Chat now with support
Chat with Support

KACE Asset Management Appliance 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加

管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加

管理者コンソール内で、またはインベントリ API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使用して、デバイスをインベントリに手動で追加できます。

デバイスの手動追加は、デバイス情報を追跡したいものの、K1000エージェントをインストールしたり、エージェント不要管理を使用したりしてデバイスを管理することは希望しない場合に便利です。

手動で追加したデバイスのインベントリは、手動で更新またはアップロードする必要があります。手動追加のデバイスから、スケジュール済みのインベントリ更新がアプライアンスに配信されることはありません。

デバイスの管理について

デバイスの管理について

デバイスの管理とは、ネットワーク上のデバイスに関する情報をK1000を使用して収集し保持するプロセス、およびデバイスのステータス監視とレポート作成などのタスクを実行するプロセスのことです。

K1000インベントリにデバイスを追加するには、次の手順を実行します。

K1000 エージェントをデバイスにインストールします。デバイスにエージェントがインストールされて、エージェントによってインベントリがK1000にレポートされると、それらのデバイスが自動的にインベントリに追加されます。詳細については、K1000エージェントのプロビジョニングを参照してください。
デバイスでエージェント不要管理を有効にします。エージェント不要管理は、サポート対象外のオペレーティングシステムを持つデバイスなど、デバイスにK1000エージェントをインストールできない場合に特に役立ちます。詳細については、エージェント不要デバイスの管理を参照してください。

デバイスで使用可能な K1000 の機能に関する情報は、各デバイス管理方法で使用可能な機能を参照してください。

インベントリ設定に対する変更の追跡

インベントリ設定に対する変更の追跡

履歴サブスクリプションが情報を保持するように設定されている場合、設定、資産、およびオブジェクトに加えられた変更の詳細を確認できます。

この情報には、変更を加えた日付および変更を加えたユーザーが含まれており、トラブルシューティングの際に役立ちます。詳細については、履歴設定についてを参照してください。

インベントリの変更履歴について

デバイスの変更履歴は、最初のレポート作成時に収集された情報に変更が加えられたときに初めて記録されます。

管理対象デバイスによってK1000アプライアンスにインベントリが初めてレポートされたときに、その情報がベースラインレポートとして考慮されます。そのため、その情報は変更履歴に記録されません。

管理者コンソールを使用して手動でデバイスを追加

管理者コンソールを使用して手動でデバイスを追加

デバイスの詳細 ページでデバイス情報を入力して、K1000インベントリにデバイスを手動で追加できます。

手動により追加されたレコードは、K1000またはエージェントからアクセスまたは変更できません。このため、手動により追加されたレコードのフィールドは、管理者が手動で行う場合のみ更新できます。

1.
デバイス リストに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、インベントリ をクリックします。
2.
アクションの選択 > 新規作成 > 手動登録デバイス を選択して、デバイスの詳細 ページを表示します。
device.xmlのインポート で、ファイルの選択 をクリックして、デバイスのインベントリ情報が含まれたXMLファイルを検索およびインポートします。Windowsに有効なXMLスキーマおよび管理者コンソールを使用した XML ファイルのアップロードを参照してください。

概要 セクションで、デバイスの 名前 を入力して、手順10にスキップします。

概要 セクションで、次の情報を入力します。

アイテム

説明

データベースフィールド

名前

デバイスのホスト名またはIPアドレス。

NAME

システムの説明

デバイスの説明。

SYSTEM_DESCRIPTION

モデル

デバイスモデル。

CS_MODEL

シャーシタイプ

デバイスのタイプ(デスクトップ、ノートPCなど)。

CHASSIS_TYPE

IPアドレス

デバイスのIPアドレス。

IP

MAC

デバイスのメディアアクセス制御(MAC)アドレス番号。

MAC

OS名

デバイスのオペレーティングシステム(Windows、Mac OS X、またはLinuxなど)。

OS_NAME

サービスパック

サービスパックのバージョン番号(Windowsのみ)。

SERVICE_PACK

デバイスのタイムゾーン

デバイスにインストールされているK1000エージェントは、このタイムゾーンを使用します。

TZ_AGENT

ユーザー

このデバイスに関連付けられているユーザー。

USER

ドメイン

デバイスのドメイン。

CS_DOMAIN

注意

任意の追加情報を入力します。

NOTES

4.
ハードウェア セクションで、次の情報を入力します。

アイテム

説明

データベースフィールド

RAMの最大容量

使用可能なランダムアクセスメモリ(RAM)の最大容量。

RAM_MAX

製造元

デバイスの製造元。

CS_MANUFACTURER

CSP ID番号

デバイスの識別に使用される情報。

BIOS_SERIAL_NUMBER

資産タグ

デバイスハードウェアの識別に使用される情報。

ASSET_TAG

マザーボードプライマリバス

メインのバス。

MOTHERBOARD_PRIMARY_BUS

マザーボードセカンダリバス

周辺のバス。

MOTHERBOARD_SECONDARY_BUS

プロセッサ

CPUの数、タイプ、および製造元。

PROCESSORS

アーキテクチャ

デバイスのオペレーティングシステムのアーキテクチャ(x86、x64など)。

SYS_ARCH

仮想デバイス

仮想デバイス(VMwareプラットフォームで実行されているデバイスなど)の識別に使用されます。物理デバイス(ノートPC、サーバーなど)には表示されません。

VIRTUAL

CD/DVDドライブ

デバイスにインストールされたCD-ROMおよびDVD-ROMドライブの設定。

CDROM_DEVICES

サウンドデバイス

デバイス上のオーディオデバイスに関する情報。

SOUND_DEVICES

モニタ

デバイスに接続されているモニタのタイプおよび製造元。仮想デバイスの場合、このフィールドは表示されません。

MONITOR

ビデオコントローラー

デバイス上のビデオコントローラーに関する情報。

VIDEO_CONTROLLERS

BIOS名

BIOS名。

BIOS_NAME

BIOSのリリース日

BIOSのバージョンがリリースされた日。

BIOS_RELEASE_DATE

BIOSバージョン

BIOSのバージョン。

BIOS_VERSION

BIOS製造元

BIOSの製造元。

BIOS_MANUFACTURER

BIOSの説明

BIOSの説明。

BIOS_DESCRIPTION

BIOSの識別コード

BIOSの識別コード。

BIOS_IDENTIFICATION_CODE

BIOSのシリアルナンバー

BIOSのシリアルナンバー。

BIOS_SERIAL_NUMBER

5.
プリンタ セクションで、デバイスに関連するプリンタ情報を指定します。
6.
エージェント セクションで、デバイスにインストールされたK1000エージェントのバージョン番号を指定します。
7.
ユーザー セクションで、ユーザー情報を指定します。

アイテム

説明

データベースフィールド

ログに記録されたユーザー

デバイスに現在ログインしているユーザー。このエントリには、ユーザー名と、そのユーザーが属しているドメインが含まれます。

USER_LOGGED

ユーザーフルネーム

デバイスを所有しているユーザーのフルネーム。

USER_FULLNAME

ユーザードメイン

ユーザーが属しているドメイン。

USER_DOMAIN

最新のユーザー

前回デバイスにログインしたユーザーの名前。一部のデバイスは複数のユーザーが利用している場合があります。

USER

8.
オペレーティングシステム セクションで、デバイスにインストールされているオペレーティングシステムに関する情報を指定します。

アイテム

説明

データベースフィールド

バージョン

オペレーティングシステムのバージョン番号。

OS_VERSION

ビルド

オペレーティングシステムのビルド番号。

OS_BUILD

数値

オペレーティングシステムの番号。

OS_NUMBER

メジャーバージョン

オペレーティングシステムのメジャーバージョンを識別する番号。

OS_MAJOR

マイナーバージョン

オペレーティングシステムのマイナーバージョンを識別する番号。

OS_MINOR

マイナーバージョン(2)

追加のオペレーティングシステムのバージョン情報。

OS_MINOR2

アーキテクチャ

デバイスのオペレーティングシステムのアーキテクチャ(x86、x64など)。

OS_ARCH

ファミリ

オペレーティングシステムの製品ファミリ。

OS_FAMILY

ドメイン

デバイスのドメイン。

CS_DOMAIN

インストールされた日付

オペレーティングシステムがインストールされた日付。

OS_INSTALLED_DATE

前回の再起動

オペレーティングシステムの稼働時間。

LAST_REBOOT

前回のスタートアップ

前回オペレーティングシステムがシャットダウンされた日時。

LAST_REBOOT

システムディレクトリ

システムディレクトリの場所。

SYSTEM_DIRECTORY

レジストリサイズ

レジストリのサイズ。

REGISTRY_SIZE

レジストリの最大サイズ

レジストリの最大サイズ。

REGISTRY_MAX_SIZE

9.
その他 セクションで、デバイスに関連する追加情報を指定します。

アイテム

説明

データベースフィールド

RAMの合計

デバイス上のランダムアクセスメモリ(RAM)の合計容量。

RAM_TOTAL

使用中のRAM

デバイスで使用中のランダムアクセスメモリ(RAM)の容量。

RAM_USED

Internet Explorerのバージョン

デバイスにインストールされているInternet Explorerのバージョン。

IE_VERSION

.NETのバージョン

デバイスにインストールされている.NETのバージョン。

DOT_NET_VERSIONS

WMIのステータス

Windows Management Instrumentation(WMI)サービスのステータス(Windowsデバイスのみ)。

WMI_STATUS

10.
保存 をクリックします。

手動で追加したデバイスのアイコンが デバイス ページのデバイスの ステータス 列に表示されます。手動で追加したデバイスのインベントリは、手動で更新する必要があります。

Related Documents