Chat now with support
Chat with Support

Welcome, erwin customers to Quest Support Portal click here for for frequently asked questions regarding servicing your supported assets.

DR Series DR6300 - オーナーズマニュアル

Dell DR6300 システム概要 技術仕様 システムの初期セットアップと設定 プレオペレーティングシステム管理アプリケーション
プレオペレーティングシステムアプリケーションを管理するためのオプション セットアップユーティリティ
セットアップユーティリティの表示 セットアップユーティリティ詳細 System BIOS(システム BIOS) iDRAC 設定ユーティリティ デバイス設定
Dell Lifecycle Controller 起動マネージャ PXE 起動
システムコンポーネントの取り付けと取り外し
安全にお使いいただくために システム内部の作業を始める前に システム内部の作業を終えた後に 推奨ツール 前面ベゼル(オプション) システムカバー 冷却エアフローカバー 冷却ファン 冷却ファンアセンブリ システムメモリ プロセッサとヒートシンク PCIe カードホルダ ケーブル固定ブラケット 内蔵ストレージコントローラカード 拡張カードと拡張カードライザー 内蔵デュアル SD モジュール(オプション) ネットワークドーターカード 内蔵 USB メモリキー(オプション) システムバッテリ 電源装置ユニット(PSU) システム基板 Trusted Platform Module ハードドライブ ハードドライブバックプレーン SD vFlash カード(オプション) コントロールパネルアセンブリ
システム診断プログラムの使用 ジャンパとコネクタ システムのトラブルシューティング
システム起動エラーのトラブルシューティング 外部接続のトラブルシューティング ビデオサブシステムのトラブルシューティング USB デバイスのトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(USB XML 設定)のトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(ノートブック接続)のトラブルシューティング シリアル I/O デバイスのトラブルシューティング NIC のトラブルシューティング システムが濡れた場合のトラブルシューティング システムが損傷した場合のトラブルシューティング システムバッテリーのトラブルシューティング 電源装置ユニットのトラブルシューティング 冷却問題のトラブルシューティング 冷却ファンのトラブルシューティング システムメモリのトラブルシューティング 内蔵 USB キーのトラブルシューティング SD カードのトラブルシューティング 光学ドライブのトラブルシューティング テープバックアップユニットのトラブルシューティング ハードドライブのトラブルシューティング ストレージコントローラのトラブルシューティング 拡張カードのトラブルシューティング プロセッサのトラブルシューティング システムメッセージ
困ったときは

シリアル通信の詳細

シリアル通信

Serial Communication(シリアル通信)画面を使用して、シリアル通信ポートのプロパティを表示します。

シリアル通信の表示

Serial Communication(シリアル通信)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で Serial Communication(シリアル通信)をクリックします。
シリアル通信の詳細

Serial Communication(シリアル通信)画面の詳細は、次のとおりです。

システムプロファイル設定

システムプロファイル設定

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面を使用して、電源管理などの特定のシステムパフォーマンス設定を有効にできます。

システムプロファイル設定の表示

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 System Information(システム情報)をクリックします。
システムプロファイル設定の詳細

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面の詳細は次の通りです。

オプション
説明
System Profile(システムプロファイル)
システムプロファイルを設定します。System Profile(システムプロファイル)オプションを Custom(カスタム)以外のモードに設定すると、BIOS が残りのオプションを自動的に設定します。残りのオプションを変更できるのは、モードを Custom(カスタム)に設定している場合にのみです。このオプションは、デフォルトで Performance Per Watt Optimized(DAPC)(ワットあたりのパフォーマンス最適化(DAPC))に設定されています。DAPC は Dell Active Power Controller の略です。デフォルトで
NOTE: システムプロファイル設定画面のすべてのパラメータは、System Profile(システムプロファイル)オプションが Custom(カスタム)に設定されている場合のみ使用可能です。
CPU Power Management(CPU 電力の管理)
CPU 電力の管理を設定します。このオプションは、デフォルトで システム DBPM(DAPC) に設定されています。 DBPM は Demand-Based Power Management(デマンドベースの電力管理)の略です。
Memory Frequency(メモリ周波数)
システムメモリの速度を設定します。 Maximum Performance(最大パフォーマンス)、Maximum Reliability(最大信頼度)、特定の速度を選択することができます。
Turbo Boost(ターボブースト)
ターボブーストモードで動作するプロセッサの有効/無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Energy Efficient Turbo(省エネルギーターボ)
Energy Efficient Turbo(省エネルギーターボ)オプションを有効または無効にします。
省エネルギーターボ(EET)は、プロセッサのコア周波数を作業負荷に基いたターボ範囲内に調節する動作モードです。
C1E
アイドル状態の時の、プロセッサの最小パフォーマンス状態への切り替えを有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
C States(C ステート)
すべての使用可能な電源状態で動作するプロセッサの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトでEnabled(有効)に設定されています。
Collaborative CPU Performance Control(CPU パフォーマンス協調制御)
CPU 電源管理オプションを有効または無効にします。Enabled(有効)に設定すると、CPU電源管理が OS DBPM およびシステム DBPM(DAPC)によって制御されます。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
Memory Patrol Scrub(メモリ巡回スクラブ)
メモリ巡回スクラブの頻度を設定します。このオプションは、デフォルトで Standard(標準)に設定されています。
Memory Refresh Rate(メモリリフレッシュレート)
メモリリフレッシュレートを 1x または 2x のいずれかに設定します。このオプションは、デフォルトで 1x に設定されています。
Uncore Frequency(アンコア周波数)
Processor Uncore Frequency(プロセッサアンコア周波数)オプションを選択することが可能になります。
動的モードでは、プロセッサで実行時のコアおよびアンコア全体の電源リソースを最適化できます。電力を節約、またはパフォーマンスを最適化するためのアンコア周波数の最適化は、Energy Efficiency Policy(省エネルギーポリシー)オプションの設定の影響を受けます。
Energy Efficient Policy(省エネルギーポリシー)
Energy Efficient Policy(省エネルギーポリシー)オプションを選択することが可能になります。
CPU はプロセッサの内部動作を操作するための設定を使用して、より高いパフォーマンスを求めるか、それともより良い省電力を求めるかを判断します。
Number of Turbo Boost Enabled Cores for Processor 1(プロセッサ 1 でのターボブースト有効コア数)
NOTE: システムに取り付けられているプロセッサが 2 台ある場合は、 Number of Turbo Boost Enabled Cores for Processor 2(プロセッサ 2 のターボブースト有効コア数)のエントリが表示されます。
プロセッサ 1 でのターボブースト有効コア数を制御します。コアの最大数は、デフォルトでは有効になっています。
Monitor/Mwait
プロセッサ内の Monitor/Mwait 命令を有効にすることができます。このオプションは、デフォルトで Custom(カスタム)を除くすべてのシステムプロファイルに対して Enabled(有効)に設定されています。
NOTE: このオプションは、Custom(カスタム)モードの C States(C ステート)オプションがDisabled(無効)に設定されている場合に限り、無効に設定できます。
NOTE: Custom(カスタム)モードで C States(C ステート)が Enabled(有効)に設定されている場合に、Monitor/Mwait 設定を変更しても、システムの電力またはパフォーマンスは影響を受けません。

システムプロファイル設定の表示

システムプロファイル設定

システムプロファイル設定の詳細

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面を使用して、電源管理などの特定のシステムパフォーマンス設定を有効にできます。

システムプロファイル設定の表示

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 System Information(システム情報)をクリックします。
システムプロファイル設定の詳細

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面の詳細は次の通りです。

オプション
説明
System Profile(システムプロファイル)
システムプロファイルを設定します。System Profile(システムプロファイル)オプションを Custom(カスタム)以外のモードに設定すると、BIOS が残りのオプションを自動的に設定します。残りのオプションを変更できるのは、モードを Custom(カスタム)に設定している場合にのみです。このオプションは、デフォルトで Performance Per Watt Optimized(DAPC)(ワットあたりのパフォーマンス最適化(DAPC))に設定されています。DAPC は Dell Active Power Controller の略です。デフォルトで
NOTE: システムプロファイル設定画面のすべてのパラメータは、System Profile(システムプロファイル)オプションが Custom(カスタム)に設定されている場合のみ使用可能です。
CPU Power Management(CPU 電力の管理)
CPU 電力の管理を設定します。このオプションは、デフォルトで システム DBPM(DAPC) に設定されています。 DBPM は Demand-Based Power Management(デマンドベースの電力管理)の略です。
Memory Frequency(メモリ周波数)
システムメモリの速度を設定します。 Maximum Performance(最大パフォーマンス)、Maximum Reliability(最大信頼度)、特定の速度を選択することができます。
Turbo Boost(ターボブースト)
ターボブーストモードで動作するプロセッサの有効/無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Energy Efficient Turbo(省エネルギーターボ)
Energy Efficient Turbo(省エネルギーターボ)オプションを有効または無効にします。
省エネルギーターボ(EET)は、プロセッサのコア周波数を作業負荷に基いたターボ範囲内に調節する動作モードです。
C1E
アイドル状態の時の、プロセッサの最小パフォーマンス状態への切り替えを有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
C States(C ステート)
すべての使用可能な電源状態で動作するプロセッサの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトでEnabled(有効)に設定されています。
Collaborative CPU Performance Control(CPU パフォーマンス協調制御)
CPU 電源管理オプションを有効または無効にします。Enabled(有効)に設定すると、CPU電源管理が OS DBPM およびシステム DBPM(DAPC)によって制御されます。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
Memory Patrol Scrub(メモリ巡回スクラブ)
メモリ巡回スクラブの頻度を設定します。このオプションは、デフォルトで Standard(標準)に設定されています。
Memory Refresh Rate(メモリリフレッシュレート)
メモリリフレッシュレートを 1x または 2x のいずれかに設定します。このオプションは、デフォルトで 1x に設定されています。
Uncore Frequency(アンコア周波数)
Processor Uncore Frequency(プロセッサアンコア周波数)オプションを選択することが可能になります。
動的モードでは、プロセッサで実行時のコアおよびアンコア全体の電源リソースを最適化できます。電力を節約、またはパフォーマンスを最適化するためのアンコア周波数の最適化は、Energy Efficiency Policy(省エネルギーポリシー)オプションの設定の影響を受けます。
Energy Efficient Policy(省エネルギーポリシー)
Energy Efficient Policy(省エネルギーポリシー)オプションを選択することが可能になります。
CPU はプロセッサの内部動作を操作するための設定を使用して、より高いパフォーマンスを求めるか、それともより良い省電力を求めるかを判断します。
Number of Turbo Boost Enabled Cores for Processor 1(プロセッサ 1 でのターボブースト有効コア数)
NOTE: システムに取り付けられているプロセッサが 2 台ある場合は、 Number of Turbo Boost Enabled Cores for Processor 2(プロセッサ 2 のターボブースト有効コア数)のエントリが表示されます。
プロセッサ 1 でのターボブースト有効コア数を制御します。コアの最大数は、デフォルトでは有効になっています。
Monitor/Mwait
プロセッサ内の Monitor/Mwait 命令を有効にすることができます。このオプションは、デフォルトで Custom(カスタム)を除くすべてのシステムプロファイルに対して Enabled(有効)に設定されています。
NOTE: このオプションは、Custom(カスタム)モードの C States(C ステート)オプションがDisabled(無効)に設定されている場合に限り、無効に設定できます。
NOTE: Custom(カスタム)モードで C States(C ステート)が Enabled(有効)に設定されている場合に、Monitor/Mwait 設定を変更しても、システムの電力またはパフォーマンスは影響を受けません。

システムプロファイル設定の詳細

システムプロファイル設定

システムプロファイル設定の詳細

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面を使用して、電源管理などの特定のシステムパフォーマンス設定を有効にできます。

システムプロファイル設定の表示

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 System Information(システム情報)をクリックします。
システムプロファイル設定の詳細

System Profile Settings(システムプロファイル設定)画面の詳細は次の通りです。

オプション
説明
System Profile(システムプロファイル)
システムプロファイルを設定します。System Profile(システムプロファイル)オプションを Custom(カスタム)以外のモードに設定すると、BIOS が残りのオプションを自動的に設定します。残りのオプションを変更できるのは、モードを Custom(カスタム)に設定している場合にのみです。このオプションは、デフォルトで Performance Per Watt Optimized(DAPC)(ワットあたりのパフォーマンス最適化(DAPC))に設定されています。DAPC は Dell Active Power Controller の略です。デフォルトで
NOTE: システムプロファイル設定画面のすべてのパラメータは、System Profile(システムプロファイル)オプションが Custom(カスタム)に設定されている場合のみ使用可能です。
CPU Power Management(CPU 電力の管理)
CPU 電力の管理を設定します。このオプションは、デフォルトで システム DBPM(DAPC) に設定されています。 DBPM は Demand-Based Power Management(デマンドベースの電力管理)の略です。
Memory Frequency(メモリ周波数)
システムメモリの速度を設定します。 Maximum Performance(最大パフォーマンス)、Maximum Reliability(最大信頼度)、特定の速度を選択することができます。
Turbo Boost(ターボブースト)
ターボブーストモードで動作するプロセッサの有効/無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Energy Efficient Turbo(省エネルギーターボ)
Energy Efficient Turbo(省エネルギーターボ)オプションを有効または無効にします。
省エネルギーターボ(EET)は、プロセッサのコア周波数を作業負荷に基いたターボ範囲内に調節する動作モードです。
C1E
アイドル状態の時の、プロセッサの最小パフォーマンス状態への切り替えを有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
C States(C ステート)
すべての使用可能な電源状態で動作するプロセッサの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトでEnabled(有効)に設定されています。
Collaborative CPU Performance Control(CPU パフォーマンス協調制御)
CPU 電源管理オプションを有効または無効にします。Enabled(有効)に設定すると、CPU電源管理が OS DBPM およびシステム DBPM(DAPC)によって制御されます。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
Memory Patrol Scrub(メモリ巡回スクラブ)
メモリ巡回スクラブの頻度を設定します。このオプションは、デフォルトで Standard(標準)に設定されています。
Memory Refresh Rate(メモリリフレッシュレート)
メモリリフレッシュレートを 1x または 2x のいずれかに設定します。このオプションは、デフォルトで 1x に設定されています。
Uncore Frequency(アンコア周波数)
Processor Uncore Frequency(プロセッサアンコア周波数)オプションを選択することが可能になります。
動的モードでは、プロセッサで実行時のコアおよびアンコア全体の電源リソースを最適化できます。電力を節約、またはパフォーマンスを最適化するためのアンコア周波数の最適化は、Energy Efficiency Policy(省エネルギーポリシー)オプションの設定の影響を受けます。
Energy Efficient Policy(省エネルギーポリシー)
Energy Efficient Policy(省エネルギーポリシー)オプションを選択することが可能になります。
CPU はプロセッサの内部動作を操作するための設定を使用して、より高いパフォーマンスを求めるか、それともより良い省電力を求めるかを判断します。
Number of Turbo Boost Enabled Cores for Processor 1(プロセッサ 1 でのターボブースト有効コア数)
NOTE: システムに取り付けられているプロセッサが 2 台ある場合は、 Number of Turbo Boost Enabled Cores for Processor 2(プロセッサ 2 のターボブースト有効コア数)のエントリが表示されます。
プロセッサ 1 でのターボブースト有効コア数を制御します。コアの最大数は、デフォルトでは有効になっています。
Monitor/Mwait
プロセッサ内の Monitor/Mwait 命令を有効にすることができます。このオプションは、デフォルトで Custom(カスタム)を除くすべてのシステムプロファイルに対して Enabled(有効)に設定されています。
NOTE: このオプションは、Custom(カスタム)モードの C States(C ステート)オプションがDisabled(無効)に設定されている場合に限り、無効に設定できます。
NOTE: Custom(カスタム)モードで C States(C ステート)が Enabled(有効)に設定されている場合に、Monitor/Mwait 設定を変更しても、システムの電力またはパフォーマンスは影響を受けません。
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating