

リテラルの終了かっこが引数値の一部として必要な場合は、{{cp}}で表す必要があります。

例えば、ユーザーが文字列「Hello ) World」をエコーする必要がある場合、CIは次のようになります。

ShellCommandTextReturn(echo Hello {{cp}} World)

条件の確認(条件付きルール)

条件の確認(条件付きルール)

アプリケーションがインストールされているかどうか(true/false)を識別するカスタムインベントリルールを記述できます。

条件付きルールを使用すると、ルールによって true が返される場合、カスタムアプリケーションの表示名(タイトル)が インベントリセクションにある デバイスの詳細 ページの Software:Installed Programs(ソフトウェア:インストールされているプログラム) セクションに表示されます。

次のセクションでは、条件をテストするルールについて説明します。

ルールによってfalseが返されると、アプリケーションはデバイスのインベントリ詳細の インストールされているプログラム セクションに表示されません。

ヒント: アイテムがインストールされているデバイスのリストは、インベントリ > ソフトウェア > Custom_item: 詳細 ページに表示されます。

条件付きルールのリファレンス

次の表に、比較で使用できるデータ型を示します。

比較関数でサポートされるデータ型

 

条件付きルール

比較関数でサポートされるデータ型

Equals」、「GreaterThan」、「LessThan

EnvironmentVariable

DATE、NUMBER、TEXT

FileInfo

DATE、NUMBER、TEXT

FilenamesMatchingRegex

NUMBER

FileVersion

TEXT

PlistValue

NUMBER、TEXT

ProductVersion

TEXT

RegistryValue

TEXT

次の表は、比較が行われる方法を示します。

比較が行われる方法

データ型

考慮事項

DATE

NUMBER

例えば、ターゲット値が52a1の場合、52のみが評価されます。

TEXT

使用可能な条件付きルール、および引数の指定方法の詳細へのリンクを、次の表で説明します。

条件付きルールのリファレンス

構文

Win

RHEL

OS X

説明

DirectoryExists (path)

X

X

X

デバイス上の指定したパスにあるディレクトリを確認します。

FileExists (path)

X

X

X

デバイス上の指定したパスにあるファイルを確認します。パスにはファイルの名前と拡張子を含めます。

FileVersionEquals (path, version)

X

パスにある指定したファイルの バージョン > ファイルのバージョン プロパティが、入力した TEXT 値に一致することを確認します。

FileVersionLessThan (path, version)

X

パスにある指定したファイルの バージョン > ファイルのバージョン プロパティが、入力した TEXT 値より小さいことを確認します。

FileVersionGreaterThan (path, version)

X

指定したファイルの バージョン > ファイルのバージョン プロパティが、入力した TEXT 値より大きいことを確認します。

ProductVersionEquals (path, version)

X

指定した実行可能ファイルまたはインストールファイルの バージョン > 製品のバージョン プロパティが、入力した TEXT 値に一致することを確認します。

ProductVersionLessThan (path, version)

X

指定した実行可能ファイルまたはインストールファイルの バージョン > 製品のバージョン プロパティが、入力した TEXT 値より小さいことを確認します。

ProductVersionGreaterThan (path, version)

X

指定した実行可能ファイルまたはインストールファイルの バージョン > 製品のバージョン プロパティが、入力した TEXT 値より大きいことを確認します。

FileInfoGreaterThan (fullpath, attribute, type, value)

X

X

X

指定した実行可能ファイルまたはインストールファイルの「ファイル情報」プロパティが、入力した値よりも大きいことを確認します。

FileInfoLessThan (fullpath, attribute, type, value)

X

X

X

指定した実行可能ファイルまたはインストールファイルの「ファイル情報」プロパティが、入力した値よりも小さいことを確認します。

FileInfoEquals (fullpath, attribute, type, value)

X

X

X

指定した実行可能ファイルまたはインストールファイルの属性が、入力した値に一致することを確認します。

RegistryKeyExists (registryPath)

X

レジストリキーが存在することを確認します。

RegistryValueEquals (registryPath, valueName, value)

X

レジストリエントリが、指定した値に完全に一致することを確認します。値はTEXTとして比較されます。

RegistryValueLessThan (registryPath, valueName, value)

X

レジストリエントリが、指定した値より小さいことを確認します。値はTEXTです。

RegistryValueGreaterThan (registryPath, valueName, value)

X

レジストリエントリが、指定した値より大きいことを確認します。値はTEXTです。

EnvironmentalVariableExists (var)

X

X

X

指定した名前の環境変数が存在することを確認します。

EnvironmentalVariableGreaterThan (var, type, value)

X

X

X

環境変数定義が、指定した値より大きいことを確認します。

TEXT、DATE(完全な形式はmm/dd/yyyy hh:mm:ss)、およびNUMBERの3つすべてが有効な型です。

EnvironmentalVariableLessThan (var, type, value)

X

X

X

環境変数定義が、指定した値より小さいことを確認します。

TEXT、DATE(完全な形式はmm/dd/yyyy hh:mm:ss)、およびNUMBERの3つすべてが有効な型です。

EnvironmentalVariableEquals (var, type, value)

X

X

X

環境変数定義が、指定した値に完全に一致することを確認します。

TEXT、DATE(完全な形式はmm/dd/yyyy hh:mm:ss)、およびNUMBERの3つすべてが有効な型です。

PlistValueExists (fullpath, entry)

X

名前付きの値がPLISTファイルに存在することを確認します。

PlistValueGreaterThan (fullpath, entry, type, value)

X

名前付きの値が、指定した値より大きいNUMBERまたはTEXTであることを確認します。

PlistValueLessThan (fullpath, entry, type, value)

X

名前付きの値が、指定した値より小さいNUMBERまたはTEXTであることを確認します。

PlistValueEquals (fullpath, entry, type, value)

X

名前付きの値が、指定した値に完全に一致するNUMBERまたはTEXTであることを確認します。

FilenamesMatchingRegexEqualsGreaterThan、およびLessThan については、正規表現ルールのリファレンスを参照してください。

条件が存在するかどうかの確認(Existsルール)

名前が「Exists」で終わるルールは、ファイル、ディレクトリ、レジストリキー、またはその他のアイテムの存在を確認するために使用されます。K1000エージェントがデバイス上でアイテムを見つけた場合、そのルールによってtrueが返され、アイテムのインベントリ詳細は「インストールされているプログラム」として表示されます。

次のいずれかのExistsルールを使用します。

例: ディレクトリ(フォルダ)を確認する

次の例では、Windowsディレクトリがデバイス上に存在するかどうかを確認するテストを行います。

例: ファイルを確認する

デバイス設定の評価(Equalsルール)

名前がEqualsで終わるルールは、デバイス上で設定した値を、ルールで指定した値に比較するために使用します。値が正確に一致する場合は、ルールによってtrueが返されます。

データ型を設定した引数を使用するルールでは、同じ型の値のみを比較できます。

次のいずれかのEqualsルールを使用します。

例: JAVA_HOME設定をテストする

JAVA_HOME設定がC:\Program Files\Java\jdk1.6.0_02であることを確認するには:

例: McAfee®レジストリエントリ設定をテストする

設定で使用されている形式がエントリ内の日付の形式と同じであることを確認します。

例: Internet Explorerのバージョンをテストする

Internet Explorerがバージョン10.0.9200.17148であることを確認します。

10.0.9としてバージョンを指定すると、falseが返されます。Equals 関数のバージョン引数は、 正確に指定する必要があります。完全なバージョン値より短い部分的な値を指定すると、失敗します。

例: Windows XP Service Pack 2を検出する

Windows XP Service Pack 2は、もともとはSP1がインストールされていてSP2にアップグレードされたデバイスでのみ、プログラムの追加と削除 に表示されます。このアイテムのデフォルトアプリケーションインベントリには、SP2上で既に動作しているデバイスは反映されません。それらのデバイスは、もともとSP2のレベルでイメージを作成されているためです。

Windows XP Service Pack 2の展開にアプライアンスを使用するときは、カスタムアプリケーションについて次のカスタムインベントリルールを作成します。

このアイテムがインストールされているデバイスを除外して、 SP2レベルに既にあるデバイス(つまり、 アップグレードされたSP1デバイスと、SP2レベルでもともとはイメージを作成されたデバイス)に アプライアンスがSP2を展開しないようにします。

デバイス値の比較(Greater ThanルールとLess Thanルール)

名前が GreaterThanLessThan で終わる関数は、Table 23でリストされている値を比較します。

次のいずれかのGreater ThanルールとLess Thanルールを使用します。

FileVersionGreaterThan (path, version)FileVersionLessThan (path, version)
ProductVersionGreaterThan (path, version)ProductVersionLessThan (path, version)
FileInfoGreaterThan (fullpath, attribute, type, value)FileInfoLessThan (fullpath, attribute, type, value)
RegistryValueGreaterThan (registryPath, valueName, value)RegistryValueLessThan (registryPath, valueName, value)
EnvironmentalVariableGreaterThan (var, type, value)EnvironmentalVariableLessThan (var, type, value)
PlistValueGreaterThan (fullpath, entry, type, value)PlistValueLessThan (fullpath, entry, type, value)
FilenameMatchingRegexGreaterThan (fullpath, regex, value)FilenameMatchingRegexLessThan (fullpath, regex, value)

例: 製品のバージョンが10以降であるかをテストする

製品バージョンが10以降であることを確認します。

製品バージョンが10である(10に等しい)かそれ以降であることを確認するには、次のように入力します。

例: 製品バージョンの範囲をテストする

製品バージョンが範囲内であるかをテストするには、less thanルールとgreater thanルールを組み合わせます。

複数の条件のテスト

「および」演算子や「または」演算子を使用してルールを連結して複数の条件をテストできます。

条件付きルールの連結により次の結果が得られます。

複数のtrue条件の確認(「および」)

すべてのルールがtrueである場合のみ、インストールされているプログラムとしてアイテムがレポートされるようにするには、「カスタムインベントリフィールド」で「および」演算子を使用して条件付きルールを連結します。

カスタムインベントリフィールド で、次の構文を使用してルールを連結します。


Function
(arguments...
) AND Function
(arguments
) AND ...

条件文と演算子の区切りにはスペースを使用します。

例: レジストリキーを確認して値を比較する

Windowsデバイス上のレジストリキーとレジストリエントリ値を確認するには、次に示しているように、「および」を使用してルールを連結します。

1つのtrue条件の確認(「または」)

または演算子を使用してルールを連結すると、Custom Inventory Field(カスタムインベントリフィールド) でのいずれかのルールが true である場合、アプリケーションがデバイスの Installed Program(インストールされているプログラム) リストに表示されます。

カスタムインベントリフィールド で、次の構文を使用してルールを連結します。


Function
(arguments
) OR Function
(arguments
) OR ...

関数ステートメントと演算子の区切りにはスペースを使用します。

例: レジストリ値を確認する

レジストリエントリがある値か別の値であることを確認します。

ヒント: 範囲を指定するには、RegistryValueGreaterThanルールとRegistryValueLessThanルールを「および」演算子で連結して使用します。
Related Documents