Chat now with support
Chat with Support

KACE as a Service 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

システムチケットルールの理解とカスタマイズ

システムチケットルールの理解とカスタマイズ

指定した基準が満たされると、システムチケットルールによってサービスデスクチケットのステータスが自動的に変更されるか、Eメール通知が送信されます。

次の表に、システムチケットルールの名前、動作、使用法を示します。

チケットルール

デフォルト動作

コピーし、次の用途に使用可能

WaitingOverdue

休止状態が7日間続いているチケットを、期限超過ステータスに変更します。

設定可能な期間待機した後、チケットステータスを変更します。ステータスの変更が行われた場合に、Eメールメッセージを送信することもできます。

OverdueClose

7日間に渡り、何のアクションも行われず期限超過状態だったチケットを閉じます。

設定可能な期間待機した後、チケットステータスを変更します。ステータスの変更が行われた場合に、Eメールメッセージを送信することもできます。

EmailOnClose

チケットがクローズされたら、Eメールメッセージをチケット送信者に送信します。クローズチケットに対して応答が必要となるのは、そのチケットが再度開かれる場合のみです。

チケットがクローズされたら、Eメールメッセージを送信します。

CustomerResponded

ユーザーが、お客様のアクションを待機中のチケットに対応したときに、チケットを応答済みステータスに移動します。

未解決のチケットのステータスを変更し、それが更新された場合はEメールメッセージを送信します。

ReopenTicket

終了チケットに対して所有者以外の誰かが応答した場合は、そのチケットを再度開きます。

終了チケットが再び開かれた場合、このチケットルールによってチケットのステータスが変更され、Eメールメッセージが送信されることがあります。

カスタムチケットルールの作成

カスタムチケットルールの作成

必要に応じて、サービスデスクチケットのカスタムチケットルールを作成することができます。

1.
サービスデスクの キューの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで キュー をクリックします。
2.
ページの一番下にある チケットルール セクションで、カスタマイズ をクリックして、チケットルール ページを表示します。
3.
アクションの選択 > 新規作成(ウィザード) を選択して、チケットルールの定義 パネルを表示します。
5.
テスト をクリックして、基準に一致するチケットを表示します。
6.
次へ をクリックします。
8.
完了 をクリックして、チケットルールの詳細 ページを表示します。

オプション

説明

名前

チケットルールの名前。

優先順位

評価優先順位レベルを指定する数字。チケットルールは、指定した評価優先順位に従って実行されます。数字の小さいものから順に実行されます。

キュー

(読み取り専用)チケットが属するキューの名前。

説明

任意の追加情報を入力します。

有効

チケットルールは使用可能です。有効になっている場合にのみ、チケットルールが実行されます。

Select SQL

必要に応じてSQLクエリを修正します。クエリは、チケットルール ページで指定した条件に基づき、チケットルールウィザードによって生成されます。このクエリによって、更新クエリを実行する一連のチケットIDが返されます。

指定した頻度に従って選択クエリが実行されます。

クエリの結果を表示するには、チケット検索結果の表示 をクリックします。

Eメールで結果を送信

選択クエリの結果を、指定したEメールアドレスに送信します。選択クエリによって返されたすべての列は、Eメールに含まれます。

E メール フィールドに E メールアドレスを入力します。複数のアドレスは、コンマで区切ります。

コメントをチケットに追加

選択クエリによって返される各チケットにコメントを追加します。このアクションは、以降で指定される更新クエリで、その情報をログに記録しないでチケットが更新される場合に役立ちます。たとえば、「チケットルール: 優先度「高」への引き上げがトリガされます」などのメッセージを追加します。このメッセージを追加することで、どのチケットが変更されたかが分かります。

コメント フィールドに任意のコメントを入力します。

各受信者に E メールでクエリ結果を送信

選択クエリによって返された E メールアドレスにテキストを送信します。E メール 列の選択クエリによって返された各 E メールアドレスに、E メールが送信されます。

変数は、E メールの件名行か本文で評価されます。$Titleや$due_dateなどの文字列は、それぞれ TITLE 列と DUE_DATE 列の値で置き換えられます。選択クエリによって返された列はすべて、同じ方法で置き換え可能です。

チケットルールウィザードによって生成される SQL では、使用可能な値として OWNER_SUBMITTER_、および CC_LIST が提供されます。

件名 フィールドに件名を入力します。

E メール フィールドに、Eメール列の名前を入力します(例: 「OWNER_」)。E メールは、この E メール 列の選択クエリによって返された各 E メールアドレスに送信されます。

E メール本文 フィールドに、E メールメッセージを入力します。

更新クエリを実行

更新クエリ フィールドの結果を入力として使用し、別のデータベースクエリを実行します。

このフィールドでは、選択クエリによって返されたチケットのコンマ区切りリストを入力として使用し、別のSQL UPDATEステートメントを実行することができます。例えば、「update HD_TICKET set TITLE = 'changed' where HD_TICKET.ID in (<TICKET_IDS>)」は、「update HD_TICKET set TITLE = 'changed' where HD_TICKET.ID in (1,2,3)」になります。

必要に応じてSQLクエリを修正します。クエリは、チケットルール ページで指定した条件に基づき、チケットルールウィザードによって生成されます。このクエリは、選択クエリによって選択されたチケットに対して実行されます。

指定した頻度に従って更新クエリ が実行されます。

期日の再計算

このオプションは、更新クエリに既存のチケットの優先度の更新が含まれる場合にのみ選択します。このオプションを選択すると、チケットルールによって設定された新しい優先度に基づいて期日が再計算されます。

前回の実行ログ

最後のクエリの結果(障害やエラーを含む)。これらの結果は、チケットルールを実行するたびに更新されます。

頻度

チケットルールを実行する間隔。

注: チケット保存時 に実行されるチケットルールは、単一のチケットに対して実行され、単一のイベントをトリガするよう設計される必要があります。スケジュールに従って実行されるチケットルールは、複数のチケットに対して実行することが可能で、複数のイベントをトリガすることができます。

次回実行

チケットルールの次回の実行を予定している日付と時刻。

10.
今すぐ実行 をクリックして、すぐにチケットルールを実行します。
11.
保存 をクリックします。

カスタムチケットルールの複製

カスタムチケットルールの複製

カスタムチケットルールを複製すると、プロパティが新しいルールにコピーされます。既存のルールとほぼ同じルールを作成する場合、チケットルールを複製することで、ルールをゼロから作成するよりも素早く作成できます。

1.
サービスデスクの キューの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで キュー をクリックします。
2.
ページの一番下にある チケットルール セクションで、カスタマイズ をクリックして、チケットルール ページを表示します。
4.
ページの一番下で 複製 ボタンをクリックします。
チケットルール ページに、新しいルールが表示されます。デフォルトの名前は、「original_ruleのコピー」です。

カスタムチケットルールの削除

カスタムチケットルールの削除

必要に応じて、サービスデスクからカスタムチケットルールを削除できます。

1.
サービスデスクの キューの詳細 ページに移動します。
a.
K1000管理者コンソール(http://K1000_hostname/admin)にログインします。または、管理ヘッダーに組織メニューを表示 オプションがアプライアンスの 一般設定 で有効になっている場合は、ページの右上隅で、ログイン情報の横にあるドロップダウンリストから組織を選択します。
b.
左側のナビゲーションバーで、サービスデスク をクリックして、設定 をクリックします。
c.
設定 パネルで キュー をクリックします。
2.
ページの一番下にある チケットルール セクションで、カスタマイズ をクリックして、チケットルール ページを表示します。
チケットルールの隣のチェックボックスをオンにし、アクションの選択 > 削除 を選択します。
チケットルールの名前をクリックし、チケットルールの詳細 ページで 削除 をクリックします。
4.
はい をクリックして確定します。
Related Documents