Chat now with support
Chat with Support

KACE as a Service 7.1 - Administrator Guide (Japanese)

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)
K1000コンポーネントについて 管理者コンソールについて
組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント 組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネント 「ホーム」コンポーネントの使用 情報の検索およびリストのフィルタリング 管理者コンソールへのログイン:初めてネットワークを構成した後の最初のログイン
はじめに
アプライアンスの設定
要件と仕様 アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログイン コマンドラインコンソールへのアクセス 設定の変更追跡 システムレベルおよび管理者レベルの一般設定項目の設定 アプライアンスの日付と時刻の設定 ポート設定、NTPサービス、およびWebサイトアクセスの検証 ネットワーク設定とセキュリティ設定の構成 エージェント設定の構成 セッションタイムアウトと自動更新設定の構成 ロケール設定の構成 データ共有の基本設定の構成 DIACAPコンプライアンス要件について モバイルデバイスによるアクセスの設定 組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化 Quest KACEアプライアンスへのリンク 履歴設定の定義
アイテムのグループを管理するためのラベルのセットアップおよび使用 ユーザーアカウント、LDAP認証、およびSSOの設定
ユーザーアカウントおよびユーザー認証について ロケール設定について システムレベルユーザーアカウントの管理 組織ユーザーアカウントの管理 ユーザープロファイルの表示または編集 LDAPサーバーを使用したユーザー認証 LDAPサーバーからのユーザーのインポート シングルサインオン(SSO)について シングルサインオンの有効化および無効化 Active Directory を使用したシングルサインオン Quest Identity Brokerを使用したシングルサインオン
レプリケーション共有の使用 資格情報の管理 資産の設定
資産管理コンポーネントについて 資産管理について 資産タイプの追加とカスタマイズおよび資産情報の維持 ソフトウェア資産の管理 物理的資産と論理的資産の管理 手動資産情報の維持および使用 場所の管理
ライセンスコンプライアンスの設定 ライセンスコンプライアンスの管理 サービスデスクの設定 組織の作成と管理 アプライアンスリソースのインポートとエクスポート
インベントリの管理
デバイス検出の使用 デバイスインベントリの管理
デバイスの管理について 各デバイス管理方法で使用可能な機能 インベントリ情報について インベントリ設定に対する変更の追跡 インベントリ情報の管理 デバイスの検出および管理 K1000エージェントのプロビジョニング
ファイル共有を有効にする WindowsデバイスでのGPOプロビジョニングツールを使用したK1000エージェントのプロビジョニング オンボードプロビジョニングを使用したK1000エージェントのプロビジョニング プロビジョニングスケジュールの管理 エージェント通信の管理 管理対象デバイスでのK1000エージェントの更新
K1000エージェントの手動展開
エージェントのインストールファイルの取得 Windowsデバイス上でK1000エージェントを手動展開する Linuxデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Linuxデバイス上でのエージェントに関する操作の実行 Macデバイスでの手動によるK1000エージェントの展開およびアップグレード Macデバイス上でエージェントに関するその他の操作を実行する エージェントによって収集された情報の表示
エージェント不要の管理の使用 管理者コンソールでの、または API を使用したデバイスの手動追加 インベントリ更新の強制実行 MIAデバイスの管理 Dell保証情報の取得
ソフトウェア ページでのアプリケーション管理
ソフトウェア ページについて インベントリ設定に対する変更の追跡 ソフトウェア ページインベントリ内のアプリケーションの追加と削除 ソフトウェア資産の作成 ソフトウェア脅威レベルとカテゴリの使用 アプリケーションの検索とラベル作成 ITNinjaフィードの管理
ソフトウェアカタログインベントリの管理
ソフトウェアカタログについて ソフトウェアカタログ情報の表示 ソフトウェアカタログへのアプリケーションの追加 ソフトウェアカタログのアプリケーションに関するライセンス資産の管理 ソフトウェアメータリングの使用 アプリケーション制御の使用 ソフトウェアカタログの更新および再インストール
プロセス、スタートアッププログラム、およびサービスインベントリの管理 カスタムインベントリルールの記述
管理対象デバイスへのパッケージの展開
ソフトウェアの配布とWake On LANの使用
ソフトウェアの配布について 配布設定に対する変更の追跡 配布パッケージのタイプ アプライアンスからのパッケージの配布 代替のダウンロード場所およびレプリケーション共有からのパッケージの配布 Mac OS Xデバイスへのアプリケーションの配布 管理対象インストールの使用 ファイル同期の作成および使用 Wake On LANの使用 管理対象インストールのエクスポート
管理対象デバイスへの警告のブロードキャスト 管理対象デバイスでのスクリプトの実行
スクリプトについて スクリプト設定の変更追跡 デフォルトスクリプトについて スクリプトの追加と編集 実行 および 今すぐ実行 コマンドの使用 設定ポリシーテンプレートについて Windows設定ポリシーの使用 Mac OS X設定ポリシーの使用 ポリシーとスクリプトの編集 スクリプトログの検索 スクリプトのエクスポート
Mac プロファイルの管理
デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持
パッチ管理について パッチのサブスクライブとダウンロード パッチスケジュールの作成および管理 パッチインベントリの管理 Dellデバイスおよびアップデートの管理 デバイスとアプライアンスのセキュリティの維持
デバイスのセキュリティのテスト
OVALセキュリティチェックについて OVALテストと定義の理解 SCAPについて ベンチマークについて SCAPスキャンのしくみ SCAPスキャンスケジュールの編集 セキュリティポリシーテンプレートについて Windowsセキュリティポリシーテンプレートの使用 Macセキュリティポリシーテンプレートの使用 エージェントのプロビジョニングを妨げる Windows のセキュリティに関する問題の解決
アプライアンスのセキュリティの維持
レポートの使用と通知のスケジュール サーバーの監視
サーバー監視の開始 監視プロファイルの操作 デバイスの監視の管理 警告の操作
サービスデスクの使用
サービスデスクの設定
システム要件 サービスデスクについて 設定作業の概要 サービスデスクの営業時間と休業日の設定 サービスレベル契約の設定 サービスデスクチケットキューの設定 チケット設定の構成 ユーザーコンソールホームページのカスタマイズ 満足度調査の利用 サービスデスクの添付ファイルのセキュリティの有効化または無効化
サービスデスクのチケット、プロセス、およびレポートの管理
サービスデスクチケットのライフサイクルの概要 管理者コンソールおよびユーザーコンソールからのチケットの作成 Eメールによるチケットの作成と管理 チケットの表示およびコメントや作業や添付ファイルの管理 チケットのエスカレーションプロセスの使用 サービスデスクプロセスの使用 チケットルールの使用 サービスデスクレポートの実行 チケットのアーカイブ、復元、削除 チケット削除の管理
サービスデスクチケットキューの管理 ユーザーダウンロードおよびサポート技術情報記事について サービスデスクチケット設定のカスタマイズ SMTP Eメールサーバーの設定
メンテナンスとトラブルシューティング
アプライアンスのメンテナンス
設定の変更の追跡 アプライアンスバックアップについて アプライアンスの復元 アプライアンスソフトウェアの更新 アプライアンスの再起動またはシャットダウン KACEからのOVAL定義の更新 日次実行出力の理解
K1000のトラブルシューティング
付録 用語集 当社について 法律上の注意

KACEシステム管理アプライアンス(K1000)

Quest® KACE®システム管理アプライアンス(K1000)は、デバイスの管理、アプリケーションの展開、パッチ適用、資産管理、レポート作成、サービスデスクチケット管理などを自動化するための、物理/仮想アプライアンスです。

K1000シリーズアプライアンスの詳細については、Questのウェブサイト(https://www.quest.com/jp-ja/products/kace-k1000-systems-management-appliance/)を参照してください。

K1000コンポーネントについて

K1000コンポーネントについて

K1000コンポーネントには、ソフトウェア、ハードウェア、Webベースのインターフェイス、およびモバイルアプリケーションインターフェイスが含まれます。

K1000は、以下のコンポーネントで構成されています。

K1000のコンポーネント

コンポーネント

説明

物理アプライアンス/仮想アプライアンス

K1000は、物理的なハードウェアベースのアプライアンスとして、または仮想アプライアンスとして提供されています。仮想アプライアンス(VK1000)は、VMware®インフラストラクチャを使用します。物理アプライアンスと仮想アプライアンスのどちらでも、同じシステム管理機能が利用できます。K1000 ハードウェアに関する最新情報、管理対象デバイスの要件、および管理者コンソールにアクセスするためのブラウザの要件の詳細については、「仕様」を参照してください。

コマンドラインコンソール

コマンドラインコンソールは、K1000 アプライアンスへのターミナルウィンドウインタフェースです。これは主にアプライアンスの設定とポリシーの適用のためのインターフェイスです。詳細については、アプライアンスの電源投入と管理者コンソールへのログインを参照してください。

管理者コンソール

管理者コンソールは、K1000 アプライアンスを制御するために使用するウェブベースのインタフェースです。管理者コンソールにアクセスするには、http://K1000_hostname/admin にアクセスします。K1000_hostname はアプライアンスのホスト名です。組織コンポーネントが有効になっている場合は、http://K1000_hostname/system から、管理者コンソールのシステムレベル設定にアクセスできます。管理者コンソールで URL の完全パスを表示すると、データベースの検索やリンクの共有に便利です。完全パスを表示するには、ログインで使用する URL に、「ui」を追加します。例えば、次のようになります。(http://K1000_hostname/admin)にログインします。

ユーザーコンソール

ユーザーコンソールは、ユーザーがアプリケーションをセルフサービス方式で使用できるようにするウェブベースのインタフェースです。このインターフェイスから、サービスデスクのサポートチケットを提出して、ヘルプを要求したり問題をレポートしたりすることもできます。ユーザーコンソールにアクセスするには、http://K1000_hostname/user にアクセスします。K1000_hostname はアプライアンスのホスト名です。

ユーザーコンソールは次のものを提供します。

ユーザーコンソールをカスタマイズするには、次を参照してください。

K1000エージェント

K1000エージェントは、デバイスにインストールして、K1000アプライアンス経由でのデバイス管理を可能にするアプリケーションです。管理対象デバイスにインストールされたエージェントは、AMP(エージェントのメッセージプロトコル)を通じてK1000アプライアンスと通信します。エージェントは、管理対象デバイスからのインベントリ情報の収集や、管理対象デバイスへのソフトウェアの配布などのスケジュール済みタスクを実行します。プリンタや、エージェントによるサポート対象以外のオペレーティングシステムを搭載したデバイスなど、エージェントソフトウェアをインストールできないデバイスでは、エージェント不要の管理も使用可能です。

詳細については、K1000エージェントのプロビジョニングを参照してください。

KACE GO

KACE GOは、管理者がスマートフォンやタブレットを使用して、サービスデスクチケット、インベントリ情報、およびアプリケーション導入機能にアクセスするためのアプリケーションです。このアプリケーションにより、管理者以外のユーザーもサービスデスクチケットの送信、提出されたチケットのステータスの表示、およびモバイルデバイスからのサポート技術情報記事の閲覧を行うことができるようになります。iOSデバイスの場合はApple® App StoreSMから、Android™デバイスの場合はGoogle Play™ StoreからそれぞれKACE GOをダウンロードできます。

詳細については、モバイルデバイスによるアクセスの設定を参照してください。

管理者コンソールについて

管理者コンソールについて

管理者コンソールで使用可能なコンポーネントは、ライセンスキー、組織設定、アプライアンス設定、およびユーザーの役割に応じて異なる場合があります。

さらに、組織コンポーネントが有効化されている場合、管理者コンソールには2つのレベルが存在します。組織関連の機能を示す管理者レベルとアプライアンス関連の機能を示すシステムレベルです。

組織コンポーネントが有効化されている場合、管理レベルおよびシステムレベルの機能は管理レベルで利用可能になります。

以下の3種類のログインモードがあります。

組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モード: アプライアンスで組織コンポーネントが有効化されていない場合は、http://K1000_hostname/adminK1000_hostnameはアプライアンスのホスト名)にアクセスして、このモードでログインします。このモードで使用可能なコンポーネントについては、組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネントを参照してください。
組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モード: アプライアンスで組織コンポーネントが有効化されている場合は、http://K1000_hostname/adminにアクセスして、デフォルトの組織にログインします。K1000_hostname は、アプライアンスのホスト名です。管理者モードでは、選択した組織で使用可能なコンポーネントを管理できます。このモードで使用可能なコンポーネントについては、組織コンポーネントが有効化されている場合の管理者モードで使用可能なコンポーネントを参照してください。

アプライアンスの設定で ログインする組織 オプションが有効な場合は、組織 ボックスが表示されます。組織 ボックスに組織名を入力すると、その組織に直接ログインできます。

組織が複数あり、高速切り替え オプションが有効化されている場合は、ページの右上隅でログイン情報の横にあるドロップダウンリストを使用して組織とシステムレベルを切り替えることができます。詳細については、組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化を参照してください。

組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモード: アプライアンスで組織コンポーネントが有効化されている場合は、http://K1000_hostname/system にアクセスして、システムモードにログインします。K1000_hostname は、アプライアンスのホスト名です。このモードでは、システムレベルで使用可能なコンポーネントを管理できます。このモードで使用可能なコンポーネントについては、組織コンポーネントが有効化されている場合のシステムモードで使用可能なコンポーネントを参照してください。

また、高速切り替え オプションが有効化されており、かつ複数ある組織のデフォルトの管理者アカウントのパスワードが同一の場合は、ページ右上隅にある 組織 ドロップダウンリストを使用して、組織を切り替えることもできます。詳細については、組織およびリンク先アプライアンスの高速切り替えの有効化を参照してください。

各モデルには次のタイプのページがあります。

ダッシュボード: これらのページには、アプライアンスのステータス情報が表示されます。組織コンポーネントが有効化されている場合、ダッシュボードは組織およびアプライアンスレベルで利用可能になります。

このダッシュボードのイメージは、特に接続およびプロビジョニングウィジェットを示しています。

リストページ: これらのページでは、アプライアンス上の、または組織コンポーネントが有効化されている場合は選択された組織の使用可能なアイテムを表示できます。

このリストページの例は、ステータス、IPアドレスなどのデバイス情報が表示される デバイス リストページを示しています。

詳細ページ: これらのページでは、選択されたアイテムの詳細を表示および編集できます。

このイメージは デバイスの詳細 ページの例です。

設定ページ: これらのページでは、設定を行うことができます。

設定ページの一例として、通信設定 ページがあります。

パネル: これらのページでは、関連するコンポーネントと設定にアクセスできます。

設定 のコントロールパネルでは、通信、ネットワークなどに関するさまざまな設定ページにアクセスできます。

組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント

組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント

組織コンポーネントが有効化されていない場合、管理者モードでは、管理者レベルのコンポーネントおよびシステムレベル(アプライアンスレベル)の設定がすべて表示されます。

このダッシュボードのイメージは、特に接続およびプロビジョニングウィジェットを示しています。

組織コンポーネントが有効化されていない場合の管理者モードで使用可能なコンポーネント

コンポーネント

UIページ

用途...

ホーム

アプライアンス統計の確認、ラベルの管理、履歴情報の表示、およびデータの検索を行います。詳細については、「ホーム」コンポーネントの使用を参照してください。

インベントリ

ネットワーク上のデバイス、ソフトウェア、プロセス、サービス、スキャン、およびその他のアイテムを管理します。詳細については、以下を参照してください。

監視

標準ライセンスがある 5 台のサーバーの基本イベント監視を管理して、コア Windows® イベントログ、シスログ、およびアプリケーションログからイベントデータを収集します。

監視モジュールライセンスによって、最大200台のサーバーのイベント監視を管理します。

参照: サーバーの監視

資産

物理資産(デバイス、ソフトウェア、プリンタなど)の追跡、および各資産とその設定の履歴の表示を行います。

詳細については、インベントリの管理を参照してください。

配布

ソフトウェア(Questからの更新プログラムを含む)をリモートで配布および管理します。

詳細については、管理対象デバイスへのパッケージの展開を参照してください。

スクリプト

管理対象デバイスで実行されるタスクを自動化します。

詳細については、管理対象デバイスでのスクリプトの実行を参照してください。

セキュリティ

マルウェア、スパイウェア、およびウイルスによるリスクを軽減します。OVAL(Open Vulnerability Assessment Language)は、管理対象デバイスのセキュリティの脆弱性を特定するために実行される一連のテストです。

詳細については、デバイスのパッチ適用とセキュリティの維持を参照してください。

サービスデスク(以前のバージョンからアップグレードされたアプライアンスではヘルプデスクと呼ばれる)

ユーザーがアクセスしてダウンロードするソフトウェアとドキュメントのリポジトリを提供します。チケットの作成および追跡を行うための豊富な機能を備えたサービスデスクが含まれています。

詳細については、サービスデスクの使用を参照してください。

レポート作成

パッケージ済みレポートとレポート作成ツールを実行してアプライアンスの実装を監視します。

詳細については、レポートの使用と通知のスケジュールを参照してください。

設定

アプライアンスとエージェントのプロビジョニングを管理します。詳細については、以下を参照してください。

Self Service Tools
Knowledge Base
Notifications & Alerts
Product Support
Software Downloads
Technical Documentation
User Forums
Video Tutorials
RSS Feed
Contact Us
Licensing Assistance
Technical Support
View All
Related Documents