Chat now with support
Chat with Support

KACE as a Service 7.1 - Release Notes (Japanese)

アップデートの準備

アップデートの準備

K1000 サーバーのバージョンの確認:このリリースをインストールするために必要な最小バージョンは7.0(7.0.121306)です。使用しているアプライアンスで以前のバージョンが実行されている場合、リストされているバージョンにアップデートしてから、インストールに進む必要があります。
注: バージョン 7.1 の場合、K1000 のバージョン情報 リンクは ヘルプ パネルにあります。ページの右上隅にある疑問符をクリックして、表示されるウィンドウの右下隅にある K1000 のバージョン情報 をクリックします。
開始前のバックアップ:データベースとファイルをバックアップして、将来参照できるようにバックアップを K1000 サーバ以外の場所に保存します。データベースとファイルのバックアップの詳細については、『K1000 管理者ガイド』(https://support.quest.com/technical-documents/kace-systems-management-appliance/7.1/administrator-guide/)を参照してください。

アドバタイズされたアップデートを使用した K1000 サーバーのアップデート

アドバタイズされたアップデートを使用した K1000 サーバーのアップデート

管理者コンソールダッシュボード ページまたは アプライアンスのアップデート ページで、アドバタイズされたアップデートを使用して、K1000 サーバをアップデートできます。

2.
アプライアンスの コントロールパネル に移動します。
アプライアンスで組織コンポーネントが有効化されている場合、K1000 システム管理コンソールhttp://K1000_hostname/system)にログインするか、ページの右上隅にあるドロップダウンリストから システム を選択し、設定 をクリックします。
3.
左側のナビゲーションバーで、アプライアンスの更新 をクリックして、アプライアンスの更新 ページを表示します。
4.
更新の確認 をクリックします。
5.
更新プログラムが使用可能な場合は、更新 をクリックします。

アップデートの手動によるアップロードと適用

アップデートの手動によるアップロードと適用

Questでアップデートファイルが公開されている場合は、そのファイルを手動でアップロードして、K1000サーバを更新できます。

2.
ログイン資格情報を使用して、Questウェブサイト(https://support.quest.com/ja-jp/kace-systems-management-appliance/download-new-releases)にログインし、K1000サーバの.kbinファイル(7.1 GA(一般向け)リリース用)をダウンロードして、ローカルに保存します。
3.
左側のナビゲーションバーで、アプライアンスの更新 をクリックして、アプライアンスの更新 ページを表示します。
4.
手動によるアップデート セクションで次の操作を実行します。
a.
参照 または ファイルを選択 をクリックして、アップデートファイルを見つけます。
b.
アップデート をクリックし、はい をクリックして確認します。
バージョン7.1が適用され、K1000サーバが複数回再起動します。管理者コンソールは、アップデートが完了するまで利用できません。ブラウザウィンドウと管理者コンソールに進捗が表示されます。

アップデート後のタスク

アップデート後のタスク

アップデートが終わったら、アップデートが成功していることを確認し、必要に応じて設定を確認します。

Related Documents